バンクーバー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

バンクーバーはカナダ第三の都市ですあり、留学先としても人気です。カナダの中では比較的一年を通して温暖な地域であり、日本の気候に慣れ親しんでいる方でもなじみやすいでしょう。

 

カナダの中では日本人は少し多めの都市にはなりますが、その分留学初心者でも過ごしやすい都市でもあります。以下でバンクーバー留学が人気の理由をまとめてますのでぜひご覧ください。

バンクーバーの基本情報

バンクーバーの面積と人口

カナダ西海岸のブリティッシュコロンビア州にあるバンクーバーは、人口3,500万人のカナダの中で250万人が生活する、国内第3位の都市です。

 

人口規模としては、東海岸のトロント、モントリオールより小さいものの、人口密度はカナダで1番で、今後もさらに人口の増加が予想される地域でもあります。

 

面積は115平方キロメートルほどで、これは東京の大田区と世田谷区を合わせた広さとほぼ同じくらいです。日本の感覚からすれば、かなり大きな都市といえるでしょう。

バンクーバーの地区・エリア情報

バンクーバーは、発展した都市機能と、海・山をはじめとする自然が見事に調和した美しい街で、英エコノミスト誌が選ぶ「世界でもっとも住みやすい街」で常に上位ランクインしています。

 

年間を通して温暖な気候で、雪もほとんど降らないため、快適に過ごしながら留学生活を楽しむことができます。

 

また、近隣にはイギリス文化が味わえるビクトリアや、雄大なロッキー山脈に近く大自然を満喫できるカルガリーなど、個性豊かな都市が集まっており、休日の観光でそれらの街に足を伸ばしやすい点も特徴です。

バンクーバーの物価

カナダは全般的に、日本よりも物価が高いといえます。中でもバンクーバーは世界的に人気の都市であり、観光客はもちろん、留学生や移民など人口が増加傾向にあるため、カナダ国内でも物価が高水準です。

 

留学する際にとくに気をつけたいのは、家賃と食費でしょう。バンクーバーの平均家賃は月1800ドル(1ドル90円で約16万円)ともいわれており、日本と比べてその高さがわかります。

 

また、外食では食事代の10〜20%をチップとして支払う習慣があり、かつ1食あたり1500〜2500円程度かかるため、日本と同じ感覚で外食をするのは難しいかもしれません。

 

費用を抑えたい場合は、住宅をシェアハウスにしたり、外食を控えて自炊中心にするなどの工夫が必要になるでしょう。

留学生が語る!カナダ留学の生活費と物価の実際と節約方法!

バンクーバーの時差

バンクーバーは、日本との時差が16時間あります。日本のほうが早く、バンクーバーが16時間遅い、というわけです。

 

なお、カナダを含む北米では、日の出時間が早まる3〜11月に1時間だけ時間を早める「サマータイム」が導入されています。「時差16時間」はこのサマータイム期間のもので、12〜2月の冬時間には時差が17時間になりますのでご注意ください。

カナダには6つの時間帯がある!主要12都市の日本との時差一覧。

バンクーバーの気候

バンクーバーは、1年を通じて温暖で過ごしやすい気候の街です。夏場でも最高気温は30度ほどで、真冬も氷点下まで下がることはほぼありません。カナダというと雪が降るイメージがあるかもしれませんが、バンクーバーは雪がほとんど降りません。

 

一方で雨は多いので、からりと晴れた日が続くイメージで渡航するとがっかりするでしょう。もちろん晴れが続く日も多いですが、雨がよく降る点は理解しておくとよいでしょう。

カナダの気候を都市別に比較!カナダ留学に適した都市は?

バンクーバーの公用語

カナダは基本的に英語が公用語であり、バンクーバーでもやはり英語が中心に使われています。語学を学びたい留学生に人気の要素の1つでもあります。

 

一方で、バンクーバーにはアジア系の移民も多数暮らしており、中国語(北京語・広東語)も広く使われています。また、カナダは英語のほかに、フランス語も公用語として定められており、ケベック州などはフランス語が英語以上に話されている地域でもあります。

日本からバンクーバーへの移動

日本とカナダは8,000キロメートル以上離れており、移動は基本的に飛行機のみになります。バンクーバーは、日本とは太平洋を挟んだ西海岸側に位置するので比較的近く、東京(成田・羽田)から片道9時間ほどです。

 

