カナダ留学で専門学校(カレッジ)には通える?入学要件や費用など詳しく紹介!

Vancouver school 1 e1580969092418 - カナダ留学で専門学校(カレッジ)には通える?入学要件や費用など詳しく紹介!
最近では大学生や社会人を中心に、留学することが多くなってきました。その中でも日本人に人気の留学先としてカナダが挙げられます。

 

最もベーシックな留学といえば語学学校への留学ですが、ある程度英語力がある人は大学や専門学校で専門知識を学びながら英語力を伸ばす人もいます。

 

しかし留学を扱ったサイトは多くが語学学校に関するものであり、特に専門学校の情報はそれほど多くありません。そこで今回は、カナダ留学の専門学校に焦点を当て、徹底解説します。

カナダの専門学校とは?

カナダの専門学校=カレッジ

Point

公立カレッジ:大学編入コース&職業訓練コース

私立専門学校:小規模

日本で言うところの専門学校は、カナダでは「カレッジ」と呼ばれています。

公立カレッジ

カレッジの中にも種類があり、カナダ政府や州政府が運営する公立カレッジは「コミュニティカレッジ」と呼ばれ、大学2年または3年次に編入することを目的に教養課程の単位を取得する「大学編入コース」と、カレッジ卒業後に就職を目指して実践的な専門知識を身につける「職業訓練コース」があります。

私立カレッジ

公立カレッジよりも小規模で、学校法人などに運営されていないものは私立の専門学校に当たります。これはコースで分かれているのではなく、学校自体がビジネス専門学校やホテル専門学校などと専門によって分かれていることが多いです。3ヶ月や半年でコースを修了できるものもあります。

カナダの専門学校での専攻例

カナダの専門学校の特徴として、コースが多種多様であるということが挙げられます。コミュニティカレッジでは60以上のコースが開講されており、私立の専門学校はバンクーバーで60校以上、トロントには120校以上あります。

 

専攻の例としては、ビジネス、映画製作、ホスピタリティ、ツーリズム、ウェブ系、国際貿易、料理、デザイン、ファッション、美容師養成学校など将来なりたい職業や興味に合わせて学校・コースを選択することができます。

 

中には日本人スタッフが常駐しており、安心してカナダ留学ができるよう配慮されている学校や、ほとんどの学生が留学生で占められており、国際色豊かなクラスメイトと共に学べる学校もあります。

カナダの専門学校の学費

Point

付属英語コース:260万円/年

カレッジ:200万円/年

大学:300万円/年

カナダでは通う学校や種類によって学費が大きく異なります。カレッジや大学の附属英語コースに1年通う場合は、1週間約20時間の授業でおよそ260万円です。

 

カレッジとなると、2学期間でおよそ200万円〜250万円程度です。大学が2学期間でおよそ300万円かかることを考えれば、カレッジは安く通うことができます。

 

カナダで大学卒業の学位(ディグリー)を取得したいけれど学費を抑えたい人は、カレッジの大学編入コースに入学し、卒業後の1年〜2年間を大学に通うというパターンが多いです。自身が選ぶプログラムや学校によって大きく学費を節約することは可能です。

カナダで専門学校に入学する4つの方法

方法1:カレッジへ直接入学する

日本でカレッジ進学に十分な英語力がついている場合には、直接入学を利用することができます。カレッジへの進学方法の中では最も安く抑えられ、渡航後すぐにカレッジの授業を受けることができます。

 

日本で英語力を示すIELTSやTOEFLのスコアを取得し、希望のカレッジに高校の成績証明書と共に提出します。通常は入学試験などはなく、英語力と高校の成績で入学の合否が決まります。学校によっては入学の際にエッセイや簡単な試験を実施しているところもあります。

 

必要な英語力は学校や専攻によって異なりますが、IELTS6.0、TOEFL80程度が目安です。

方法2:語学学校のカレッジトランスファーコース

語学学校は毎週入学を受け入れているところや、月に2回入学日を設けているところもあり、入学時の英語力は問われません

 

カレッジ進学のレベルになるまでじっくりと英語を学べ、カレッジや大学の附属ESLコースと比べると学費も安いです。周りは留学生ばかりで英語力も同程度なので、カナダでの生活に慣れやすいでしょう。

 

語学学校の授業の中で会話だけでなく、ディベートやプレゼンの練習も行うため、カレッジ進学への準備が整えやすいです。

 

質の高いとされる語学学校は専門学校や大学と提携しており、進学プログラム修了証があればTOEFLなどがなくても英語力の規定をクリアしていると見なされます

方法3:カレッジのESLコースから入学する

カレッジによっては附属の英語コースが設けられている場合があります。自身が希望しているキャンパス内で授業を受けられるのでモチベーションを保て、カレッジに進学後も環境の変化が少ないのですぐに授業に慣れることができます。

 

デメリットとしては、語学学校が比較的いつでも入学を受け入れているのに対し、カレッジのESLコースでは2ヶ月〜4ヶ月に1回しか入学時期がない点です。

 

また、留学前に進学する学校を決める必要があり、コストも語学学校より高い場合が多いです。しかしよりカレッジでの授業を意識した授業が行われるため、英語力向上にはぴったりです。

方法4:条件付き入学許可を得た上で、カレッジのESLコースから入学

高校の成績は十分規定を満たしており、英語力以外は問題ない場合、条件付きの入学が認められることがあります。

 

これは日本で取得したTOEFLやIELTSのスコアが規定を満たしていない場合、カレッジ附属の英語コースにまずは入学します。そして必要なレベルに達すると、自身が希望しているカレッジの専攻へ入学が認められるというシステムです。

 

もう少しでカレッジ進学レベルだという人は、スコアが足りていないからと諦めずに願書を提出してみましょう。

専門学校の入学時期

カレッジへの入学はいつでもできるわけではありません。プログラムや学校によっても異なりますが、カレッジの場合は9月・2月の入学が一般的で、3学期制の場合は9月・1月・5月に入学できるとしているところもあります。好きな時期に入学できないため、高校卒業後すぐに渡航しても9月まで就学できない場合や、大学を休学する期間とカナダのカレッジのプログラムの期間が合わずに終了できない場合もあります。しかし人気のところは入学の半年前に規定人数に達してしまうこともあるため、早くから行動する必要があります。

カナダの専門学校の入学要件

カナダでは選抜試験が学校ごとに行われることは少なく、英語力と学力の条件を満たすことができれば入学できます。学力に関しては高校を卒業していれば問題ありません。

 

ただしカレッジで希望する専攻によっては高校で受講した科目や成績が規定に満たしていないと入学できない場合もあります。特に理系の専攻の場合、生物や数学などの成績が良くなければ入学できないとしている学校もあります。

 

一般的にカレッジ進学に必要な英語力はIELTS6.0、TOEFL80位と言われています。これらの英語のスコアがない場合には、カレッジの英語力テストを受けられるところもあります。

カナダの専門学校に通う4つのメリット

①専門知識を学べる

専門学校では、一般教養を学ぶことはもちろん、専門知識を学ぶことにフォーカスをあてています。

 

大学では専攻別に授業が分かれていても、研究の方法や抽象的な概念を学ぶことが多いのに比べ、専門学校ではより具合的で実践的な知識を学ぶことができるため、卒業した後のキャリアも築きやすい傾向にあります。

 

また、1年コースでは「サーティフィケイト」(特定のコースn修了証明書)、2年コースでは「ディプロマ」(学校の卒業証明書)、3年コースでは「アドバンスド ディプロマ」が取得でき、自身の目的に合わせたコースを選択することができます。

②大学よりも入学しやすい

日本とカナダの高等教育機関への進学で最も大きく異なる点は、入学試験です。カナダではほとんどの学校が高校での成績や英語力を元に合否を決定し、別で入学試験をするということがありません。

 

しかし日本と同様、専門学校の方が大学よりも入学基準が易しいというメリットがあります。カナダに留学する時点で大学に入学できる英語力の高さを持っている人は少ないため、専門学校を選択する人は多いです。

 

英語力でいえば、大学入学レベルではTOEFL iBT88〜100が必要とされるのに対し、コミュニティカレッジでは71〜80が求められます。

③就職活動でアピールポイントになる

カナダの専門学校のプログラムを修了したということは、十分な英語力と専門知識があることを証明できます。留学が珍しくなくなってきて英語を話せる日本人も増えてきました。だからこそ英語ができるかというよりも、英語を使って何ができるか、どのレベルまでできるかが鍵となってきています。

 

ただ外国に一定期間住んでいたのではなく、専門学校で学んでいたという経験は就職活動でプラスに働いてくれるでしょう。留学したという事実よりもそこで何を学んだのかという質を見られるため、専門学校での経験は強みになる傾向にあります。

④学校に通いながらアルバイトができる

カナダでフルタイムで大学やカレッジに通っている場合、週20時間以下のアルバイトが認められています。また、長期の休みになればフルタイムで働けるため、金銭的にも楽になるでしょう。

 

留学生向けのアルバイトの求人が貼り出されている学校もあります。語学留学と言われる語学学校やカレッジ・大学の附属の英語コースに通っている場合はアルバイトは認められていません

 

生活費分をアルバイトで賄えるだけでも大きく負担は減るため、専門学校に通うメリットと言えます。

カナダで専門学校に通う2つのデメリット

①学費が高い

アメリカよりもカナダに留学する人が多い理由の1つとして、カナダの方が学費が安いことがあります。

 

しかしカナダでは、現地の学生に比べて留学生の学費は2〜3倍と高く設定されている学校が多く、カナダの公立カレッジで1年間学ぶのと、日本の私立大学で1年間学ぶのがほとんど同じ学費であると言われています。

 

日本で国公立の大学に通っている人にとっては、学費が高くて留学が難しいという人もいるでしょう。しかし、留学する人に向けての奨学金もあるため、それらを利用して留学し、専門知識と高い英語力を身につける人も多くいます。

②予め専攻を決める必要がある

特にカレッジ附属のESLコースから入学する場合、予め専攻を決めておく必要があります。専門学校で学びたいことが決まっていない、今度学びたいことが変わってくるかもしれないという人には、途中で希望のコースを変えることが難しいです。

 

その点、大学は同じ州内では単位互換の制度が整っており、気軽に学部や学校を変更することができます。専門学校では単位を互換できないことや学校自体を変更しないといけないことも多いため、手続きが面倒になったり1年次から全て授業を取る必要が出てきたりします。

 

興味が様々あり、1つに絞れなという人は大学進学を視野に入れた方がいいかもしれません。

カナダの専門学校卒業後の4つのキャリア

①現地就職

カナダで専門学校を卒業した後、そのままカナダで現地就職をする人は少なくありませんカナダは学歴社会であるため、ディプロマ以上を持っている人は就職しやすい傾向にあります。

 

専門学校に通っている間にアルバイトをし、そのアルバイト先で正社員として採用されたり、コーププログラムでの実習先が就労ビザの手続きをしてくれたりするなど、現地就職のパターンは人によって異なります。

 

いずれにしても英語力の高さはもちろん、専門知識が身についているかやチームワークができるかなど細かい点まで見られるので簡単ではありません。

働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖

②就労ビザの取得ができる

カナダでは一定のコースやプログラムを修了した外国人は、「Post Graduate Work Permit」という就労ビザを取得することができます。

 

10ヶ月以上のコースを修了した外国人は最大で1年間、2年以上のコースを修了した外国人は最大3年間の就労ビザを申請できます

 

ただしこのビザは公立カレッジ卒業者向けであり、公立カレッジの中でもプログラムによってはビザの要件を満たさないものもあります。

 

現地で働くことを視野に入れている場合、専門学校に進学する前にこのビザを取得できるのか確認しておきましょう。就労ビザを持っていれば企業に採用れやすくなり、現地採用される可能性が高まります。

カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

③日本で職を見つける

カナダの専門学校を卒業後、日本に帰国して就職活動をする人もいます。同じ専門学校卒業という学位でも、カナダの学校を卒業したというのと日本の学校を卒業したというのは評価が異なります。

 

特に海外の人を相手にすることが多い仕事の場合は、海外の学校のプログラムを修了したというのは重要なアピールポイントとなります。

 

ただし学位よりも学校で何を学んだか、どのような努力をしたかを見られることが多いため、入学できたからといって気を抜かず、学業に力を入れましょう。

④大学に進学する

専門学校を卒業してから日本に帰国したり現地就職をしたりする人がいる一方で、大学でさらに学び、ディグリーを取得する人も少なくありません。

 

カナダでは大学卒業を就職の条件としている企業も多いため、ディグリーがないからという理由で応募すらできないことも少なくありません。

 

特にコミュニティカレッジの大学編入コースを修了した人は大学に編入することがほとんどです。コミュニティカレッジ入学時には十分な英語力がなかったとしても、カレッジ卒業時には授業についていけるレベルに達している人も多いです。

カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!

まとめ

今回はカナダ留学で専門学校に通うという選択肢を詳しく紹介しました。英語力がないからと諦めず、専門学校に入学する方法はいくつもあります。自分が学びたい分野の知識が身につくだけでなく、語学学校よりも実践的な英語力が身につけられると人気です。

 

ぜひ、カナダ留学で専門学校に通うことも選択肢として視野を広げてみましょう。

20200203 113240 e1580714249249 - カナダ留学で専門学校(カレッジ)には通える?入学要件や費用など詳しく紹介!

佐野まさみ

語学学校では一般英語コースを受講。バリスタとして働きながら、バンクーバーで1年間ワーキングホリデーをしました。オーストラリアのTAFEへの交換留学も経験していますので、カナダとオーストラリアの違いもご紹介できます。

カウンセラーに質問

カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!

c858548698fd15547f55a79e8c8b063b 1 e1580359910822 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
tronto univ 1 e1580286637587 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
カナダ留学では、語学学校で英語を学ぶだけが選択肢ではありません。現地大学に入学できるほどの英語力があれば、カナダの大学で現地学生と一緒に授業を受けることができます。

 

しかし多くの留学サイトでは語学学校の情報を取り扱っており、現地大学の情報は少ないです。今回はカナダの大学への留学を視野に入れている人に向け、カナダの大学のランキングや仕組み、入学要件など詳しく紹介します。

 

今まで語学学校しか考えていなかった人も、現地大学への留学を考えるきっかけになるでしょう。

カナダの大学の制度

カナダの大学の種類

Point

・カレッジ

・ユニバーシティカレッジ

・ユニバーシティ

日本で高校卒業後に通う学校は「専門学校」と「短期大学」、「大学」があります。カナダの場合は「カレッジ」、「ユニバーシティカレッジ」、「ユニバーシティ」があります。

カレッジ

カレッジには「職業訓練」コースと「ユニバーシティ編入」コースがあります。

 

職業訓練コースは専門学校のように実践的なプログラムが学べます。ユニバーシティ編入コースでは必要単位を取得することでユニバーシティの2年次や3年次に編入できます。

ユニバーシティカレッジ

ユニバーシティカレッジはカレッジとユニバーシティの中間の学校であり、一部で学位取得のコースが設けられています。また、必要な単位を取得することでユニバーシティの2年次または3年次に編入することができます。

 

通常の大学入学よりも求められる学力や英語力が低いため、留学生にも近年人気となっている機関です。

ユニバーシティ

そしてユニバーシティが日本でいう4年制の大学です。学位を授与する大学はACC(カナダ大学協会)に属しています。

ケベック州とその他の州で異なる

カナダではフランス語と英語が公用語となっていますが、ケベック州は主にフランス語が話されている州です。カナダでは州によって教育制度も異なっており、ケベック州は義務教育の制度が他の州とは異なります。

 

義務教育の期間が他の州より1年短いため、中等教育を終えてからセジェップ(大学準備機関)に2年間通う必要があります。

 

このため、カナダ人にとっても大学に進学する上でどの州の大学に通うのかは大切な選択となります。

ケベック州以外の大学の制度

ケベック州以外の大学はアメリカ系の大学制度であることが多く、学部課程は4年間で最初の2年間が一般教養、残りの2年間で専門課程を学びます。

 

基本的にはケベック州以外の大学に通う場合、日本の大学制度と似ていると考えて構いません。他の専攻に変えることも容易であり、入学したものの興味が他に出てきたり、学んでいる学問が自分に合っていなかったりする場合でも柔軟に対応してもらえます。

 

また、ケベック州とは異なり英語が主に話されている州が多いため、フランス語ができなくても英語の授業だけを選択して卒業することができます

ケベック州の大学の制度

ケベック州では大学入学前に2年間セジェップに通っており、他の州よりも1年多く大学前に学校に通っているため、学部課程は3年間となっています。

 