なお、東海岸のトロントやモントリオールだと12時間以上かかるので、日本からの遠さがわかりますね。

バンクーバー留学が人気の理由

人気の理由(1)医療制度・環境・教育への評価が高く住みやすい都市

先ほども触れたように、バンクーバーはエコノミスト誌の「世界でもっとも住みやすい街ランキング」で毎年上位にランクインしています。

 

エコノミスト誌のランキングは、5つの指標(安全性・文化と環境・教育・医療制度・インフラ)をもとに選定され、バンクーバーはなんと医療制度・教育・文化と環境の3項目で堂々の満点を獲得しています。

 

生活の安定に欠かせない医療や教育などの基盤が高水準だからこそ、世界中から留学生が集まっているんですね。もちろん、安全性とインフラも高い評価を得ており、快適で安心の生活を送ることができる街といえます。

人気の理由(2)アジア方面からの移民や留学生が多く留学初心者でも安心

留学生に人気のバンクーバーには、とくにアジアからの学生が多く集まってきます。これは、住みやすい環境の都市であることはもちろんですが、アジアからアクセスしやすい西海岸にあるという地理的な特徴も作用しています。

 

中国をはじめ、日本や韓国などアジア系の学生が多いため、街を歩いていてもよくアジア人を見かけます。これは海外生活に不慣れな留学初心者にとっては、なんとなくホッとする要素ではないでしょうか。

バンクーバー留学のメリット

メリット(1)留学生が過ごしやすい都市

留学生にとって、勉強に集中できる環境かどうかは、留学の成果を左右する大きな要素です。その点でバンクーバーは、多くの人にとって理想的な環境といえるかもしれません。

 

よく整備された都市機能によって日本と変わらない水準で生活することができますし、一方で海や山といった大自然にも身近に接することができます。

 

快適で楽しい学校生活を送りながら、海沿いを散歩したり、山に出かけて森の風景を楽しんだりと、心身ともにリラックスした日々を送れることでしょう。

メリット(2)日本と同じく四季があり温暖な気候

雪国のイメージが強いカナダにあって、バンクーバーは雪とほぼ無縁の温暖な気候の街です。冬場の寒さ対策はもちろん必須であるものの、そこまで念の入った備えは必要なく、日本とそう変わらない感覚で過ごすことができます。

 

また、バンクーバーには四季があるため、日本人にはどことなく馴染みやすいといえるかもしれません。

メリット(3)語学学校の数が豊富

留学先として世界的に人気のバンクーバーですから、学生の受け皿としての語学学校が豊富に存在します。学校数が多いことから、各校が自分たちの強みを磨いて、それぞれ特徴的で質の高いスクールが多くなっています。

 

英語学習コースの多様さはもちろん、恵まれた自然を生かしたアクティビティや、将来の進学や就職を見据えた特殊カリキュラムなど、学校ごとに充実したサービスを展開しており、自分に合った学校を見つけやすいはずです。

バンクーバーのおすすめ語学学校ランキング【絶対迷わない厳選18校】

メリット(4)治安が良い

海外渡航の際に誰もが気にするのが「治安」です。日本より安全な国はない、とよくいわれるように、海外での生活においては安全性は重視すべき要素でしょう。

 

バンクーバーは、非常に治安が良いことで知られる街です。銃社会である隣国のアメリカと比べても、その犯罪発生率の低さは際立っています。留学生本人はもちろん、お子さんを送り出す親御さんとしても、安心できる街といえるのではないでしょうか。

 

ただし、いくら安全といっても海外には違いないので、スリや置き引きといった軽犯罪はそれなりに発生しています。外出の際は不必要に目立つ格好をしない、貴重品の携行は最小限にとどめるといった心構えは忘れないようにしましょう。

カナダの治安はいいの?主要都市の危険エリア及びトラブル対処法

メリット(5)カナダ第3の都市ながら自然も豊か

何度か触れているように、バンクーバーは大自然に恵まれた都市です。世界屈指の都市でありながら、周囲を美しい山と海に囲まれており、いつでもそれらの風景やレジャーを楽しむことができます。

 

留学生に人気の街は世界各国に存在しますが、人口密集が過密な大都市か、反対に自然は多いものの都市機能が十分でないなど、便利さと自然を両立した街はなかなかないものです。

 

その中でバンクーバーは、自然と都市が融合した稀有な街であり、多くの留学生を惹きつける魅力的な場所といえます。

カナダ留学するなら外せない!おすすめ観光スポットを都市別に紹介!

メリット(6)公共交通機関が発達しており交通の便が良い

留学先を検討する際に注意したいのは、その街の移動機関です。バスや路面電車、地下鉄などの公共交通網が整備されていないと、毎日の通学がストレスフルなものになってしまったり、極端に早い時間に帰宅しなければならないなど、デメリットが増えてしまいます。

 

その点バンクーバーは、市内を網羅するバス、3路線のスカイトレイン、シーバスと呼ばれるフェリーなど、公共の交通機関がよく発達しています。

 

しかも、それらはいずれも同じ会社が運営しているため、多少の条件はあれど同じ乗車券で乗ることができます。ストレスなく移動ができる街を選ぶことは、留学生活を充実したものにするためにぜひ大切にしたいポイントです。

メリット(7)エンターテインメントが盛んな街

一生の思い出に残る素晴らしい留学生活を送るには、勉強だけでなく、その国らしい文化や自然を味わい尽くすことも重要になってくるでしょう。スケールの大きな山や海に恵まれたバンクーバーでは、ハイキングやボートなど、年間を通じて多様なレジャーアクティビティを楽しむチャンスがあります。

 

さらに、カルガリーやウィスラーなど、ロッキー山脈に近い街にも2〜3時間で行けるため、雄大なロッキーで登山やスキーを楽しむこともできます。

カルガリー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

メリット(8)条件の良い仕事が見つけやすい

ワーキングホリデーで渡航した方や、留学費用をまかないたい方の中には、現地で働こうと考えている方もいるでしょう。そうした方にとって、アジア人が多いバンクーバーは仕事が見つけやすい街です。

 

アジア系住民の中には日本人も多数いるので、お店のオーナーが日本人だったり、日本食をメインに扱っているレストランも少なくありません。渡航したばかりで英語が流暢に話せなくても、同じ日本人なら何かと相談がしやすいでしょう。

 

また、日本食や日本文化に関するお店なら、お客さんに対しても自信をもって接することができるはずです。しっかり仕事をして成果を出せば、時給や勤務時間など、待遇面でも良い条件を交渉することも可能でしょう。

カナダのワーキングホリデー事情とメリット・デメリットを徹底解説!

メリット(9)料理がおいしい

多民族国家カナダの中でも、アジア人をはじめ多様な人種が集まるバンクーバーは、世界各国の料理が楽しめるグルメの街でもあります。

 

また、観光都市としても世界的によく知られており、飲食店の数は豊富で、それぞれ腕によりをかけてお客さんをもてなそうと日々奮闘していますから、どのお店でも満足のいく料理が味わえるのではないでしょうか。

バンクーバー留学のデメリット

デメリット(1)日本人が多い

アジア人が多いことはメリットである一方、どうしても同じ日本人とばかり過ごしてしまうといったデメリットにもなり得ます。せっかく英語や外国文化を学ぼうとバンクーバーにやってきても、語学学校の日本人仲間とばかり時間を過ごしていては、新鮮で刺激と学びのある暮らしは送りずらいかもしれません。

 

といっても、この問題は個人の工夫しだいで解消できます。日本人の友達とは一定の距離を置いたり、日本人同士でも英語で会話するといったルールを作れば、とくに問題はないでしょう。

 

今やどこの国・地域にいっても日本人に会うものですから、大切なのはそうした環境でいかに工夫するかです。「留学の目的はなんだっけ?」と定期的に振り返りながら、悔いのない留学生活を送るようにしたいですね。

デメリット(2)冬場は雨の日が多い

バンクーバーでは雪はほとんど降らないものの、雨は頻繁に降ります。とくに冬場は雨季に入るため、雨が続くことが多くなります。

 

乾季にはからりと晴れた気持ちいい日が多いため、そのギャップからなんとなく沈鬱な感じがするかもしれませんが、雨の日でも屋内での生活を楽しんだり、中心街を散策したりと、できることはたくさんありますからとくに心配はいらないでしょう。

デメリット(3)物価が高い

日本と比べて物価が高い点は、留学費用を抑えたい方にはデメリットといえるかもしれません。とはいえ、工夫次第で費用を下げることは十分可能です。

 

住居はルームシェアにする、外食は少なくして自炊を中心にする、食材はスーパーの特売日にまとめ買いをする、日本食や使い慣れた日用品は渡航時に持参する、などいろいろな「節約術」があります。

 

ぜひ、ご自身に合った節約術を見つけて、楽しみながら費用を抑える工夫をしてみてはいかがでしょうか。

カナダ留学費用を1ヶ月、半年間、1年間の期間ごとに徹底解説!