つまり、他の州と義務教育の期間が短かったり、セジェップに通う必要があったりしても、ストレートで卒業した場合には他の州の大学卒業と同じ年齢で学部課程を修了する仕組みです。

 

ケベック州から他の州の大学に編入する場合には、カリキュラムが異なるため個別の調整が必要となります。またケベック州の大学はイギリス系の大学であることが多く、通常は大学に入学してから卒業するまで専攻を変えることは難しいです。

カナダの大学ランキング

c858548698fd15547f55a79e8c8b063b e1580359892435 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
大学ランキングには様々な機関が独自の視点からポイントをつけて判断していることが多く、出版している機関によってランキングは異なります。しかし視点が異なっても名門の大学はランクインしていることが多いです。

 

今回はCWURの世界ランキングを参考にしました。これは学術研究や入試難易度によってランキングされているため、進学先のレベルを知るのに適しています。

1位 トロント大学

Toronto univ e1580359501369 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
トロント大学はカナダ名門校であり、1827年にキングスカレッジとして創立しました。生徒数はおよそ88,000人とカナダでは最も在籍者数が多い大学です。

 

経済や政治の中心となっているオンタリオ州に位置しており、交換留学生も多いため多国籍の生徒が集まっています。学部は300以上、大学院も80以上と多種多様なプログラムから自身の専攻を選ぶことができ、より専門的な知識を身につけることができます。

 

セントジョーズ、ミシサガ、スカボロと3つのキャンパスがあります。その一方で定員が多く設定されているため、入学する際の倍率はそれほど高くありません。しかし授業のレベルは高いため、高い英語力と学力がなければ単位が取れず、卒業は難しいです。

2位 マギル大学

McGill University e1580359523958 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
世界大学ランキングの常連であり、カナダで歴史のある大学といえばマギル大学です。メインキャンパスはケベック州・モントリオールにあります。

 

マギル大学はカナダにありながらアメリカ大学協会に属しています。12名のノーベル賞受賞を輩出しており、医学部や法学部は入学基準が非常に厳しいことで知られています。

 

ケベック州に位置しているため、フランス語の授業は多いですが、留学生の割合はトロント大学よりも多いため、フランス語を学びたい人には最適な環境です。

 

夏期集中コースもあるため、夏休みの間だけマギル大学に短期留学するという選択肢もあります。

3位 ブリティッシュコロンビア大学

The University of British Columbia e1580359534301 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
ブリティッシュコロンビア大学は、第29代首相のジャスティン・トルドーなど合わせて4人の首相を輩出しています。1908年に創立し、バンクーバーキャンパスには学部生およそ45,000人、オカナガンキャンパスには学部生およそ8,000人が在籍しています。

 

日本の大学とも多く提携しており300人ほどの交換留学生がブリティッシュコロンビア大学で学んでいます。北米1を誇る国際大学であるため、短期・中期・長期と滞在期間に合わせたプログラムを受講することができます。

 

バンクーバーにキャンパスがあるため、カナダ滞在中に観光も楽しみたい、旅行に出かけたいという人にはぴったりの立地です。

ブリティッシュ・コロンビア大学付属語学学校

4位 アルバータ大学

University of Alberta e1580359545752 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
アルバータ大学はカナダの中でも特に自然豊かなアルバータ州にあり、それを活かした農学・環境学・地質学に特化しています。カナダ大学ランキングでは5位以内、世界大学ランキングでは100位以内に入っており、環境系の専門知識をつけたい人におすすめの大学です。

 

学生数は37,000人以上であり、留学生も2,500人います。アルバータ大学では留学生へのサポートが充実しており、オリエンテーションは毎年盛大に開催されています。

 

ノースキャンパス・サウスキャンパス・オーガスタナキャンパス・セイントジーンキャンパスの4つのキャンパスが主に使われており、合わせて9つもの図書館があります。

 

アルバータ大学には「ブリッジングプログラム」があり、語学クラスで授業についていける英語力の向上を図りながら、学部授業を体験することができます。語学クラスを修了すると、そのまま学部授業を受けられ、プログラム中に体験したものも全て単位として認められます。

5位 モントリオール大学

University of Montoreal e1580359557936 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
モントリオール大学は、1878年に設置された国立大学です。ケベック州モントリオールにあり、授業のほとんどがフランス語で行われています。

 

学生数はおよそ66,000人であり、フランス語の大学としては世界で2番目に大きく、フランス語大学でのランキングは4位にランクインしている大学です。

 

政府機関とも連携しているた豊富なプロジェクトがあり、特にコンピューター科学や解剖学の分野は世界的にも高い評価を受けています。

 

留学生向けにフランス語の講座を設けているため、ある程度フランス語を学んだ人であればフランス語力を伸ばすいい機会になるでしょう。

6位 マックマスター大学

McMaster University e1580359567220 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
マックマスター大学はオンタリオ州ハミルトンにある大学です。1887年にトロントで創立しましたが、その後はハミルトンに移転されました。医学と工学に強く、「カナダで最も画期的な大学」と言われるほど最先端のプログラムを導入しています。

7位 カルガリー大学

University of Calgary - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
カルガリー大学はアルバータ州にある総合大学で、16学部60以上の学科があります。学生はおよそ3万人、生涯教育プログラムの受講生は約2万人と大規模な大学です。ダウンタウンからわずか2kmの距離にあるキャンパスでは研究に力を入れています。

カルガリー大学付属語学学校

8位 ウェスタン大学

University of Western Ontario e1580359587135 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
ウェスタン大学は留学生に人気のオンタリオ州に位置しています。カナダ大学ランキングではトップ10の常連であり、ゴシック建築の美しいキャンパスが人気です。専攻の種類も豊富であり、専攻外の教科を選択することもできるため自由に学べます。

9位 オタワ大学

University of Ottawa e1580359596207 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
オタワ大学はカナダの首都オタワに位置しています。3万人以上の学生が在籍しており、カナダで3番目の規模の大きさです。およそ7割の授業が英語でもフランス語でも受講できるため、どちらの言語も学びたいという人におすすめです。

 

オタワ大学では1年間の学費が200〜250万円が平均となっています。

10位 マニトバ大学

University of Manitoba e1580359608267 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!
マニトバ大学はマニトバ州ウィニペグにあり、1877年創立のカナダ西部では最も古い大学です。大自然の中に位置していながら、研究の環境は整えられており、市内の交通の便も良いことから留学生の人気が高まってきています。

カナダの大学に入学するには?

高校卒業後にカナダの大学に入学する場合

カナダの大学に留学するのではなく、高校卒業後、カナダの大学に入学する場合はかなりの英語力が求められます。日本の高校卒業程度の英語力ではカナダの大学では通用しないため、その場合はまず語学学校に通って英語力を伸ばす必要があります。

 

必要書類は入学を希望する大学によって異なり、入る難易度も異なります。基本的には入学願書・高校の成績証明書・卒業証明書または在学証明書・TOEFLスコアが必要となります。

 

これに加え、エッセイの提出が必要な大学はありますが、日本のように入学試験はありません

現地で2年カレッジに通ってから大学に編入する場合

高校卒業後にカナダのコミュニティカレッジやユニバーシティカレッジに2年間通い、大学に編入することもできます。

 

必要書類はカナダの大学に入学する場合とほとんど同じですが、カレッジへの入学のほうが合格基準が厳しくありません。そのため、高校の成績や英語力に不安がある人はこの方法がおすすめです。

 

ユニバーシティカレッジでは大学編入に必要な一般教養を学べ、英語力の向上にも力を入れることができます。ただし、大学編入にはカレッジでの成績が重要となるため、カレッジに入学できたからといって確実に編入できるわけではありません。

 

州内の大学への編入は規定を満たせばできますが、州外への編入は単位が認められない場合や入学できない場合もあります。

日本の大学からカナダの大学に編入する場合

日本の大学で数年間学んだ後、カナダの大学へ編入する人もいます。カナダの大学ではサークルがないことや日本でしか学べないこともあるため、どちらの大学も経験することができ、メリットは多いです。

 

高校卒業からカナダへ渡ると生活の変化が大きすぎてストレスになることも多いため、まずは日本の大学へ入学してリズムに慣れることができます。

 

ただし編入が認められていない大学もあるため、自身の希望する大学のシステムを予め調べておきましょう。

 

また、日本とカナダではカリキュラムや授業内容が異なり、単位として認められないこともあります。この場合は高校の成績ではなく、日本の大学での成績が基準となるため、高いGPAを取れれば編入は十分可能です。

必要な英語力

カナダの大学で勉強する場合、大学の授業についていける程の英語力が必要となります。日常会話程度の英語力だけでは不十分で、プレゼンテーションができるように論理的に話す技術やアカデミックな内容でも聞き取れるリスニング能力や理解能力が求められます。

 

この英語力があるかの判断基準にはTOEFLやIELTSのスコアが使われます。TOEFL iBT80以上、IELTS6.5以上が基準となりますが、希望する大学によってはそれ以上を求めるところもあります。

 

また、基準を満たしていない場合でも「条件付き入学」が認められ、入学前に大学で行われる英語研修に参加してスコアを上げると入学できます。

カナダの大学にかかる費用

カナダの学費について

留学生と現地学生の学費は異なります。現地学生の方がはるかに安く、4年間フルタイムで大学に通うのであれば、その差はかなり大きくなります。カナダの市民権や永住権を持っている人は現地学生とおなじ学費で通うことができます。

 

また、州立の大学が多いですが、州によって学費も異なります。学費が最も高いのは、トロント大学があるオンタリオ州であり、平均授業料は約293万円となっています。

 

それに対して最も授業料が安いのはニューファンドランド・ラブラドール州であり、年間約100万円です。

 

高い州と安い州ではおよそ3倍もの開きがあります。学費を節約したい人は希望している大学がある州の学費を参考にするといいでしょう。

カナダの奨学金制度

カナダの大学で勉強したくても金銭的に無理だと諦めてしまう人も多いでしょう。特に学費が高いオンタリオ州やブリティッシュコロンビア州の大学に入学する場合、日本の大学に通うよりも高くなることが多いです。

 

そんな人のために、カナダで勉強する人のための奨学金制度があります。日本のものでは「日本学生支援機構」が有名ですが、他にも条件を満たすことで無利子の奨学金が借りれたり、給付型の奨学金制度を利用できたりします。

 

また、カナダ独自の奨学金制度があり、クィーンズ大学へ留学する場合は「高円宮記念クィーンズ大学留学奨学金」で年間約190万円の支給を受けられたり、「IELS北米奨学金制度」で3名に約60万円が支給されたりします。

カナダでの生活費

カナダの大学で学ぶ場合、必要となるのは学費だけではありません。出費の大半を占めるのは生活費となります。住む地域や州の物価によっても大きく異なりますが、都市部に住む場合は家賃・水道・光熱費で8万円〜10万円/月かかります。

 

留学生用の学生寮を用意してくれている大学も多いため、その場合はある程度家賃を節約できるでしょう。さらに外食ではなく自炊にすることで節約でき、食費を月3万円以内に収められます。

 

カナダでは消費税だけでなくチップも必要となるため、予想以上の出費となることが少なくありません。

交換留学とは

カナダの正式な学生として入学する以外にも、交換留学という選択肢があります。これはカナダの大学と日本の大学で提携を組んでいる場合、授業料はそのまま自身が所属する大学に払いながら、カナダの大学に半年や1年間通うというものです。

 

州の学費が高い地域の大学に通っても、授業料は日本の大学に納めるので金銭的負担が大幅に軽減されます。ただし教科書代は別途必要であり、専門科目によってはこれが高額となることもあります。交換留学用の奨学金制度もあるため、利用するのもいいでしょう。

カナダの大学で学べる科目

州によって特化している分野が異なる

日本でも大学によって力を入れている学部やレベルが高い学部は異なります。しかしカナダでは州ごとに得意分野が異なるため、大学で特化している分野も異なります。

 

ブリティッシュ・コロンビア州ではマルチメディアや環境、バイオの分野が得意であり、アルバータ州では工学や天然資源の分野が得意とされています。

 

また、ケベック州ではIT系ニューファンドランド島では海洋産業と地域の産業と結びついた専門知識を学ぶことができます。

 

大学のレベルや名門かどうかで選ぶのもいいですが、自身の学びたい分野がはっきりとしている場合は、特化している分野を参考にどの州の大学に入学するかを決めるのもおすすめです。

幅広い専門分野

日本に比べ、カナダでは学部の専門分野が幅広く設定されています。日本では1つにまとめられる学部でも、カナダの大学ではいくつもに分かれているため、自身の興味に合わせてじっくりと専門知識を学ぶことができます。

 

日本とは違い、転部や州内で別の大学へ移ることも簡単にできるため、入学したけれど他のことを学びたい場合も心配ありません。

 

大学卒業後も専門知識が身についているので専門職に就きやすいというメリットがあります。カナダの大学を卒業後、日本に帰国して就職する場合も強いアピールポイントとなるでしょう。

まとめ

今回はカナダの大学について、日本との違いやカナダの大学ランキング、及び進学方法を含めて詳しく紹介しました。

 

留学前でカナダの大学に入学できるほどの英語力がない場合でも、カレッジや語学学校から進学できるパターンは多いので諦める必要はありません。

 

自分の納得できる留学ができるよう、様々な選択肢を探ってみましょう。

20190702 130102 1 e1563997913675 - カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

ilsc vancouver students 28532433621 o 1 e1579495666832 - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
ilsc vancouver students 28532433621 o - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
カナダ留学をする際、取得するビザの種類は様々です。カナダ国内でアルバイトをする、インターンシップをする、〇ヶ月滞在するなど人によって事情は異なるため、留学の際は違法滞在とならないよう取得するビザの種類には要注意です。

 

今回は観光ビザでカナダ留学をする方法や、カナダ入国に欠かせないeTAの申請方法について詳しく紹介します。カナダ留学を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

カナダは観光ビザで留学できる?

そもそもビザって何?

ビザは査証と呼ばれることもあります。自国民以外の人が、その国に入国するのに差し支えないことを証明するものであり、入国許可を受けるための申請書類となっていることもあります。

 

国によってビザを免除しており、パスポートのみで入国できるところもありますが、在留許可とは異なるので気を付けましょう。滞在目的や滞在期間によって申請書類の種類や審査の厳しさは異なります。

 

本来の目的とは異なるビザを取得して滞在していることが判明した場合、強制帰国となることもあるようです。ビザの審査や発行は、基本的にその国の在留大使館や領事館で行われます。

 

日本のパスポート保持者は約190ヵ国に査証免除が認められており、世界で最も多くの国にビザなしで入国できます。

カナダ観光ビザでできること

カナダ観光ビザの主な目的は観光です。その他には、6ヶ月以内の就学ができ、語学学校で英語を学ぶこともできます。

 

6か月以内の滞在期間であれば、観光ビザのみで滞在することができますが、入国審査官によって条件を満たさないと判断されると、滞在期間を短くされたり入国拒否されたりする例もあるようです。

 

往復の航空券や海外保険の証明書の提出が求められるため、しっかりと用意していく必要があります。日本人はビザが免除されているからといって、気を抜かないようにしましょう。

 

特に6ヶ月ギリギリの滞在となると、多くの質問をされ、資金の証明が必要なるケースが多いです。

カナダ観光ビザでできないこと

観光ビザでは6か月の滞在が許可されていますが、カナダでは観光ビザでできないことももちろんあります。主なものとしては就労が禁止されていることです。

 

お金を稼ぐ活動は全て禁止されており、観光ビザで入国するのであれば、滞在期間中に十分なお金を持っている必要があります。また、無給のものでもボランティアに参加することは許可されていません

 

非営利団体のボランティアに数回参加する程度であれば問題はありませんが、定期的にボランティアに参加していると、裏で給料をもらっていると疑いがかけられます。最悪の場合は、不法就労として強制退去となることもあるようです。

カナダ観光ビザで通える学校

観光ビザを持っていて就学する場合、通える学校の種類は語学学校に限られています。滞在期間が6ヶ月以内であっても、専門学校や大学に通う場合は学生ビザを取得する必要があります。

 

学生ビザは入学許可証さえあれば取得は難しくありません。特に、インターンシップへの参加は観光ビザではできないので気を付けましょう。

 

観光ビザから学生ビザに変えることはできますが、日本に一時帰国したりニューヨークのカナダビザオフィスを訪れたりする必要があるのでおすすめできません。

 