デメリット(4)日本から遠い

太平洋を挟んで日本と向かい合うバンクーバーは、距離にして8,000キロメートルも離れた場所にあります。飛行機で9時間の距離ですので、そう簡単に一時帰国するといったことはできないかもしれません。

 

また、離れているぶん時差が16〜17時間ありますから、日本の家族や友人とリアルタイムで連絡を取り合うのにも初めは苦労する可能性があります。

 

ただ、時差などは慣れてくるものですし、現在はメールやチャットもあります。SkypeやZOOMなど、顔を見ながらインターネット上で会話する無料ツールも無数に存在します。

 

ですから日本との距離をまざまざと感じて寂しさや不便さを覚える、といったことは、そこまで心配する必要はないでしょう。

デメリット(5)ビザの取得が大変

バンクーバーに限らず、カナダへの渡航全般にいえることとして、ビザの取得が面倒である点が挙げられます。観光ビザは取得が不要ながら、学生ビザとワーキングホリデービザは、渡航前の申請が必要です。

カナダ留学にはどのビザが最適?ビザの違いと取得方法【比較表付】

半年以上の就学を予定している場合は学生ビザが必須となるため、申請忘れをしないよう注意しましょう。

 

学生ビザは、取得に費用と時間、そして手間がかかります。申請手数料は約15,000円ほどです。また、ビザ申請から発行までに2ヶ月ほどかかるケースもあるので、余裕をもって申請を行うようにしましょう。

 

申請の手続きには、入学を予定している現地の学校から入学許可証と領収証をもらい、生活費として10,000ドル以上の英文残高証明書を用意するなど、煩雑な準備も必要です。申請漏れや準備物の漏れがないよう、早い段階で準備を進めるようにしましょう。

カナダの学生ビザの取得方法を申請画面の和訳付きで徹底解説!

バンクーバー留学はこんな方におすすめ


バンクーバーへの留学に関して、気候や特徴、留学のメリット・デメリットをご紹介してきました。世界トップクラスに住みやすい街であり、治安や生活インフラはもちろん、豊富な自然、充実した語学学校、多様な文化など、バンクーバーは留学生にとって魅力溢れる街です。

 

もちろん、日本人が多い・物価が高い・日本から遠いといったマイナス要素もあるものの、いずれも工夫と心構え次第で対応できるものといえます。

 

  • 充実した学習環境で学びたい
  • 便利さも大自然も追求したい
  • 多様な人種が集まる街で暮らしたい
  • 安全で安心の留学生活を送りたい

 

このように考えている方には、最適な留学先のひとつといえるはずです。

バンクーバーでの滞在方法


最後に、バンクーバーでの主な滞在方法についても解説しておきましょう。滞在のパターンとしては「ホームステイ」「ルームシェア」「一人暮らし」の3つが主なものです。

ホームステイ

ホームステイは、現地のホストファミリーのお宅で一緒に生活をするというものです。バンクーバーでの生活に慣れた現地家族と暮らすので、カナダや海外生活そのものに不慣れであっても安心して生活をスタートできます。

 

一方で、ホストファミリーへの支払いが加算されるため、家賃という観点で考えると割高に見えるかもしれません。

カナダ留学にはホームステイがおすすめ?メリットやデメリットを解説!

ルームシェア

ルームシェアは、ハウスメイトと1つの住居をシェアする方法です。近年、日本でも普及しつつありますが、外国ではより古くから一般的な居住方法として広く親しまれています。

 

ルームシェアは家賃を人数で負担し合うので、1人あたりの負担額は少なくなり、家賃の節約になります。ただし、他人と一緒に暮らすことになるので、文化の違いや家事のルールなど、一人暮らしに比べて気にすべき要素が増えるといえます。

カナダ留学にはシェアハウス?メリットやデメリットを解説!

一人暮らし

一人暮らしは、もっとも自由度が高い滞在手段でしょう。掃除や洗濯などの家事も、門限も、自宅でのパーティーなども、すべて自分で決めることができます。家賃は、立地や間取りなどによってはホームステイよりも抑えることができますが、一般的にはホームステイ以上に高額になると考えるべきでしょう。

 

滞在方法はどれも一長一短があるので、ご自身が送りたい暮らしのイメージにもっとも合ったものをチョイスするのが良いでしょう。その上で、予算や英語力、学校や中心地へのアクセスなど、各要素を検討して決めていくことをおすすめします。

佐野まさみ

語学学校では一般英語コースを受講。バリスタとして働きながら、バンクーバーで1年間ワーキングホリデーをしました。オーストラリアのTAFEへの交換留学も経験していますので、カナダとオーストラリアの違いもご紹介できます。

カウンセラーに質問