カナダに渡航する時点で、半年以上学校に通うことが決まっている場合は、始めから学生ビザを取得した方がビザ更新の際も楽になります。

カナダ留学にはどのビザが最適?ビザの違いと取得方法【比較表付】

カナダ観光ビザは延長ができる

観光目的でカナダに入国し、6ヶ月以上滞在したいという場合には、観光ビザを延長することができます。ただし、入国から半年はビザが免除される日本人であっても、それ以上の期間の観光ビザは申請が必須となっているので気を付けましょう。

 

移民局のウェブサイトにアクセスし、申請書と必要書類をオンラインまたは郵送で提出し、100カナダドルの申請費用を支払います。

 

許可が下りれば観光ビザが郵送で届きます。観光ビザの場合は、最長6か月間滞在期間の延長が認められていますが、観光ビザはカナダ国内で働けないことから、特に資金の面で申請が拒否されることも多くなっています。

 

観光ビザの有効期限が切れる1か月前までには申請しましょう。

カナダの観光ビザは入国時に自動付与

日本人は観光ビザの申請は必要無い

カナダに訪れる外国人は、カナダに長期滞在している人を除いて、入国前に入国審査を受ける必要があります。カナダに入国しても問題がない人かどうかを審査官が書類や犯罪履歴を元に判断します。

 

そして、カナダに入国する資格があることを示すビザを持っていることが求められます。事前に領事館や大使館でビザを申請し、取得しておいたものを提出するのです。

 

しかし、日本人への観光目的のビザは免除されているため、入国審査時に何も問題がなければ自動的にカナダでの観光ビザが手に入ります。

 

出国前の数か月前から観光ビザを事前申請する必要がなく、ビザ申請費もかからないのでカナダに行くハードルが下がることでしょう。

観光ビザ取得の条件

日本人=入国に問題ない、というわけではありません。観光ビザが入国時に取得できるには条件を満たす必要があります。

 

まず、渡航目的が「観光、知人・親族訪問、商談、会議出席、学会発表、市場調査、契約締結、通過、外交・公用」に限られています。

 

また、最長6ヶ月滞在で、滞在許可日数は入国審査官が判断します。パスポートの残存期間が滞在期間+1日残っている必要があります。

 

復路の航空券を所有していることも条件に書かれています。また、入国審査官によっては財産の証明を求められることもあるので、銀行の残高証明書を持っておいた方が安心です。

カナダに未成年が渡航する場合

カナダでは18歳未満は未成年者として扱われます。その場合、カナダ移民・難民保護法が適用となり、入国審査がより綿密に行われます。父親・母親と共に渡航する場合は問題ありません。

 

ただし、1人で渡航する場合やどちらかの親としか渡航しない場合は、親の署名が入った渡航同意書(英語かフランス語)・出生証明書/戸籍謄本・同行しない親のパスポートコピーが必要となります。

 

親以外の成人と一緒に渡航する場合も上記のものが必要です。

カナダ入国時にはeTA申請が必要

eTAとは?

eTAとは、「電子渡航認証」のことです。2016年3月15日から導入された制度で、日本もeTA取得の対象国となっています。日本人は事前にビザの取得が必須となっていないため、渡航者のパスポート情報を事前に把握できないためです。

 

eTAを取得していない状態では、日本からの飛行機に搭乗できない場合もあるので気を付けましょう。eTAの申請はオンラインでできるため難しくありませんが、手続き完了後に情報を変更することはできません。

eTAは海路や陸路で入国する際は不要

カナダ留学のために渡航する場合、日本からカナダに行くには飛行機で行く方法しかありません。航空会社によってはeTAを空港でのチェックイン時に確認しているところもあります。

 

しかしカナダ留学前にアメリカなどに寄っており、海路や陸路でカナダに入国する場合は必要ありません

 

不安な場合は留学エージェントなどで、eTAの申請ができるか確認しておくといいです。

 

eTAの有効期間は5年間またはパスポートの残存期間です。過去5年以内にカナダに渡航しており、パスポートも変えていない場合はeTAの有効期限内なので再度申請する必要はありません

eTAの申請方法

eTA申請の必要書類

eTA申請はとても簡単です。用意するものは、たった3つです。カナダ滞在期間+1日以上の残存期間があるパスポート・メールアドレス・クレジットカードです。

 

特にメールアドレスは、eTA申請完了の連絡や認証結果、申請番号などが送られてくるため、正確に記入する必要があります。迷惑メールにメールが行き、気づかないことがないように、事前にカナダ政府のメールアドレス(@cic.gc.ca)をセーフリストに入れておきましょう。

eTA申請マニュアル

以下で、画像付きにてeTAの申請手順を説明します。申請ページはもちろん英語ですが、和訳を付けていますのでこの手順通りに申請を進めれば問題ないかと思います。

①eTA申請ページを開く

eta - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

まずカナダ政府のサイトからeTA申請のページに飛びます。注意点や説明の後、ページの左下に申請ボタンがあるのでクリックします。

eTA申請のページ

②フランスかベネズエラのパスポートがあるか

france - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
最初の質問は「フランスかベネズエラのパスポートを持っていますか?」です。持っていなければNo、持っていればYesを選択します。

③代理申請か

behalf - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
すると次に「代理でこの申請業務をしていますか?」とあるため、本人であればNo、代理人の場合はYesを選択します。

④渡航文書は?

passport - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
次に「渡航文書は何?」という質問があるため、パスポートを選択してパスポートコードはJPN、国籍はJapanを選択します。

⑤パスポート情報

detail - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

その次はパスポート情報の入力となります。パスポート番号・苗字・名前・生年月日・性別を間違えないように入力します。

⑥出生国など

birth - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

続いて、生まれた国・生まれた市町村・パスポート発行日・パスポート有効期限を入力します。

⑦婚姻状況

marital - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
「二重国籍ですか?」という質問は、多くの日本人がNoという回答でしょう。次に婚姻などの個人情報の入力です。自身の婚姻状況に当てはまるものを選択しましょう。独身であればsingle、結婚していればmarriedとなります。

 

次に「過去にeTA、就労ビザ、学生ビザに申請したことがありますか?」とあるので、初めての申請であればNo、過去に申請した場合にはUCI番号を入力します。

⑧職業

Employment - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
そして職業選択です。職種を選択し、職業の選択・会社名・所属先がある国と市町村・仕事を開始した年を選択します。

 

「Student」を選んだ方は学校の情報を記入することになるなど、職種によって入力欄が変化します。

⑨メールアドレスなど

ever e1580115970137 - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
その次に、連絡を受け取る言語(英語またはフランス語)を選択してメールアドレスを入力します。

⑩住所

address - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
そして個人情報の入力です。住所を記入しますが、英語のため、マンション名や部屋番号から始まり、最後に国名と順番が反対なので気を付けましょう。次に旅行の情報を入力します。

⑪渡航日

travel info - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

「渡航日は決まっていますか?」とあるため、決まっていればYesを選んでカナダ行きの飛行機の日程と出発時間を入力します。

⑫バックグラウンド

background - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
質問の最後にはバックグラウンドに関する質問があります。

 

「今までカナダや他の国でビザや入国許可の申請を拒否された、または退去を命じられたことはありますか?」、「どこかの国で犯罪行為、逮捕される、有罪判決を受けた事がありますか?」、「過去2年間で結核と診断される、結核患者と接触がありますか?」とあるため、当てはまらなければNoを選択します。

⑬同意と電子署名

agree - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
最後に個人情報提供への同意にチェックを入れ、フルネームをパスポート名通りに入力して支払いに進みます。

eTA申請費用の支払い

fee - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

全ての個人情報を入力し、質問に答えたら「Proceed to Payment」をクリックして支払いへと進みます。eTAの申請は7カナダドルなので、確認ができたら「Transmit and Pay」をクリックします。

payment - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
クレジットカード情報の入力画面になり、クレジットカードの種類・カードの名義人・カード番号、カードの有効期限・セキュリティー番号を順番に入力しましょう。

 

緑のボタンの「Process Transaction」をクリックすると、支払いが完了となります。

eTAの確認方法

approved - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル
eTAの申請が完了すると、すぐに申請完了のメールが届きます。申請結果はすぐに送られてくる場合と数日後に送られてくる場合があります。

 

申請状況を確認する場合は、サイトにアクセスし、eTA申請番号・姓名・パスポート番号・パスポート発行国・パスポート発行日・パスポートの有効期限を入力し、「Check application status」をクリックします。

 

「Confirmation of receipt of eTA application」は認証保留、「Request for documents」は追加書類の請求、「eTA approved」はeTA承認となります。

 

申請から72時間以内に何もメールが届かない場合は、メールアドレスが間違えている可能性があるので問い合わせましょう。

eTA確認ページ

観光ビザでのカナダ留学が向いている人

では最後に、観光ビザでのカナダ留学が向いている人を紹介します。

  • 6ヶ月以内で語学学校に通う人
  • 観光をメインで滞在したい人
  • 働かなくても十分な資金がある人
  • カナダ国内からワーホリ申請をする人

まとめ

今回は、観光ビザを使ってカナダ留学をする方法、観光ビザの取得方法や条件、eTAの申請方法について詳しく紹介しました。

 

eTA申請は英語だけなので、「英語を勉強しにカナダに行くのに、今の時点では全然英語が分からない!」とパニックになる人もいるでしょう。eTA取得は決して英語力をはかるテストではありません。

 

どうしても自分で取得が無理だと感じたら、代理業者に申請を頼むこともできます。自身で申請する場合は、後から訂正ができないので入力に間違いがないか確認しましょう。

 

ラララカナダではお客様のビザサポートも実施しております。カナダ留学ついてのご相談がある方はお気軽にお問い合わせください。

20190702 130102 1 e1563997913675 - よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

ilsc toronto students on downtown tour 27224548511 o 1 e1579496814692 - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
ilsc toronto students on downtown tour 27224548511 o - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心 PGWP(ポストグラデュエーションワークパーミット)をご存知でしょうか?PGWPはカナダで一定の条件を満たした学校を卒業した後に取得できる就労ビザであり、カナダに永住する一番の近道です。

 

カナダに長期滞在したい方やカナダの永住権取得を考えている方におすすめのビザになります。ここではPGWPについて申請条件や申請方法まで徹底的に解説していきます。

PGWPとは

PGWPとは正式名称をポスト・グラデュエーション・ワーク・パーミットといい、省略してポスグラと呼ばれています。PGWPは就労ビザの一種であり、カナダの既定の学校を卒業した時に、通学した期間と同じ期間の就労ビザが発行(最長3年)されます。

 

PGWPは学校で学んだ内容を就労を通して実践的なものにするための制度です。カナダで働くには、何と言ってもビザがないと始まりません。PGWPはカナダで長期間学業を積んだ人にだけ提供される優遇されたビザといえるでしょう。

PGWPをおすすめする対象者

PGWPは誰でも条件を満たせば取得できますが、ここではどんな方におすすめかご紹介します。

 

PGWPがおすすめなのは、すでにワーキングホリデーを使用している、または、31歳を超えているためワーキングホリデーが使用できないが、カナダに長期間滞在したい方です。学業と同じ期間の就労ビザが下りるので、学業期間に合わせて就労期間もカナダに滞在することができます。

 

特にカナダの永住権を取得したい方にPGWPをおすすめします。PGWPを取得すると学業に合わせて就労の経験も得られるので、永住権を取得する際に有利になってきます。

PGWPは一生に一度だけ取得できる

PGWPには制限があり、一生に一度のみ取得できます。学校に長く通った方がPGWPの就労可能期間が長くなるため、長期間学校に通ったほうがお得です。最長3年間のPGWPを取得できるので、8か月など短い期間だと8か月のみのビザしか取得できません。

 

外国人にとってカナダで働けるビザというのはとても貴重なものです。いつ取得するかや、どのように使用するかなど計画的に使用することをおすすめします。ちなみにPGWPの大学に2回通っても2回目はPGWPは取得できません。

PGWPはカナダに永住するための味方

カナダに永住する人にとってPGWPは強い味方になります。カナダの永住申請はポイント制になっており、学歴や職歴がポイントとして加算されていきます。PGWPはオープンワークパーミットであり、ワーキングホリデーと同じで働く場所を制限しません。そのため就労場所の確保が楽に行えます。

 

1年以上の就労は永住権の取得に関するポイントとして加算されるので、カナダに永住を考えている方には最適なビザと言えるでしょう。PGWPを取得するためには指定された学校を卒業しなければならないので決して簡単ではありませんが、PGWPを取得できるとカナダ永住に大きく近づけることになります。

カナダのPGWPに必要な条件

PGWPを取得するには、指定された学校を卒業する必要があります。そのため、どの学校を卒業してもいいわけではありません。PGWPビザの発行条件として、①8か月以上のプログラムであること②フルタイムの就学であること③公立または政府承認の私立の大学院、大学、カレッジであることが必須条件です。

 

そのため、PGWPの規定外の学校であれば意味がなくなるためPGWPを取得するには学校選びをきちんと行う必要があります。

 

学校選びが不安な方はお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約フォーム

PGWPの就労期間について

PGWPは8か月以上2年未満のプログラムを卒業した場合は就学期間と同じ期間のPGWPが習得できます。2年以上のプログラムを卒業した場合には最長の3年間のPGWPを取得することができます。

 

一番短いプログラムは8か月就学+8か月就労、一番長いプログラムは2年就学+3年就労になります。PGWPビザは最長3年間となるため、2年以上のプログラムでもPGWPは3年間となります。

PGWP申請の費用

PGWPを申請するには申請費用として$255が必要になってきます(2020/1/15現在)。PGWPの支払いはビザ申請と同時にオンラインで行われます。PGWP申請の費用である$255は学費とは別に支払うことになります。

PGWPの申請時期

PGWPを申請するタイミングには条件があります。その条件とは、学校の卒業レターか最終成績証明書を受け取った日のいずれか早い方から数えて180日以内にPGWPの申請を行うことです。

PGWPビザのルール改定

以前はPGWPの規定する学校を卒業していても、学生ビザの期間を過ぎてしまっていたり申請の締め切り期間である90日を過ぎているとPGWPビザを受け取ることはできなくなっていました。

 

しかし、2019年2月20日にPGWPビザのルールが改定され、卒業からポストグラデュエートビザ申請までの期限が、これまでの90日から、6ヶ月に延長されました。

 

申請時に必須であった有効な学生ビザも改定後は申請時に有効な学生ビザがなくてもポストグラデュエートビザの申請が行えるように変更されました。

 

PGWPビザのルールが改定されたことによってPGWPビザを取得する学生が卒業後に余裕を持ってPGWPの申請が行えるようになりました。ビザに関するルールは時折変更となるので、随時チェックを行うことをおすすめします。

PGWPを取得するまでの4つのステップ

ここではPGWPを取得するまでのおおまかな流れをまとめてみました。PGWPを取得する際の参考にしてください。

①対象の学校のプログラムへ入学する

PGWPを取得するには指定されている公立または政府承認の私立の大学院、大学、カレッジを卒業する必要があります。対象の学校への入学手続きを行い、学生ビザを取得しましょう。

②プログラムを卒業する

学校の指定されたプログラムをクリアし、卒業資格を得てください。学校の卒業は必ず必要です。厳しいかもしれませんが、頑張って卒業してください。

③卒業から180日以内にPGWPの申請を行う

対象の学校を卒業してから180日以内にPGWP申請を行ってください。PGWPは学校側は行ってくれません。自己にて忘れず申請を行ってください。

④PGWPビザを申請したら就労を開始する

PGWPの申請を行えばいつでも仕事を始めることができます。PGWPはオープンワークパーミットとなり、雇用主の選択に学校は関与しません。自己にて自由に就労先を選択することができます。

PGWPビザの申請方法

PGWPの申請方法はオンラインでの申請と郵送申請の2つの方法があります。基本的にオンライン申請の方が簡単で便利であるため、オンライン申請をおすすめします。ここではPGWPのオンライン申請についてかなり詳しく説明していますので、自己で申請を行う際の参考にしてください。

myCICアカウントを作成する

registration - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
カナダの移民局のサイトにログインし、自分のアカウントを作成する。

 

登録時に、「GCKey」と「Sign-In Partner」の2つの登録方法を選択できますが、カナダの銀行に口座がない方は「GCKey」を選択しましょう。

 

IDとパスワードの設定が必要であり、忘れると自分のアカウントに入れなくなります。アカウント作成時にはメモに残すなど忘れない工夫を行うことをおすすめします。

recovery - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

アカウントの作成時に好きな食べ物や好きな都市などを入力することになります。この質問と答えは本人確認の一環として使用されるので、忘れないようにしておいてください。

オンラインで学生ビザ申請を進める

checklist - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

アカウントを作成し、ログインが行えたら「Apply to come to Canada」をクリックします。次に「Visitor, Visa, study, and / or work permit」をクリックしまずは学生ビザの申請を行っていきます。そうすると質問画面が出てくるので、順に質問に答えていきます。

 

※以前は有効な学生ビザを持っていなければ申請できませんでしたが、2019年2月14日にルールが改定され、申請時に有効な学生ビザがなくてもポストグラデュエートビザの申請が可能になりました。

質問事項に順番に答えていく

eligible - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
us - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
current Status - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
campus - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心
キャンパスで働くかの質問にはNoを選択します。

school - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

続いて3つ質問事項が続きます。1つめの質問はパートタイムの質問になるのでNoを選択します。

 

2つめの質問はPGWPビザの質問になるので必ずYesを選択します。質問は「Have you recently graduated from a participating Canadian post-secondary institution for which your study program was full-time and a minimum of eight months?」の感じで質問されます。3つめの質問はCO-OPについてなのでNoを選択します。

offer - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

質問事項が続きますが、PGWPビザは申請時にジョブオファーは必要ないため3つの質問はNoを選択します。滞在予定の州を選択し、質問は終了します。

「Post-Graduate Work Permit -in Canada」と表示されます

result - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

質問事項が適切であれば、質問の終了後にステータスが「Post-Graduate Work Permit -in Canada」と表示されるはずです。表示されれば問題なく進めています。

PGWPビザ申請の画面に進む

「Post-Graduate Work Permit -in Canada」と表示されればPGWPビザの申請に進みます。質問項目が続きますので、画面に従って回答して行ってください。

 

学校のプログラムがすべて終了したことを示す証明書を選択します(書類のアップロードは後になるので、回答するだけになります)。

specific work - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

続いて回答していくと表示された仕事に就くかどうかの質問があります。該当しなければNoを選択していただき、もし該当するようであればYesを選択します。

 

特別な仕事になるため、Yesを選択した方は追加でメディカルチェックの証明書などの提出が必要となるため、学校やエージェントに一度確認することをおすすめします。

添付書類をアップロードする

file - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

質問にすべて回答すると書類の提出画面になります。指示に従って必要な添付書類をCIC上にアップロードしていきます。必要な書類は下記に記載します。

IMM5710

IMM5710は答えてきた質問が一覧になった分です。質問に答え終わった後にダウンロードできますので、それを保存しアップロードします。

卒業レター

カナダの学校が学生の卒業を証明するレターになります。卒業式の時にもらう卒業証書とは違うため、注意してください。

最終成績証明書

最終成績証明書は最後の学期の成績が反映された成績表を使用します。最終成績証明書は卒業レターと一つのPDFファイルにまとめてアップロードします。

パスポート

パスポートは顔写真のあるページと全てのスタンプが押されたページ、学生ビザを合わせて一つのPDFファイルにしてアップロードします。パスポートの有効期限は受け取るビザの期間をカバーする期間であることを確認しましょう。

 

パスポートの有効期間が十分でない場合はパスポートの有効期間までしか発行されない可能性があるため、エージェントやビザサポート、学校などの相談することをおすすめします。

本人写真

本人写真は35㎜×45㎜以上のものを使用し、3か月以内に撮影されたものを使用してください。カナダのビザ申請用の証明写真が撮影できるGateway NewstandsというKioskまたはロンドンドラッグ内などで撮影できます。サイズを間違わないように注意してください。

 

本人写真はデータで受け取れればそのままアップデートできますが、実物であればスキャンをしてからアップロードすることになります。

申請費用$255を支払う

全ての書類をアップロードするとPGWPビザ申請の支払いになります。クレジットカードやデビットカードで支払うことができます。クレジットカードで支払いの際には裏面に記載されている番号の下3桁または4桁がシークレット番号になります。

finish - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

支払い終了後、「successfully submitted」と表示されればプロセスは完了です。審査結果には数か月要します。PGWPビザは申請が完了した時点から就労することが可能になっているので、この時点より就労を開始することができます。

 

審査に要する目安期間はこちらで確認できます。

PGWPの就労場所の選択

PGWPは上記で述べたようにオープンワークパーミットであり、働く場所に制限はありません。しかし、永住権の取得を考えているかたは、永住権の申請に有利な職種で働くことをおすすめします。

 

せっかく就労ビザを手に入れて働くのに、ディッシュウォッシャーや日本食レストランのキッチン補佐では永住権申請のポイントに不利です。逆に接客業であるサーバーなどはポイント加算されるため、移民を考えている方は職場の選択も慎重に行うことをおすすめします。

PGWP取得に必要な学費

PGWPを取得するのに気になるのがいくらくらい費用がかかってくるかです。PGWPを取得するには大学に8か月から2年間通う訳ですからそれなりの学費は必要になります。学校らプログラムの種類、プログラムの期間によって変わってきますが、2年間で200万円ほど必要になると考えていたほうがいいでしょう。

 

しかし、カナダでは大学などのフルタイム授業(ESLは除く)に通っている生徒は就労許可証なしでも週20時間以内のアルバイトが認められています。そのため、学業期間中であってもその間の生活費は賄うことができます。PGWPを取得されたい方は事前にある程度貯金をしておくことをおすすめします。

カナダへの移民を考えるならPGWPが一番の近道

PGWPについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?PGWPは学費など初期費用がけっこうかかってしまうため、あきらめる方も多いと聞きます。しかし、カナダの永住権を取得したいのであれば、PGWPが一番の近道です。ぜひカナダへ永住するとるという夢をかなえてください。

 

カナダ留学やPGWPについて疑問点がある方はお気軽にお問い合わせください。

MihoInafuku e1562119001909 - カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖

ilsc vancouver city bike tour 28381214281 o e1578455600921 - 働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖
10497236 934662979894137 715117548704664318 o 27878717640 o 667x500 - 働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖
カナダには、語学学校と合わせてキャリアカレッジという専門学校が併設されている学校がたくさんあります。

 

ワーキングホリデーを使用したがもっとカナダに滞在したい、ビザが切れてしまうがお金がないため働けるビザがほしい、などカナダに長期滞在するにはビザが心配です。

 

キャリアカレッジで受けられるCO-OPプログラムでは、お金を稼ぎながら学校に通うことができますよ。ここではそんな便利なCO-OPプログラムについて徹底的にご紹介していきます。

CO-OPプログラムについて

CO-OPプログラムというものを聞いたことがあるがよく知らないという人を良く見かけます。とても便利なプログラムになるので、まずはCO-OPプログラムとは何なのかをご説明しますね。

CO-OPプログラムとは

CO-OPプログラムとは、学校で受ける授業とインターンシップと呼ばれる就労体験が組み合わされたプログラムになります。CO-OPプログラムは学生ビザと違い有給で働きながら勉強をすることができるため、収入を得ながらカナダに滞在する手段としても注目されてきています。

 

CO-OPプログラムの前半半分は学校での勉強となり、後半半分は有給でのインターンシップ(就労体験)となります。CO-OPプログラムを受講することで就労もでき、職場でのコミュニケション能力などを向上することができます。

ディプロマを取得できる

CO-OPプログラムを無事に全課程終了するとディプロマを取得することができます。ディプロマとは専門学校の卒業証明書となり、履歴書などに記載することができます。

 

CO-OPプログラムでは専門知識の習得だけでなく就業経験も積めるため、帰国後の日本での就職活動やキャリアアップにもつながります。

学生ビザとCO-OPビザの違い

カナダは学生ビザでは基本的に収入が見込めません。一方CO-OPプログラムでは、カリキュラムの半分が学校での授業期間となり、後半の半分は有給の就労期間となりフルタイムでの就業が可能です。

 

前半の授業期間中も週20時間の有給就労が認められているため、基本的に生活費を補うことができますよ。

 

入学に関して回数など特に制限はないため、ワーキングホリデーを使用した人でも、他のCO-OPプログラムを受講した人でも繰り返し使用することができます。

 

ただし入学試験の際に最低限の英語スキルが必要となるため、自信のない方は語学学校を短期間受けることもできますよ。

カナダの人気語学学校一覧

CO―OPビザの取得について

よくCO-OPビザという名前を聞くかもしれませんが、実際にはCO-OPビザという名前のビザは存在しません。CO-OPビザは学生ビザと就労ビザを合わせたビザになります。

 

カナダでの滞在ステータスは学生になり、学生ビザに付属して就労可能なビザを取得することになります。

CO-OPビザの取得方法

申請方法は普通の学生ビザとほぼ同じなので、特に複雑な手続きではありません。学校の申し込み後にビザの申請を行っていただき、CO-OPプログラムを受けるという申請を行うと学生ビザと共に就労ビザも取得することができます。

 

初めから学生ビザと就労ビザの両方が取得できることもあれば、最初は学生ビザだけが下りCO-OP期間が近づけば就労ビザの申請を行う場合もあります。手続きは複雑ではないので安心してください。

 

ラララカナダで学校をお申し込みの方には、ビザ申請もサポートさせていただいております。

ラララ・カナダで申し込むメリット

人気のCO-OPプログラムを紹介

専門学校となるCO-OPプログラムにはビジネスやホスピタリティからITなど様々な専門コースが設けられています。ここではどのような専門コースがあるのかご紹介させていただきますのでコースを選ぶ際の参考にしてください。

ビジネス

会社のマネージメントやマーケティング、人事管理、財務などビジネスパーソンとしての知識を幅広く学びます。管理職として必要な専門知識も合わせて学ぶことができます。

ビジネスを学べる専門学校一覧

ホスピタリティ、ツーリズム

主に接客に対する仕事に関して学ぶことができます。ホテルや飲食店の仕組みや必要知識から管理職に必要なマネージメントについても学びます。セールスや会計など幅広い知識を得ることができます。

ホスピタリティを学べる専門学校一覧

IT

サイバーセキュリティやデータアナリストなどIT関連の専門知識を学ぶことができます。手に職をつけたい方やIT関連の仕事に関わりたい方におすすめです。

ウェブデザイン

ウェブデザインに関する専門知識と技術を学びます。HTML, Java, iOS Android, イラストレーターなどについて学ぶことができます。作成する課題をそのままポートフォリオ(自分の作品集)として就職先を選ぶ際に使用できます。

その他

紹介したコース以外にも医療事務やマーケティング、貿易などを取り扱っている学校もあります。

CO-OPプログラムの期間

CO-OPプログラムの期間は基本的に1年間以上のプログラムが主になります。しかし、学校によっては6か月と短い期間で受講できるコースを設けてるところもあるので自分にあったコースを選ぶことができます。

 

どのプランも前半半分は学校での授業となり、後半半分は有給就業であるインターンシップ期間となります。最も短いコースは3か月+3か月の計6か月プランです。

 

その他にも4か月+4か月の計8か月プランや6か月+6か月の計1年間のプランがあります。長いコースでは1年間+1年間の計2年間のプランもあります。

 

学校によっては2年のCO-OPプラン終了後に3年間の就労を補助してくれる場合もあります。

 

長期的にカナダに移住を考えている方は、コース終了後に就労ビザの補助を行ってくれる会社の斡旋を行っているかなどもプログラムを選ぶ際に考慮しておくことをおすすめします。

CO-OPプログラムのカリキュラム

CO-OPプログラムの一般的な情報についてご説明しましたが、ここでは実際に学校でどのような課題がでるのかを詳しくお伝えしていきますね。専門科や学校によって多少変わることがあります。

クイズ(小テスト)

日々の授業で習ったことに関する復習のテストが宿題として提出される場合があります。基本的にはテキストブックにのっている簡単なクイズで復習をメインとしています。

テスト

1か月毎にその項目の総復習テストが行われます。100問を超えるテストとなっており、基本的に70%以上クリアしないとコースの終了が認められません。学校によってはプレゼンテーションとライティングなどのスコアでカバーできるところもあります。

プレゼンテーション

決められたグループで学んだことを総合し、復習をかねてデモンストレーションが行われます。クラス全員の前で英語でデモンストレーションを行うことにより、知識を自分のものにできます。ビジネスの場でも物おじせず英語でスピーチを行えるほど自信がつく授業です。

ライティング

各コースで学んだ知識を決められた題材に沿って論文を書きます。英語でのグラマーはもちろんのこと、学校で学んだ知識を組み入れて行います。引用などが必要となり、大変な課題ですが、専門知識と英語力が各段に伸びます。

CO-OPプログラムの受講料

選ぶCO-OPプログラムや学校によって必要な学費は変わってきます。ホスピタリティやビジネスコースは比較的安い値段で受講することが可能です。

 

また一方で、ITやウェブデザインなどの専門性の高いコースは長期間となり、値段が高めになってきます。

 

自分のやりたいことと予算を合わせて考えておくことがCO-OPプログラムの成功につながってきます。学校によって費用は変わってきますが、ここでは大体のコースの料金の目安をご紹介していきます。

ビジネスコース

12カ月

項目 費用
学費 $8,995
教材費 $850
入学金 $350
合計 $10,195

ホスピタリティコース

8カ月

項目 費用
学費 $6,495
教材費 $450
入学金 $350
合計 $7,295

12カ月

項目 費用
学費 $8,995
教材費 $650
入学金 $350
合計 $9,995

24カ月

項目 費用
学費 $15,995
教材費 $1,100
入学金 $350
合計 $17,445

ウェブデザインコース

24カ月

項目 費用
学費 $15,995
教材費 $1,200
入学金 $250
合計 $17,445

ITコース

24カ月

項目 費用
学費 $15,995
教材費 $1,000
入学金 $250
合計 $17,245

意外と高くないCO-OP留学に必要な費用

学校のプログラム費用について説明しましたが、学費だけでもかなりの金額になってしまうため、お金が足りるか心配になります。しかし、CO-OPプログラムの利点は学校に行きながら有給で働けることにあります。

 

ここではおおまかな収入と支出を紹介していきます。どれくらいの費用を予算として準備をしておくかなどの参考にしてみてください。

学業期間中の収入は$800/月

カナダの最低賃金は1時間でCAD$11. 06になります。CO-OPプログラムの前半の学習中は週に20時間までの就労が許可されてます。

 

そのため、月に最大80時間働け、11.06×80=884.8となり、CAD$800/月ほど稼ぐことができます

 

また、これは最低賃金として換算しているため、レストランなどのウェイトレス(サーバー)として働くと別にチップが入ってくるため、日々の生活費は賄えると考えてよいでしょう。

 

カナダでの1か月の生活費は家賃にもよりますが、CAD$1,000ほどを目安に考えて頂ければよいでしょう。

CO-OP期間中の収入は$1,600/月

CO-OP期間中はフルタイム、週40時間働くことができます。そのため、単純に学業期間中の倍の収入が見込めます。

 

そのためCO-OP期間中は最低でもCAD$1600/月ほどは収入が見込め、貯金も行えます。基本的に学費で使用した分が半分ほど賄えると考えていただければよいでしょう。

 

ITやウェブデザインなどは就職場所によってさらに収入が見込めます。そう考えるとCO-OPでのカナダ滞在には最初にまとまったお金がいりますが、CO-OPで収入が見込めるので結果的にはお金はそれほどかかってきません。

CO-OPでの就労場所

CO-OP期間中の就労場所は基本的に自分で探すことになります。学校によっては就労場所を探すアドバイスや斡旋を行ってくれるところもあります。

 

学業期間中は働く場所は特に制限はありません。しかし、CO-OP期間中はインターンシップとなるので、選んだコースの専門知識が生かせる仕事を選ぶ必要があります。

 

特にこだわりがなければホスピタリティがおすすめです。接客業であればレストランやカフェなど多くの職業の中から選ぶことができます。

 

学業期間中に働いている場所をCO-OPのインターンシップとして切り替えることもできるので、早めにインターンシップ先を決めておくことをおすすめします。

CO-OPプログラム受講におすすめの学校紹介

ここではキャリアカレッジのCO-OPプログラムを行っているカナダのおすすめの学校をご紹介していきます。学校を選ぶ際の参考にしてください。

ILSC

ILSCにはグレイストンカレッジのCO-OPプログラムがあります。ILSCのグレイストンカレッジにはビジネスをはじめ、ホスピタリティからTESOL英語教授法まで様々なプログラムが選べるのが特徴です。

 

グレイストンカレッジのCO-OPプログラムは、24週間から36週間とやや長めのプログラムとなっています。初級のプログラムから上級の国際ビジネスマネジメントまで幅広いバリエーションがあるので、自分の理想のプログラムが見つかるでしょう。

ILSC バンクーバー校

ILAC International College(ILACIC)

ILACICはカナダで人気のある語学学校のILACに併設されているキャリアカレッジになります。語学学校に併設されているため、語学学校で英語力をつけてからキャリアカレッジに進むこともできますよ。ILACICの特徴は何と言っても学費の安さでしょう。

 

入学条件を満たした方には学費の割引が適用され、最大CAD$4,000のディスカウントを受けることができます。学費を抑えたい方には必見の学校です。

 

入学条件のテストもIELTSやTOEFLを受けていなくても学校のオンラインテストを受講することができるので、わざわざIELTSなどの試験を受ける必要がありません。

ILAC(インターナショナル・ランゲージ・アカデミー・オブ・カナダ・バンクーバー)

SSLC

SSLCは2017年に設立された学校になります。カナダで歴史や実績のあった人気の語学学校が5校合併してできた学校であり、それぞれの学校の良いところを集めて新しくできた学校になります。

 

カレッジや大学進学にも力を入れているのが特徴です。ビジネスやチャイルドケア、看護や貿易など幅広いコースが準備されているので、自分の興味のあるコースがきっと見つかるでしょう。

 

英語を学ぶだけでなく、実際のビジネスシーンで使用する専門的な知識と英語が身に付きます。

SSLC ビクトリア校(スプロット・ショー・ランゲージ・カレッジ)

SGIC

SGICはインターンに特に力を入れている学校になります。短期間でビジネス英語をマスター合いたい方向けにESLとカレッジとCO-OPがセットになったコースがあり、人気を集めています。

 

特にビジネスコースに力を入れており、ビジネス英語をマスターしたいならSGICと言われるほどです。少人数制のクラスなので英語を話す機会が増え、リラックスした雰囲気の校風の学校になります。

SGICトロント校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

カナダのCO-OPプログラムで専門知識を学んでみよう

カナダのCO-OPプログラムについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

CO-OPプログラムは就労もでき、なおかつ専門知識についても学べるおすすめのプログラムです。自身のキャリアアップにもつながるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

 

カナダ留学についてのご質問がある方はお気軽にお問い合わせください。

20200203 113240 e1580714249249 - 働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖

佐野まさみ

語学学校では一般英語コースを受講。バリスタとして働きながら、バンクーバーで1年間ワーキングホリデーをしました。オーストラリアのTAFEへの交換留学も経験していますので、カナダとオーストラリアの違いもご紹介できます。

カウンセラーに質問

モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

montreal 3399001 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

 

英語学習を目的とした留学には滞在先選びが重要です。さまざまな留学先の中でも、カナダは英語の発音が美しく、さらに治安や環境の良さから安心して留学ができるため日本人に人気があります。バンクーバーやトロントに続いて人気の都市といえば、「北米のパリ」とも言われるケベック州モントリオールです。

 

トロントに次いで第2位の経済規模を誇る大都市ですが、モントリオールを発見・開拓したのがフランス人であったという歴史的背景から、ヨーロッパ風情ただよう建造物が残る美しい街並みが特徴的です。多様な文化に触れられるモントリオールには、世界各国から観光や留学で多くの人々が訪れます。

 

ケベック州の公用語はフランス語とされていますが、カナダの他州では公用語を英語とフランス語の2つと定められているため、モントリオールではほとんどの人が英語とフランス語両方を話せるバイリンガルです。モントリオール留学では英語はもちろん、日常的にフランス語にも触れながらマルチな語学力を得られます。今回は美しい街と多様な文化に触れながら、充実した留学生活を送れるモントリオールにスポットを当ててご紹介します。

モントリオールの基本情報

montreal 272629 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

モントリオールの面積と人口

ケベック州に属するモントリオールは、カナダの東海岸側を流れるセントローレンス川と オタワ川の合流点に位置する川中島で、人口や経済規模はカナダ最大であるトロントに次ぐ大都市です。面積は約400平方キロメートル、人口はケベック州で第1位の約380万人のスケールを誇ります。

モントリオールの地区・エリア情報

モントリオールは大都市として経済発展をとげながらも、旧植民地時代から続くヨーロッパ調のレトロな建造物が並ぶ美しい街です。郊外は山や川などの自然に溢れており、中心地では街の雰囲気を感じられ、少し足を延ばすとカナダらしい大自然にも触れられます。

モントリオールの物価

モントリオールはトロントに次ぐ2番目の大都市ですが、物価や交通費、家賃が安いため留学生にとって過ごしやすい街です。カナダでは、州ごとに消費税を定めるため物価水準が異なります。モントリオールでは「国税」と「州税」の2つの消費税を払う必要があり、消費税率は合計14.975%です。日本と比べると高く感じますが、食品や薬品、電気代などの生活必需品は非課税のため、これらにかかる費用を抑えられます。

 

交通費の安さもモントリオールの特徴です。バスと地下鉄の定期には割引があり、1週間で26.25ドル、1ヶ月で85ドル、4ヶ月で199ドル(1ヶ月あたり約50ドル)です。トロントのバス・地下鉄の定期は1ヶ月146ドルかかるため、交通費をトロントと比べて3分の1程度に抑えられるでしょう。
また、家賃はルームシェアで月300ドルから見つかり、バンクーバーだと月700カナダドル以上かかる点と比べても生活コストを大幅に抑えて滞在できます。
以上の理由からモントリオールは物価が安いため、語学学校以外にかかる費用を大きく抑えて留学ができる都市だと言えるでしょう。

モントリオールの気候

モントリオールには日本と同じく四季があります。5月から9月末までは暖かい気候が続き、さまざまなイベントが催されます。7月と8月は日本の夏のように蒸し暑く、30度を超える日もあります。10月末からは雪が降り、4月末までの厳しい冬が始まります。マイナス20度を下回る日もあるためしっかりとした防寒対策が必要となります。

モントリオールの公用語

モントリオールはフランスの植民地であった歴史的背景から、フランス語が公用語です。街中の看板はフランス語表記が多く、英語圏のカナダにいながらもヨーロッパの雰囲気を感じられます。

 

カナダ全体では英語とフランス語を公用語とする州が多いため、モントリオール住民の90%は英語とフランス語を流暢に使いこなすバイリンガルです。街中やお店でフランス語で話しかけられても、英語で返事をすれば英語に切り替えてくれるので不便に感じることはありません。

日本からモントリオールへの移動

日本とモントリオール間の移動は直行便で約12時間ほどで到着します。乗り継ぎ便の場合は、カナダかアメリカの都市を経由します。カナダ経由の場合はトロントかバンクーバー、アメリカ経由の場合はシカゴやダラスなどが乗り換え都市です。カナダ経由は入国審査が一度で済むため楽で、アメリカ経由はカナダ経由よりも航空券が安いですが入国審査を2度行う手間がかかります。

モントリオール留学が人気の理由

montreal 725300 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

人気の理由(1)英語とフランス語が同時に学べる

英語とフランス語のバイリンガル率が高いモントリオールでは、英語とフランス語を同時に学べます。街の看板や標識こそフランス語ですが、そこに住む人々は英語も話せるため、こちらが英語を使えば英語で返してくれます。

 

カナダが留学先として人気な理由のひとつが「英語のなまりが少なく、発音が美しい」という点ですが、モントリオールのカナディアンも例にもれません。英語だけでなくフランス語も身に付けたい、という留学生にはぴったりの環境であるといえます。

人気の理由(2)ヨーロッパ調の街並み

ダウンタウンの中心部は高層ビルが建ちならびますが、すこし外れるだけで石造りの建物や石畳が続く道などヨーロッパ調の街並みに出会えます。モントリオールは「北米のパリ」と言われ、世界各国から足を運ぶ人が後をたたない魅力にあふれる人気都市なのです。

人気の理由(3)日本人が少なく英語漬けになれる

カナダ留学ではバンクーバーとトロントに留学生の人気が集中しているため、語学学校の日本人も街中ですれ違う日本人いずれの比率もとても多いです。バンクーバーの語学学校では教室の半分以上が日本人、というケースも珍しくありあせん。せっかく英語を学びにカナダに行くのですから、日本語漬けになるのだけは避けたいものです。

 

モントリオールは日本人が少ないため、語学学校内はもちろん、一歩街の外に出ても英語を使うため英語漬けの環境が整っています。他の都市と比べて英語の上達が早い点もモントリオール留学が人気である理由のひとつです。

モントリオール留学のメリット

palace 2656978 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(1)英語とフランス語以外の言語も学べる

さまざまな国の人が訪れるモントリオールでは、英語とフランス語以外の言語を耳にする機会も多いです。語学学校にはアジアやヨーロッパ、中南米など世界各国から留学生が集まり、第一言語が中国語やスペイン語、イタリア語などの留学生と友達になれます。

 

また、移民が多い都市であることからイタリアやドイツ、スペインなどにルーツをもつカナディアンも多く、英仏のバイリンガルだけでなくトライリンガルも一般的です。語学学校では英語をメインに学び、学校外では英語以外のコミュニケーション手段を伸ばせるチャンスを作れるのはモントリオール留学ならではの楽しみ方のひとつです。

メリット(2)現地のカナダ人も語学学校に通っている

モントリオールのなかでも郊外に近づくと、カナダ人でもフランス語を第一言語とする人が多くなります。カナダの他州で働くには英語が必要になるため、現地に住むカナディアンが語学学校へ英語を学びに行くことがよくあります。バンクーバーやトロントの語学学校ではカナディアンが学びにくることは滅多にありません。しかしモントリオールならカナディアンと一緒に英語を学び、さらに友達になれるのです。

メリット(3)治安がいい

カナダは全体として治安がいい国ですが、モントリオールは特に治安がいい街として知られています。アメリカの国境近くに位置しながらも厳しい銃規制が定められており、発砲事件などもほとんど起こりません。

 

夜道や人ごみこそ注意する必要がありますが、基本的には日本と同じように安心して生活できます。日本とは法も文化も異なる街ですが、治安がよく安心して語学留学生活を送れます。

メリット(4)物価が安い

モントリオールは他の大都市と比べて、物価が安く住みやすいと言われています。物価が安い要因は「消費税の非課税枠」、「交通費と家賃の安さ」です。消費税こそ14%を超えますが、食品や薬品などの生活必需品、光熱費は非課税です。

 

交通費は同じ大都市のトロントと比べて、バス・地下鉄の定期が1ヶ月あたり3分の1以下で購入できます。家賃も1ヶ月あたり300ドルから部屋が見つかり、バンクーバーやトロントの相場と比べて半分程度に抑えられます。留学には莫大なお金がかかるため、それ以外の出費を抑えたい留学生にとって最適な都市だといえます。

メリット(5)観光やアウドドアを楽しめるスポットが豊か

モントリオールは見どころが多く、世界中から観光客が訪れる街です。歴史的建造物が多くみられ、北米で最大のカトリック聖堂であるノートルダム大聖堂、ケベック州で最大のカトリック教会・サン・ジョセフ礼拝堂は毎日のように観光客が訪れる地としても有名です。旧市街の街並みも夜には表情を変え、レトロな街灯が美しい街を幻想的に照らしだします。

 

街歩きだけではなく、郊外に足を伸ばせばカナダの醍醐味であるアウトドアも満喫できます。ローレンシャン山地では夏にキャンプ、冬はスキーが楽しめ、気軽に大自然と触れ合う機会を作れます。英語の学習だけでなく観光やアウトドアも楽しみたい留学生にとって大きなメリットだといえるでしょう。

メリット(6)人々が暖かく、留学生の受け入れに慣れている

モントリオールはフランス語と英語の両方が話される都市ゆえ、カナダの中でも特に多民族が集まります。ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジアなど世界中から留学生や移民が集まるため、モントリオールに住む人々は自国民以外の文化を理解して受け入れてくれます。たとえこちらがつたない英語で話しても、語学を学ぶ留学生の姿勢を尊重して耳を傾け、コミュニケーションを取ってくれるでしょう。

メリット(7)芸術の街・モントリオールは語学以外の教養が身につく

シルク・ドゥ・ソレイユ発祥の地であるモントリオールは、芸術の街としても有名です。古くから芸術の分野に明るく、カナダ最古のモントリオール美術館には古代エジプトから中世ヨーロッパ美術、現代アートまで、のべ3万点以上ものコレクションが展示されています。

 

その他にも充実した施設が多いモントリオールでは語学以外の教養が身につき、さまざまな知識を蓄えられるでしょう。

メリット(8)教育の質が高く、学校の選択肢が豊富

モントリオールは北米有数の大学都市としても有名です。モントリオール大学、ケベック大学などの総合大学にはその教育の質の高さから世界各国の留学生が集まります。AI研究が盛んな都市でもあり、モントリオールは「AI研究のハブ」とも言われています。

 

教育に熱を注ぐモントリオールは語学学校の講師やカリキュラムの質も高く、学校数も豊富です。選択肢が多いため、自分にぴったりな語学学校を選べるでしょう。 

メリット(9)エンターテイメントが盛ん

モントリオールはエンターテイメントやスポーツも盛んな街です。F1グランプリやプロテニスのロジャーズカップ、モントリオール国際ジャズフェスティバル、モントリオール国際映画祭などの世界的にも有名なイベントが開催されます。

 

モントリオールは冬の寒さが厳しいため、夏の間には街のいたるところで開催されているイベントを目にできます。インターナショナルなイベントに参加できる点も、モントリオール留学ならではのメリットです。

メリット(10)アメリカ旅行やヨーロッパ旅行へ行きやすい(ニューヨークやボストン)

モントリオールはアメリカの国境に近く、アメリカ各都市へのアクセスがしやすいです。週末にニューヨークへ野球観戦に行ったり、ミュージカルを楽しみにいったりという過ごし方が叶えられます。ヨーロッパへのフライトも多いため、交通の便のよさから旅行好きな方にもおすすめな都市です。

モントリオール留学のデメリット

montreal 1644673 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

デメリット(1)英語環境のみを求める人には不向き

公用語がフランス語のモントリオールでは、地下鉄のアナウンスや案内板がフランス語表記です。現地人のほとんどが英語とフランス語のバイリンガルで、英語のみでも十分生活できますが英語だけを集中して学びたい人にとっては過ごしづらさを感じるしょう。

デメリット(2)冬の寒さが厳しい

年間の寒暖差が激しく、冬場はマイナス20度を超える日があります。早ければ10月末から雪が降り始め、4月までは街じゅうに銀世界が拡がります。防寒対策をしっかりとしなければ体調を崩してしまうため注意が必要です。

デメリット(3)仕事を見つけるにはフランス語の語学力も必要

就労ビザを所得して現地で働く体験ができますが、レストランのメニューがフランス語表記だったり、フランス語を第一言語とする人とも接したりするため、英語に加えて一定のフランス語の語学力も求められます。しかし、英語圏にいながらもフランス語を学びながら働く経験ができる点はモントリオールならではの魅力といえるでしょう。

デメリット(4)旅行者立ち入り禁止エリアがある

モントリオールには軍事施設や行政管轄区域などの旅行者立ち入り禁止エリアが存在します。うっかり立ち入ってしまうと厳しく罰され、留学生活に影響を及ぼす可能性があります。事前に自分が行こうとしている先に立ち入り禁止エリアはないか調べ、十分に注意しましょう。

デメリット(5)アジア人が少ない

バンクーバーやトロントはアジアからの留学生や旅行客、移民が多く語学学校や街でも頻繁にすれ違います。しかしモントリオールはヨーロッパ圏からの流入が多いため、アジア人の比率が少ないです。

 

スーパーマーケットでアジア系の食材を入手するのに苦労するため、調味料や食材などは日本から持ち込むか、日本に住む家族に国際便で届けてもらう必要があります。

モントリオール留学はこんな方におすすめ

travel 1602717 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
今回はモントリオール留学の特徴やメリット、デメリットについてご紹介しました。

 

  • ・英語とフランス語の両方を学びたい
  • ・日本人が少ない環境で集中して英語を学びたい
  • ・パリのような美しい街並みのなかで生活してみたい
  • ・費用を抑えながら留学したい
  • ・芸術やエンターテイメントも満喫したい

 

こうした考えをお持ちの方にとって、モントリオールはぴったりな留学先のひとつになるでしょう。

モントリオールでの滞在方法

montreal 298422 640 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
他州と比べて家賃相場が安いモントリオール。最後に滞在方法についてご紹介します。

滞在方法としてよく選ばれるのは「ホームステイ」「ルームシェア」「一人暮らし」の3つです。

ホームステイ

「留学といえばホームステイ」というほど、ホームステイは代表的な滞在方法のひとつです。ホストファミリーと生活を共にするため、慣れない海外生活が不安な方でも安心です。
モントリオールでのホームステイの場合、フランス語のみを話す家庭に配属される場合があり、英語中心の学習をしたい場合は注意しましょう。
ホームステイはシェアハウスと比較して家賃が高い傾向にあります。費用を抑えて留学したい方にはベストな選択肢ではないかもしれません。

ルームシェア

ルームシェアは、ひとつの家をハウスメイトとシェアをする暮らしかたです。モントリオールでは家賃相場が安く、自分のことは自分で行う生活スタイルのためホームステイより費用を抑えられます。国籍が異なる他人と生活するため、文化の違いや家事分担のルールなどで自由度が低くなる点は注意したいところです。

一人暮らし

一人暮らしは家事分担や門限などのルールを決める必要がないため、自分のペースで自由な生活がしたい方には適しているといえるでしょう。しかし、家賃をすべて自分で負担するので費用はシェアハウスよりも高くなります。一人暮らしの家賃相場もシェアハウス同様に安く、他州では高くて叶えられない一人暮らしもモントリオールなら叶えやすい点は魅力です。

このように滞在方法にも種類があり、それぞれメリットとデメリットを併せ持っています。家賃の安さから自分にあった方法を選びやすいため、立地や費用、自由度の高さなど、どこを重視したいのか基準を決めた上で検討するのをおすすめします。

20190702 130102 1 e1563997913675 - モントリオール留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

edmonton 3481792 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

 

カナダの留学先といえばバンクーバートロントが人気ですが、エドモントンも穴場の留学スポットです。大都市に比べて知名度が低くまだメジャーではありませんが、実はカナダで最も早くから留学生を受け入れている州であり、街をあげて教育へ大きな力を注いでいるなど、留学先として最適な条件が揃っている土地なのです。そこで今回はエドモントン留学について、メリット・デメリットを含めた完全情報ガイドをお届けします。カナダへの留学を検討中の方は是非参考にしてみてください。

エドモントンの基本情報

dji 2572410 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

エドモントンの面積と人口

エドモントンの面積は日本のおよそ1.8倍の684 km²ほどです。人口は約81万人で、カナダの州都としてはトロントに次ぐ第2位の人口規模を誇ります。

エドモントンの地区・エリア情報

エドモントンはアルバータ州の州都でありカナダで6番目の大都市です。年間30を超えるイベントが開催されるため「フェスティバル・シティ」と呼ばれており、街では年間を通して多種多様な催しが開かれています。

エドモントンの物価

留学先として人気のバンクーバーは消費税12%、トロントは13%であるのに対し、エドモントンの消費税は5%です。そのためカナダの他の都市に比べて滞在にかかるコストを抑えることができます。日本の都心での生活費より少し安いくらいの目安でしょう。

エドモントンの気候

エドモントンは夏と冬の気温差が大きい地域。夏の間は晴天が多く、平均気温17℃と過ごしやすい気候です。ただ、朝晩は冷え込むので気温差には注意が必要です。一方、冬の時期は寒さが厳しく、真冬は最大でマイナス40°C前後まで気温が下がります。日本で売っているコートでは寒さに太刀打ちできないため、コートは現地で調達するのがいいでしょう。

エドモントンの公用語

エドモントンがあるアルバータ州の公用語は英語です。移民が少ないため、現地人が話す英語に訛りはありません。

日本からエドモントンへの移動

日本からエドモントンへの直行便はなく、日本から直行便が出ているバンクーバーから国内線に乗り継ぐのが最もスタンダードなアクセス方法です。バンクーバーからエドモントンまではおよそ1時間半。また、アメリカ西海岸の各都市からもフライトが出ている他、長距離バスの運行もあります。

エドモントン留学が人気の理由

canada 4105137 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

人気の理由(1)日本人が少ない環境で英語を学べる

より英語漬けの環境に身を置くことができるため、留学先の日本人の数は少ないに越したことはありません。よっぽど意志の強い人でない限り、海外では異国の地にいる不安からどうしても母国の人とつるんでしまいがちです。その点、エドモントンは大都市に比べて日本人が少ないため、英語学習にはもってこいの環境であると言えるでしょう。また、語学学校だけでなく街中で日本人に会う確率も低いため、より日常的に活きた英語を使う機会が多くなります。そのため、ガッツリ英語環境に身を置きたいという人にとってはぴったりの留学先です。

人気の理由(2)カナダで最も教育に力を注いでいる街の1つ

エドモントン学区は世界基準で教育レベルが高いと言われており、アルバータ州の高校卒業の資格は世界中の教育機関で通用する入学資格として扱われています。小学校から高校までで学校数は200校以上、更には世界大学ランキングトップ100に入る名門のアルバータ大学もあるなど、街全体が教育に力を入れています。また、アルバータ州はカナダの州として最も早い1995年から留学生の受け入れをしており、留学生を受け入れる環境も整っています。高水準な教育を受けることができるのもエドモントンの魅力のひとつです。

人気の理由(3)北米最大のショッピングセンターで冬でも遊べる

エドモントンには北米最大のショッピングセンター「ウェスト・エドモントン・モール」があります。およそ800店舗ものお店が入っており、買い物は全てこのショッピングセンターで完結することができます。また、モール内には遊園地・ホテル・映画館・プールやミニゴルフまであり、一日では回りきれない充実ぶりです。エドモントンの冬は寒さが厳しく外出するのが億劫になりがちですが、ひとたび「ウェスト・エドモントン・モール」に足を踏み入れれば、冬の寒さも関係なく楽しむことができます。

エドモントン留学のメリット

edmonton 77803 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(1)フェスティバルが多いので楽しめる

エドモントンは「フェスティバル・シティ」と呼ばれるほどイベントが多いことで有名です。世界中から観光客が集まる食の祭典「テイスト・オブ・エドモントン」を始めとして、音楽・映画・カウボーイ・氷彫刻など様々なジャンルのイベントが年間30以上も開催されます。海外に留学にきたからには座学だけでなくその土地の文化を知ることも大事な勉強。フェスティバルを通して異文化体験を出来ることもエドモントン留学のメリットのひとつです。

メリット(2)エンターテイメントが充実している

映画館・遊園地・プールまで完備した北米最大のショッピングセンター「ウェスト・エドモントン・モール」だけでなく、博物館や美術館、劇場など、娯楽や芸術を楽しむことができる施設が多く存在しています。また、レストランやバー・クラブが集まる通りもあり、ナイトライフも充実しています。昼も夜もエンターテイメントを楽しむことができるスポットがたくさんあり、勉強だけでなく遊びも全力で楽しむことができます。

メリット(3)自然と動物に囲まれたのどかな環境

18世紀から19世紀のカナダの生活風景が再現されている歴史公園「フォート・エドモントン・パーク」を始めとして、たくさんの公園があるエドモントン。ひとつひとつの公園の敷地もとても広く、緑に囲まれています。車で1時間弱の場所には野生動物保護区である国立公園もあり、自然と動物を身近に感じることができる環境です。その他にも植物園や渓谷もあり、自然と共存しているのどかな街です。

メリット(4)カナダの中でも特に治安がいい

全体的に治安がいいと言われるカナダですが、アルバータ州にあるセント・アルバータはもっとも住みたい街としてカナダの中で人気を博している富裕層の街です。そのセント・アルバータに隣接するエドモントンも、治安がいい場所として有名です。旅行ではなくある程度の期間生活をする場所になるため、現地の治安は留学先を決めるに当たって最も重要となる要素のひとつとなります。その点エドモントンでは留学生でも安心して過ごすことができるでしょう。

メリット(5)ウィンタースポーツが楽しめる

エドモントンの冬の寒さは厳しいですが、その分ウィンタースポーツが非常に盛んです。
スキー、スノーボード、クロスカントリースキーなどは地元の丘陵でできますし、世界遺産のカナディアンロッキー山脈まで足を延ばせば雄大な山で滑ることもできます。また、雪に覆われた森をトレッキングするコースもあり、防寒対策をきちんとすれば冬ならではのスポーツを楽しむことがあります。

メリット(6)費用が抑えられる

バンクーバーやトロントなどに比べて消費税が半分以下であることに加え、家賃も大都市に比べて安価であるため、留学にかかる全体の費用を抑えることができます。また、多くの市民の交通手段である市営のバスと電車は、約$3で90分間乗り放題というシステムなので、普段の交通費もあまりかからないでしょう。

メリット(7)スポーツ観戦が盛ん

エドモントンはスポーツ観戦が好きな人にとっては堪らない場所です。アイスホッケー・フットボール・野球・サッカー・ラグビーなど多くのスポーツを観戦することができます。スポーツをやるのが苦手な人でも観戦という形で参加して楽しむことができます。

メリット(8)訛りのない英語を学ぶことができる

移民が多いカナダですが、エドモントンは人口のうちおよそ65%が白人で移民が少ないため、訛りのある英語を話す人がほとんどいません。そのため、学校の先生や地元の人と会話するときは綺麗な英語に触れることができます。留学先によってその地の訛りが気になるという声はよく聞かれますが、エドモントンに関してはその点について心配する必要はないでしょう。

メリット(9)他の都市へのアクセスが良い

エドモントンは長距離バスのグレイハウンドの運行があるため、カナダの他都市へのアクセスも便利です。カルガリー・ジャスパーなどの主要都市を始めとして複数の都市と連絡しており、車を持っていなくても移動に困ることはあまりありません。また、アメリカ都市からのフライトの運航もあるため、国内のみならずアメリカとのアクセスも抜群です。

エドモントン留学のデメリット

edmonton 90597 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

デメリット(1)冬の寒さが厳しい

エドモントンの冬は極寒です。冬の間は雪に覆われており、気温も最大マイナス40℃まで下がります。日本の冬のコートでは寒さに耐えられないため、カナダの寒さに対応しているコートを現地調達した方がいいでしょう。また、年の半分は雪が積もっている状態のため、雪への対応も必要となります。

デメリット(2)語学学校の選択肢が少ない

カナダの州で初めて留学生を受け入れた地であるとはいえ、語学学校の数は多くはありません。また、学校の規模やプログラムの数も大都市に比べたら劣るところはあるでしょう。しかし逆にアットホームで先生や留学生同士との距離が近くなるというメリットもありますので、デメリットになるかメリットになるかは個人差があると言えるでしょう。

デメリット(3)大都市に比べると田舎である

北米最大のショッピングモールなど多くの娯楽施設はあるものの、やはり都会と比べると出かける場所は限られてきます。カナダの都心に滞在したことがある人や、長期間滞在している人の中には飽きてしまう人もいるようです。「生粋の都会っこで田舎暮らしは無理!」という人には物足りなく感じる可能性もあります。

デメリット(4)拙い英語に慣れていない人も多い

大都市は移民や留学生が多いため地元の人も拙い英語や訛りに慣れていますが、エドモントンは留学生が少ないぶん、英語のレベルが低いと伝わりづらいということもあります。地元の人たちも基本的にはカタコトの英語でも一生懸命理解してくれようとしますが、どうしても耳が慣れていないと伝わりづらいというハードルはあります。しかしめげずに積極的に話かけていけば勉強にもなりますので、心折れずにトライし続けましょう。

エドモントン留学はこんな方におすすめ

canadian rockies 1834849 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
エドモントンは自然とエンターテイメントが融合した街です。
北米最大のショッピングモールがある一方で、車で行ける距離に世界遺産のロッキー山脈や国立公園もあり、都会的な側面もありつつ大自然も満喫できる魅力的な地であると言えます。英語の勉強だけでなく自然や文化に触れる機会が多くありますので、

 

  • ・日本人が少ない環境でしっかり英語を学びたい
  • ・勉強と同じくらい娯楽やイベントも楽しみたい
  • ・のんびりした土地が合っている
  • ・治安のいい場所で安心して勉強したい

 

という方におすすめの留学先です。

エドモントンでの滞在方法

hospital 174924 640 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
最後にエドモントン留学での滞在方法についてご紹介します。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の好みや希望するライフスタイルに合わせて選択しましょう。

ホームステイ

留学の滞在方法として人気なのがホームステイ。現地の家族と一緒に暮らすためその土地の文化をダイレクトに感じることができますし、食事付きなのも嬉しいポイントです。一方で、シャワーの時間や家のルールなど気を遣うことが多いのも事実です。自分の性格やライフスタイルに合わせて選択するといいでしょう。

学生寮

留学先の語学学校や大学が学生寮を提供している場合もあります。同じ学校に通う留学生と生活を共にするため仲良くなりやすく、より活きた英語を身に着けることができるでしょう。一方で学生が多いとパーティーが頻繁に開かれることもあり、静かに生活をしたい人には向かないかもしれません。家賃は光熱費・水道代込で月6万円ほどが目安です。

一人暮らし・ルームシェア

ホームステイや学生寮などの用意された環境に住むのではなく、自分で家やシェアメイトを探す方法もあります。インターネットや友人のツテ、学校の掲示板などで募集していることがほとんどなので、条件が合いそうなところに自ら交渉するスタイルです。家の場所や住む人数によって異なりますが、ルームシェアであれば家賃の目安は月3万5千円~5万5千円ほどとなります。

MihoInafuku e1562119001909 - エドモントン留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

halifax 2370263 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

 

カナダに留学したい!そんな憧れを抱いている方は多いと思います。でも、カナダの中でもどの都市に留学するのか?決めるのはとても難しいですよね。そんなカナダの都市の中でも穴場的なスポット、ハリファックスという街があります。ハリファックスはなんとなく日本人がほっとする雰囲気を持つ素敵な港街で、あまり大きすぎないこの街は、勉強に非常に集中できる環境です。今回は、そんなカナダの中でもあまり知られていないハリファックス留学についてご紹介していきます。カナダ留学を考えているあなた、ぜひ一読してみて下さいね。

ハリファックスの基本情報

halifax 2380861 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

ハリファックスの面積と人口

ハリファックスは、カナダ東海岸のノバスコシア州の州都です。カナダで12番目の面積のノバスコシア州。その中でハリファックスは、人口約41万人の小さな街です。西端のハリファックス港に人口の40%が集中している人口密集型都市でもあります。

ハリファックス地区・エリア情報

ハリファックスは。カナダの大西洋岸で最大の中心都市として発展しており、文化や経済で他の街を牽引しています。ちなみに、1996年にハリファックス及び周辺都市を合併し、ハリファックス地域都市圏(HRM)になり、現在ハリファックスといえば、このHRMのことです。

 

ハリファックスの人口集中地帯はウォーターフロントのハリファックス港。かつて海運業で栄えてきたハリファックスは、カナダ東部の主要都市として重要な役割を担っています。

ハリファックスの物価

ハリファックスの物価は、カナダでは平均的です。日本の物価と比べてもそれほど大差なく過ごせます。大都市のバンクーバーなどに比べると少し安く感じますが、アパートなどの家賃は決して安くはなく、人気の場所は高めです。一方で、ハリファックスには多くの大学があり、学生はシェアルームなどで賢く安く生活しています。

ハリファックスの気候

ハリファックスの気候は、カナダの東海岸にあるので気候は温暖で過ごしやすいです。カナダといえば、冬はとにかく寒い!というイメージがありますが、ハリファックスの冬は少し穏やかです。もちろん、日本よりは雪が多く、一番寒い1月、2月では最低気温がマイナス10度ほどになります。夏は最高気温が25度ほどで湿気を感じることなく非常に快適、朝晩は長袖を用意するといいでしょう。

 

ハリファックスではスノーストームという雪の嵐がたまに見られます。スノーストームが来ると、街全体が本当に真っ白になり、交通機関等は止まります。天気予報などをチェックして学校の休講状況も確認しましょう。

ハリファックスの公用語

カナダ全体では、フランス語と英語が公用語となっていますが、ハリファックスの公用語は英語です。ハリファックスは近年留学先として人気の場所で、英語を学ぶとてもいい環境が揃っています。

日本からハリファックスへの移動

日本からハリファックスへの直行便はなく、乗り継ぎ便となります。カナダ国内のトロントなどの都市を経由、もしくはアメリカ経由が主です。所要時間は約12時間~14時間。料金は、シーズンによって変わってきますが、約12万円~15万円です。

ハリファックス留学が人気の理由

halifax 1972315 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

人気の理由(1)移民が少なくカナダ人と触れ合うことができる

ハリファックスは移民の割合が非常に少なく約10%以下です。移民大国のカナダの中で非常にレアな街。英語を第一言語にしている人の割合も高いので、綺麗な発音を日常的に聞くことができます。

人気の理由(2)冬でも比較的暖かく気候が穏やか

冬はマイナス20度、なんていうのが当たり前なカナダの中で、ハリファックスはカナダの東海岸にあり、冬の気温も最低がマイナス10度ほど。アメリカのニューヨークと同じくらいで、過ごしやすいと感じるでしょう。もちろん、冬に留学する場合は適した服装が必要ですが、室内はセントラルヒーティングの整備が整っているので、暖かいです。

人気の理由(3)アジア人がとにかく少ない

移民が少ないハリファックス、大学がたくさんあるので留学生も多いですが、全体的にアジア人は少ないという穴場的な街です。必然的にカナダ人と触れ合う機会も増えるので、英語力アップが望めますね。

ハリファックス留学のメリット

boat 1907620 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(1)日本人が少なく英語環境を作りやすい

ハリファックスはアジア人も少ないですが、日本人も少ない!留学先として日本では非常に人気のカナダの中で、これほど日本人が少ない街も珍しいです。日本語を使わず英語に打ち込みたい方にとても大きなメリットです。

メリット(2)英語の訛りが少ない

ハリファックスは生粋のカナダ人が90%以上というカナダでも珍しい街です。その為、学校外の生活では訛りの少ない英語に触れる機会が多くなるでしょう。積極的に外へでて、コミュニケーションをとると英会話力は飛躍的に伸びますよ。

メリット(3)大学やカレッジが多い

ハリファックスでは、セントメアリー大学やダルハウジー大学をはじめ、マウント・セイント・ビンセント大学、ノバスコシア・コミュニティカレッジなど、大学やカレッジが豊富にあります。将来を見据えて語学学校で学ぶこともできる上に、現地の学生や留学生も多い街なので、勉強のモチベーションもあがりますね。

メリット(4)街の人がとにかくフレンドリー

ハリファックスは田舎ではありませんが、大都会とは違った暖かい雰囲気が街から溢れています。移民は少ないですが、特に違和感なくすべての人に平等にフレンドリーな人が多いので、居心地がいい街です。すれ違った人と気軽に挨拶するなど、良い習慣はぜひ真似をしたいですね。

メリット(5)ウォーターフロントの景色を楽しめる

ハリファックスのウォーターフロントエリアには全長 3,8㎞の遊歩道があり、素晴らしい景色を満喫できます。博物館やビール工場、カジノ、夏には屋台など様々な催しもあり、穏やかで楽しいハリファックスを満喫できます。

 

また、ハリファックスはフェリーでもお出かけができる特別な場所です。ウォーターフロントから対岸の街ダートマスへ。ダートマスには大きなショッピングモールもあるので、天気のいい休日にはお出かけが楽しくなりそうです。

メリット(6)治安がいい

アットホームなハリファックスは治安も自慢です。日本人にとっても危ないと感じることはほとんどなく、快適に過ごせます。留学生にとって、安心して暮らせる場所というのはとても大事、貴重なものです。

メリット(7)ビーチを楽しめる

ハリファックスは港町。古くから海とはとても縁の深い街で、ハリファックスの近くであの有名なタイタニック号が沈没した、と言われています。そんなハリファックスではレイクビーチやビーチ、マリンスポーツを楽しむ場所がたくさんあります。ハリファックスのダウンタウンから車で30分ほどの距離にあるノバスコシア州の州立公園のローレンスタウンビーチは、サーフィンを楽しむ人も多いですよ。夏にはぜひお気に入りのビーチを見つけてみてくださいね。

メリット(8)留学生が多い

日本人は少ないですが、大学やコミュニティカレッジも多いので留学生は多いです。現地の学生もそうですが、違う国から同じ場所に来た仲間とはすばらしいものです。世界観が変わるほど、色々な友達ができますよ。

メリット(9)英語ができれば多様な求人

ハリファックスの求人は、とても多いということはないですが、現地の方と同じように留学生にもチャンスがあります。カナダの大都市のバンクーバーなどに比べてレストランやカフェなどのホスピタリティの求人は少なめで、今後のキャリアを積めるような求人に出会えることもあります。英語力を鍛えて、キャリアップを目指しましょう。

メリット(10)ダウンタウンを歩いて回れる便利な街

綺麗に舗装された道路など、田舎ではないハリファックスですが、街自体は小さいのでダウンタウン内は歩いて散策できる便利な街です。近い範囲で用事が済むので、便利で勉強に集中できる環境です。

 

ちなみにハリファックスの主な交通手段はバスとフェリー。バスとフェリーは1回90分で乗り換えができ、2,5ドル。10回券や定期券などもあるので経済的です。

ハリファックス留学のデメリット

halifax 1449199 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

デメリット(1)娯楽が少ない

ハリファックスは大都会ではないので、エンターテイメントの面では少な目です。
でも、天気のいい夏にはパレードやアトラクション、お祭りなども開催されるので、地域密着型のイベントをたくさん楽しみましょう。

デメリット(2)語学学校は少なめ

ハリファックスには大学、カレッジは多いのですが語学学校は少ないです。選択肢が少ないのがデメリットと言えるでしょう。その分、アットホームで小さい学校が多いので細かいケアは行き届いているので、しっかり学びたい方にはいい語学学校が揃っています。

デメリット(3)日本のものは手に入りづらい

ハリファックスに日本人は非常に少ないのは前述の通り。その分、日本のものは手に入りにくい、というデメリットもあります。日本のレストランや中華系のお店はあるので、食料などは工夫すれば日本の味が作れます。また、どうしても日本の必需品は留学に来る際に、多めに持参しましょう。その分、現地調達できるものは減らしておくといいでしょう。

デメリット(4)仕事を得るには一定の英語力が必要

前にもありますが、ハリファックスでの求人は、留学生でも現地の方と同等のチャンスがあります。外国人向け、日本人向けの求人ではないので、高い英語力は必要です。将来現地で仕事をしてみたいと思っている方は、英語力と専門スキルをしっかりと身につけておくといいでしょう。

ハリファックス留学はこんな方におすすめ

halifax 269624 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
さて、ここまでハリファックス留学の人気の理由やメリット・デメリットをご紹介してきました。なんとなくイメージを掴んで頂けたかと思います。それでは、ハリファックス留学に向いているのはどんな方か再度まとめてみていきましょう。

 

  • ・治安の良い場所で英語に集中したい
  • ・移民が少なく生粋のカナダ人が多いところで学びたい
  • ・気候がいいところに留学したい
  • ・大学の選択肢が多いところで学びたい

 

日本人が少ないというカナダの穴場的な街のハリファックスは、本当に集中して勉強したい!という方にぜひ選んで頂きたい街です。

ハリファックスでの滞在方法

architecture 1884570 640 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
最後にハリファックスでの滞在方法もご紹介していきましょう。滞在方法には、主に「ホームステイ」「ルームシェア」「一人暮らし」の3つとなります。

ホームステイ

はじめての留学ならホームステイ!が鉄板ですね。ホストファミリーと過ごす時間は、現地に溶け込む方法や文化を知る大変貴重な経験となるでしょう。食事付きなど、暮らしに便利なので、特に留学初心者の方向けです。

 

一方、慣れてくるとホームステイ料金は割高に感じたり、食事も友人達ととる機会が増えてくるでしょう。留学生活も少し長くなってくると、もっと自由な生活がしたい!と別の滞在方法に変える方が増えてきます。

ルームシェア

ハリファックスでは、現地の学生にも留学生にも最もポピュラーな滞在方法がルームシェアと言えます。比較的家賃の高いハリファックスでは、ルームシェアをするのが一般的です。シェアメイトに現地の学生も多いので、英語力のブラッシュアップに繋がりますよ。友人関係が広がる一方で、ルームシェアはプライバシーが少なくなるのが少し難点です。人によっては一人暮らしの方を選ぶ方もいます。

一人暮らし

一人暮らしは何より自由!が最大のメリットです。また共同生活では、掃除や料理、シャワーなどの順番など、小さなストレスも多いものです。一人暮らしならそんなストレスもなく、勉強したり仕事をしたりと自分のペースで生活できますね。家賃が高くなるので、食費などに気を付けて生活しましょう。

このように、滞在方法にもいい点、悪い点があります。自分の性格や費用や立地などを十分に検討して選んでみて下さいね。

20190702 130102 1 e1563997913675 - ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

canada 893534 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

オタワはバンクーバートロントに比べると知名度は低いですが、実はカナダの首都である主要都市です。知名度が高くないぶん日本人も少ないため、英語学習には最適な環境の穴場留学スポットであると言えます。しかし大都市に比べてまだ情報が少なく、留学先として選ぶには不安な面もあるという声もあるでしょう。そこで今回はメリット・デメリットを含め、オタワ留学についての情報完全ガイドをお届します。

オタワの基本情報

ottawa 1863754 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

オタワの面積と人口

オタワの面積はおよそ2,790 km²で、トロント・モントリオール・カルガリーに次ぐ4番目の人口である約81万人の人が暮らしています。難民の受け入れを積極的に行っていた背景などから、人口の約22%が他国籍であり、外国人にとっても住みやすい都市であると言えます。

オタワの地区・エリア情報

オタワ川を超えるとすぐにケベック州であることから、英語とフランス語のバイリンガルも多く、カナダ文化とフランス文化を融合した独特の雰囲気がある街です。季節ごとにフェスティバルが開催されるなど、イベントや四季をとても大切にしている都市です。

オタワの物価

バンクーバーやトロントなどと比べると比較的安く、東京で生活するのにかかる費用くらい、またはもう少し安いくらいの目安でいるといいでしょう。語学学校の学費は平均で1ヶ月あたり約10~12万円ほどです。生活費も含めると1ヶ月約25~40万円くらいの目安となります。

オタワの気候

オタワは年間を通しての気温差が非常に激しく、およそ-15℃から 27℃まで変動があります。5月~9月は過ごしやすい気候ですが、冬は極寒のため防寒着が必須です。また、湿気がないため、夏のあいだも朝晩や日陰では肌寒さを感じることもあります。

オタワの公用語

カナダは英語とフランス語が公用語です。特にオタワはフランス語が公用語であるケベック州の隣であることから、英語とフランス語のバイリンガルが多くいます。

日本からオタワへの移動

日本からオタワへの直行便の運航はありません。トロントやバンクーバーなど、カナダの主要都市から国内線の乗り継ぎでアクセスするのが一般的です。トロントからは飛行機で約1時間の距離です。

オタワ留学が人気の理由

ottawa 208904 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

人気の理由(1)カナダの首都であり歴史ある街

オタワはトロント、モントリオール、バンクーバーに次ぐ4番目に大きな都市です。1850年代にカナダの首都に選定されて以来150年かけて計画的に開発され、カナダ建国の歴史が詰まった街へと発展しました。国会議事堂や連邦最高裁判所、連邦政府の官庁ビルなどの政府機関が集まっている他、カナダを代表する博物館や美術館も多数あり、カナダの歴史・文化・政治が全てオタワに凝縮されていると言っても過言ではありません。また、オタワが起点であるリバー運河は世界遺産にも登録されています。そんな歴史と美しさが溢れるオタワは、英語学習だけでなくカナダという国を知るには最適の都市であると言えます。

人気の理由(2)治安が良く留学生も過ごしやすい

その治安のよさから留学先として人気のカナダですが、中でもオタワは日本と同じくらいとも言われるほどの治安のよさ。とはいえさすがに夜遅くの一人歩きや酔っ払いの多い週末などには外国であるという危機意識を持つべきですが、基本的にはとても平和な街です。そのため、積極的に交流の場に足を運ぶことができるのもメリットのひとつ。学校での勉強はもちろんのこと、現地の人と交流することも大事な英語学習です。夜の街へ繰り出して現地の人や他の留学生と交流するには、ぴったりの環境でしょう。

人気の理由(3)日本人が少なく英語の勉強にピッタリ

トロントやバンクーバーなどの人気都市は日本人留学生が集中しますが、オタワはまだ知名度が低いため語学学校の日本人率もおよそ10%ほどです。異国の地で過ごす不安感から、学校や近い環境に同じ国籍の人がいると多くの留学生が同じ国の人とつるんでしまいがちです。しかしそれではせっかく海を越えて英語を勉強しにきた意味がなくなってしまいます。その点オタワの日本人率であれば必然的に他の国の留学生と接することができるため、英語を話す機会も多くなります。また、街中で日本人を見かけることも少なく、普段の生活でも英語漬けとなるため、留学期間中は思いっきり英語に触れることができるのがオタワ留学の何よりの魅力であると言えるでしょう。

オタワ留学のメリット

canada 893530 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(1)日本人が少ないため英語環境に身を置きやすい

留学先は日本人が少なければ少ないほど、英語学習には最適です。日本語が通じて、同じ価値観を分かち合える日本人同士の方が楽だし安心することもたくさんあります。しかし留学にきたからには、あえて厳しい環境に自分の身を置く意識を持つことも大切です。オタワの語学学校の日本人率はおよそ10%と他の都市に比べて日本人が少ないため、ガッツリ英語環境に身を置いて勉強に専念することができます。

メリット(2)治安がいいため安心して過ごせる

全体的に治安がいいと言われるカナダですが、そのでもオタワの治安のよさは抜群です。犯罪率は日本よりは高いものの、海外にしては珍しく夜に一人で歩いていても問題ないと言われるほどです。それでも夜の女性の一人歩きやあまり治安がいいと言われない場所への出入りは避けるべきですが、最低限の危険意識を持っていれば大きなトラブルに巻き込まれることは少ないでしょう。子どもに「留学に行きたい」と言われた親の一番の心配は、どもの身の安全。日本と遜色ない治安のよさと言われるオタワであれば、親も安心して送り出すことができます。

メリット(3)自然豊かでのどか

春にはチューリップが咲き乱れたり、オタワ川や運河が流れていたり、オタワはとにかく自然豊かな街です。また、博物館や美術館も多く、ゆったりとした時間の流れを感じることができます。留学生にとって最も重要なのは語学の勉強ですが、勉強と同じくらい気分転換も大切です。身の回りに自然が溢れているオタワでは、自ずとリフレッシュできる環境が整っています。

メリット(4)学生が多く、同じ環境の人に出会いやすい

オタワには大学など数多くの教育機関が集結しているため、学生が多いです。同じ学生という立場の人が多いため、留学生にとっては非常に過ごしやすいと言えるでしょう。また、人口の半分が35歳以下であると言われており、若者の多さも留学生の居心地のよさを後押ししているのかもしれません。語学学校の留学生同士だけでなく、大学に留学にきている学生と知り合いになることもでき、より多くの人と関わるチャンスがあるのは大きな利点です。

メリット(5)異文化を感じられるイベントが多い

オタワは四季を大切にしている都市なので、季節ごとにイベントがあります。春のチューリップフェスティバル、衛兵交代儀式、ジャズフェスティバル、気球フェスティバル、クリスマスイベントなど年間を通してイベントが盛りだくさんです。異国の文化や雰囲気をダイレクトに肌で感じることができるイベントは、留学生にとっては貴重な体験となります。

メリット(6)他都市へのアクセスがよい

トロント・ケベック・モントリオール・バンクーバーなど、陸空ともに他都市へのアクセスがいいのもオタワの魅力のひとつです。長期留学の場合は週末の休みを利用して他の留学生と小旅行に行く学生も多く、他都市へのアクセスも重要な要素となってきます。

メリット(7)費用を抑えることができる

オタワの語学学校の費用はトロントやバンクーバーなどに比べると比較的安価です。物価や家賃も大都市に比べて安いため、全体的に留学コストを抑えることができます。留学生にとってお金は切っても切り離すことのできない大きな課題です。親が全額出してくれている人を除いては、できるだけ安く済ませたいというのが共通の願いでしょう。カナダの首都であり、自然豊かな美しい都市でありながらも他の都市よりコストを抑えることができるのは非常に大きなメリットですよね。

メリット(8)ウィンタースポーツが盛ん

オタワの冬は極寒ですが、ウィンタースポーツを興じる人にとっては魅力的です。クロスカントリースキー、スノーシュー、ソリなど、寒い土地ならではのスポーツを楽しむことができます。また、冬には運河が凍って天然のアイススケート場ができ、多くの地元民がスケートを利用して出勤・通学する光景も見られます。寒さは厳しいものの、ウィンタースポーツが好きな人は冬のオタワを満喫できるはずです。

オタワ留学のデメリット

ottawa 56615 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

デメリット(1)冬の寒さが厳しい

なんといってもオタワの冬は極寒です。気温は最低-15℃まで下がることもあり、平均でも-10℃ほどです。上着・ブーツなど、しっかりとした防寒着がないとかなり寒さを感じるでしょう。しかし外が寒いぶん室内はどこもかなり暖かいですし、防寒対策をしっかりとしていれば乗り切れない寒さではありません。

デメリット(2)語学学校の選択肢が少ない

大都市に比べて留学生が少ないメリットと比例して、語学学校の選択肢が少ないというデメリットも生じてきます。学校が少ないぶん教師との距離が近くアットホームであるという利点もありますが、たくさんの学校を比較して決めたいという人には物足りないかもしれません。

オタワ留学はこんな方におすすめ

guard 3102533 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
オタワ留学のメリットとデメリットを挙げてきましたが、結論オタワ留学はどのような人におすすめなのか?についてみていきましょう。オタワ留学は大都市に比べて治安のよさと日本人の少なさが一番の魅力です。そのため、

 

  • ・日本人が少ない環境でしっかり英語を学びたい
  • ・英語の勉強だけではなく、現地の文化も体験したい
  • ・自然やスポーツが好き
  • ・海外の治安を心配して両親やまわりの人に留学を反対されている

 

という方にぴったりの留学先であると言えるでしょう。

オタワでの滞在方法

interior 1961070 640 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
最後にオタワ留学での主な滞在方法についてご紹介します。それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどのステイ方法がいいとは言えませんので、自分の好みや希望するスタイルに合わせて選択しましょう。

ホームステイ

日本人留学生に最も人気なのがホームステイ。食事がついてくること、現地の家族と同居であるから安心なことが選ばれる最も大きな理由です。ホストファミリーによって休日にどこかに連れて行ってくれる人もいれば、ビジネスとして最低限の食事を提供してくれるところなど本当にまちまちで、いいホストファミリーに当たるかは運と縁が全てですが、基本的にはいい人ばかりです。初めての留学であったり、不安が多い人はホームステイを選択すると安心かもしれません。一方、シャワーを使う時間や帰宅時間など、一緒に住んでいるからこそ気を遣うことが多いのも事実です。メリットとデメリットを考慮したうえで、何を優先するか?を考えてみるといいでしょう。

学生寮

語学学校によっては、学生寮を提供しているところもあります。個室や相部屋など寮や予算によってスタイルは様々。同じ学校の留学生とひとつ屋根の下で生活を共にするため、必然的に仲良くなれる環境と英語を使う環境が整うことがメリットであると言えます。
一方、性格や生活スタイルが合わない人と一緒に暮らす可能性もあること、食事は全て自炊であることがデメリットになりえます。また、学生が集まる寮ではホームパーティーが頻繁に行われるため、家では一人で静かにしていたいという人には不向きかもしれません。

一人暮らし・ルームシェア

ホームステイや寮など決められた場所に住むのではなく、自分で部屋を探すという方法もあります。中には一人で住む人もいますが、留学期間中はできる限りお金を切りつめたい人が大半なので、複数人でルームシェアをしている人がほとんど。シェアメイトはインターネットで募集するのが一般的で、オタワの留学情報掲示板などのサイトに募集の案内が載っていることが多いです。料理や洗濯などの家事は全て自分でこなす必要があるのはもちろんのこと、家賃の計算など考えるべきことが多いため、かなり海外慣れしている人向けの滞在方法であると言えます。大学生で初めての留学という人には少しハードルが高いでしょう。社会人経験があったり、資金に余裕があったり、海外で自分の力を試してみたいというストイックな人は挑戦してみてもいいかもしれません。ちなみに家賃は、1人部屋で都市であれば月1200CAD、郊外では950CADが相場となります。

MihoInafuku e1562119001909 - オタワ留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

calgary 700x466 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

 

英語の語学留学先として、カナダは人気の高い国です。広大な国土の中に、都会と自然が調和した魅力的な街がいくつも存在しています。今回はそんなカナダの街のひとつ、カルガリーにスポットを当ててご紹介します。カルガリーは、トロントやバンクーバーのような世界的な大都市に比べれば、知っている人は多くないかもしれません。でもカルガリーには、発展した大都市にはない魅力がたくさんあります。人とは違った留学生活を送りたいという方に、とてもおすすめの留学スポットといえるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

カルガリーの基本情報

calgary 70848 640 1 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

カルガリーの面積と人口

カナダ中西部のアルバータ州に位置するカルガリーは、約800平方キロメートルの面積を持つ、国内で5番目に大きな都市です。125万の人々が暮らしています。平原に囲まれた自然豊かな地域で、雄大にそびえるカナディアンロッキーにも1時間ほどでアクセスが可能です。

カルガリーの地区・エリア情報

カルガリーは非常にバランスのとれた街です。都市として適度に発展しながら、周囲を恵まれた自然に囲まれ、文化と自然が融合しています。こうした背景から生活環境もよく、近年にわかに人気が高まっていることから、観光業が盛んになっています。また、農業や石油産業の歴史が古い地域でもあります。

カルガリーの物価

カナダは、他の英語圏に比べて物価水準が日本に近い国ですが、中でもカルガリーは物価が安いことで知られています。その理由は「消費税」と「交通費」です。カナダでは基本的に州税と物品税という2つの消費税を払う必要があり、その合計は12%にもなります。しかしカルガリーを含むアルバータ州では、消費税は物品税の5%のみと定められており、他州に比べて税負担が軽くて済むのです。

 

交通費については、カルガリー中心を走るCトレインという路面電車が特定の駅で無料で利用でき、その他のエリアでも300円程度で90分乗り放題などユニークな仕組みを導入しています。買い物と移動にお金があまりかからないので、費用を抑えて留学したい方にはとくにおすすめの地域といえます。

カルガリーの時差

カルガリーと日本の時差は15時間です。日本に比べて15時間遅いと考えてください。なお、これは3月〜11月のサマータイムの場合であり、それ以外の期間(冬時間)では時差は16時間になります。

カルガリーの気候

カルガリーは非常に寒さが厳しい街です。とくに冬は、最低気温がマイナス15〜20度になることも珍しくないので、防寒対策をしっかり行う必要があります。ただし年間を通じて湿度が低くカラッとした気候のため、冷え込みの厳しい冬場以外は過ごしやすいでしょう。

カルガリーの公用語

カルガリーは英語を公用語としています。なお、カナダ自体はイギリスとフランスの両方に統治されていた歴史的背景から、英語とフランス語の2言語が公用語です。ケベック州などではフランス語が多くの家庭で話されるなど、州や地域によって比重は異なります。「英語を重点的に学びたい」という方であれば、カルガリーは何ら心配はいらないでしょう。

日本からカルガリーへの移動

カナダの地域によっては、日本からの直行便がなくトロントなどを経由する必要があるケースも少なくありません。一方カルガリーは直行便が随時出ていますので、面倒な乗り継ぎなしに行き来できます。フライト時間も9時間半ほどのため、13〜14時間かかる東海岸エリアと比べるとアクセスしやすいといえます。

カルガリー留学が人気の理由

crowd 53490 640 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

人気の理由(1)カナダの大自然に触れられる

カルガリーは、自然あふれるカナダの中でもひときわ大自然に恵まれた地域です。カナディアンロッキーまで車で約1.5時間で行くことが可能ですし、ゲレンデや湖、森林などビッグスケールな自然にも触れることができます。

人気の理由(2)生活環境が良い

留学生にとって渡航先の治安やインフラ水準などは大事な要素です。せっかく念願の留学を果たしても、日々の不安や不便が多いと充実した生活を送るのは難しいからです。その点、カルガリーは生活環境の良さが抜群といえるでしょう。というのもカルガリーは、イギリスの経済誌エコノミストが発表する「世界でもっとも住みやすい都市ランキング」でトップ10に常時ランクインする街なのです。

 

公共サービスや治安、衛生といった要素で選べるこのランキングで、2018年にカルガリーはウィーンやメルボルンに次いで4位にランクインしました。カルガリーの住みやすさは世界的にも認められたレベルということで、留学生にとっても安心でしょう。

人気の理由(3)学費を抑えながら質の高い教育が受けられる

カルガリーでは、歴史あるカルガリー大学をはじめ、質の高い教育機関が数多く集まっています。日本での認知度はそこまで高くないカルガリーには日本人は比較的少ないので、カナダ人や他国からの留学生とより多く接するチャンスがあり、英語の上達も期待できます。さらに、先ほど触れたように税制度の点から物価が安いため、他州よりも学費を抑えられるでしょう。留学費用を節約しながらしっかり学びたい方にぴったりの環境といえるのです。

カルガリー留学のメリット

calgary 1842366 640 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(1)日本人が少なく英語環境を作りやすい

カルガリーは、カナダの留学先としては知名度がそこまで高くないので、日本人が多くありません。そのため、英語でのコミュニケーションに集中しやすい環境といえます。あくまで日本人が少ないというだけであって、まったくいないわけではありませんから、日本人の友達もしっかり作りながら英語に注力できるのではないでしょうか。

メリット(2)物価及び税金が安い

留学には多大な費用がかかるため、金銭面からためらってしまう人もいるかもしれません。しかしカルガリーのあるアルバータ州は消費税の制度が他州と違うため、他州より7%も負担が低く済みます。食料品や日用品、外食代なども大都市圏に比べれば安価で済む可能性が高いでしょう。費用を抑えて留学したい方には嬉しい点といえます。

メリット(3)のどかな街で人々が暖かい

近年発展を続けるカルガリーですが、他の都市に比べれば、自然が多く街の雰囲気ものんびりとしています。そこに暮らす人々もゆったりと穏やかな印象で、異国からやってきた留学生にもフレンドリーに接してくれるはずです。

メリット(4)車で1時間ほどでカナディアンロッキーに行ける

アルバータ州はアメリカのモンタナ州と国境を挟んで隣り合っており、2国の間にそびえるカナディアンロッキーにも車でアクセスできる好立地に位置しています。世界的にも有名な観光スポットに日帰りで行ける点は、勉強だけでなく休日のレジャーも満喫したい方には魅力的なポイントでしょう。

メリット(5)近年目覚ましい経済発展を遂げている

カナダの都市といえばまずバンクーバーやトロントの名前があがるものですが、第5の都市カルガリーも、好景気に支えられて急速に発展してきています。カルガリーは自然が大きな魅力の街ですが、刻一刻と変貌を遂げる都市を目の当たりにするというのも、貴重な体験なのではないでしょうか。

メリット(6)治安は良好

カナダ全般が治安の良さで知られていますが、中でもカルガリーは安全性の高い地域です。先ほどもご紹介したように英・エコノミスト誌の「世界の住みやすい街ランキング」で常に上位にランクインするなど、世界的にも住みやすさが認められています。もちろん夜に一人でダウンタウンを歩くといった行為はおすすめできないものの、海外の地域の中では、日本に近い感覚で暮らせる数少ないエリアのひとつといってよいでしょう。

メリット(7)ウィンタースポーツが盛ん

冬場の気温がマイナス15度を下回るカルガリーですから、スキーやスノーボードをはじめ、ウィンタースポーツが非常に人気です。カナディアンロッキーの入り口でもあるバンフ・ジャスパーといった国内屈指のスポットがあり、最寄りのスキー場まで1時間で行けるなどウィンタースポーツ好きにはたまらない環境といえます。

メリット(8)就労ビザを取得できるチャンスが豊富

海外で就労ビザを取るのは簡単でないケースが少なくありませんが、カルガリーは比較的チャンスが多いと考えてよいでしょう。カルガリーのあるアルバータ州では、ワークパーミット(就労ビザ)を取得しやすく、カナダで長期的に仕事がしたい方におすすめの地域です。州経済の主軸である石油産業が盛んで発展が続いており、慢性的に人不足であるため、一定レベルの英語力があれば仕事も見つけやすいはずです。

メリット(9)英語の訛りが少ない

カナダの地域によっては、アジア系移民の増加などからノンネイティブの英語話者が多く、また英語以外の言語が多く使われているケースも少なくありません。しかしカルガリーは比較的移民が少なく、ネイティブのカナダ人が人口の多くを占めています。したがってネイティブのきれいな英語に接しやすいのです。きれいな発音の英語を学びたい方に向いている環境といえます。

メリット(10)中心部は電車があり便利

大自然のイメージが強いカルガリーですが、発展の続く都市部では交通網がよく整備されており、とくに電車・路面電車は充実しています。そのため、大学や語学学校への移動に不便を感じることは少ないでしょう。一部の駅間は無料で乗れる電車もあるので、積極的に利用したいものですね。

カルガリー留学のデメリット

calgary 52941 640 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

デメリット(1)冬は非常に寒い

最低気温がマイナス15度を下回るカルガリーの冬は、日本ではなかなか体験したことのない寒さです。「これぞ雪国カナダ!」とポジティブに考えることもできるかもしれませんが、しっかり防寒対策をしておかないと、体調を崩して勉強どころではなくなってしまうかもしれません。地域によってはカナダでも年じゅう温暖なエリアもあるものの、「カルガリーの冬は寒い」ことはよく理解しておく必要があります。

デメリット(2)語学学校の数が多くない

学校の多さは人口にある程度比例しますから、トロントなどの大都市と比べるとカルガリーは学校数が少なくなります。とはいえ、学校のレベルが低いというわけではもちろんなく、選択肢が多すぎないため少数の学校をじっくり比較検討できる点でも、学校が少ないのはメリットとも考えることができます。

デメリット(3)日本のものは手に入りづらい

カルガリーには他の大都市よりも日本人やアジア系移民が少ないため、どうしても日本の食材や日用品などが手に入りづらいのが実情です。日本の製品は現地で購入すると高くつくことがほとんどなので、軽量のものは渡航の際に日本から持参したり、後日国際便で郵送してもらうなどするのが良いでしょう。

デメリット(4)仕事を得るには一定の英語力が必要

経済発展により求人も増加しているカルガリーですが、どのような仕事であれ、職につくには相応の英語力が求められます。英語でのコミュニケーションに不安のある人は、まずは勉強に集中し、英語力を高めたうえで仕事探しにチャレンジすることをおすすめします。

カルガリー留学はこんな方におすすめ

hike 3150113 640 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
今回は、カルガリー留学について、特徴やメリットをお話ししてきました。カルガリーはまだまだ認知度が高くない街ながら、他の大都市よりも多くの自然が残り、リラックスしながら勉強に集中できる環境があります。また、近年の急速な経済発展により都市部も刻一刻と変化しており、活力みなぎるダイナミックな街の様子にじかに触れることもできます。

  • ・治安の良い場所で英語に集中したい
  • ・カナダらしい大自然を満喫したい
  • ・とくにウィンタースポーツを楽しみたい
  • ・発展する都市を肌で感じたい

 

こうした思いをお持ちの方には、カルガリーはぴったりな留学先のひとつといえるのではないでしょうか。

カルガリーでの滞在方法

calgary 50105 640 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド
最後に、カルガリーでの滞在方法に関しても、ご紹介しておきましょう。滞在のパターンとしては「ホームステイ」「ルームシェア」「一人暮らし」の3つが考えられます。

ホームステイ

「留学といえばホームステイ」というほど、ホームステイは代表的な滞在手段です。ホストファミリーと一緒の生活からスタートできるので、外国や英語での暮らしに不安のある初級者でも安心です。反面、家賃は高くなる傾向があり、「とにかく家賃を抑えたい」という方にはベストな選択ではないかもしれません。

ルームシェア

ルームシェアは、ハウスメイトと1つの住居をシェアするという方法です。家賃を人数で分担するので、費用の節約になることが大きなメリットでしょう。一方で注意したいのは、他人と暮らすことになるので、文化の違いや家事分担のルールなど、一人暮らしよりも自由度が低くなる点です。

一人暮らし

最後に一人暮らしですが、もっとも自由度が高い滞在手段といえます。掃除や洗濯などの家事、門限を自分のペースで決めることができます。家賃をすべて自分で負担するため、シェアハウスよりも高くつくことにはなりますが、ストレスなく自分のペースで暮らしたい方にはもっとも適しているでしょう。

 

このように滞在方法にも種類があり、それぞれメリットとデメリットを合わせ持っています。ご自身に合った方法を選ぶのが良いですから、費用や立地、暮らしの自由度など、自分がどの要素にこだわりたいかを基準に検討することをおすすめします。

20200203 113240 e1580714249249 - カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

佐野まさみ

語学学校では一般英語コースを受講。バリスタとして働きながら、バンクーバーで1年間ワーキングホリデーをしました。オーストラリアのTAFEへの交換留学も経験していますので、カナダとオーストラリアの違いもご紹介できます。

カウンセラーに質問