ビジネスを学べる専門学校一覧

カナダの専門学校はたくさんあり、学校によっては留学生が多いので、留学が初めての人におすすめです。学びやすい環境がそろっていて、期間は数か月から数年まで幅広く選ぶことができます。予算や計画に合わせてフレキシブルに参加することが可能です。ビジネスが学べる専門学校も多く、特にバンクーバーやトロントなどに集中しています。

Co-opでは収入を得ながら学べます

専門学校へ通う目的について、スキルの習得や就労体験などがあげられます。新しいスキルなどを学びながら、コーププログラムを利用することが可能です。これは現地企業において実際業務を体験することができるプログラムで、海外就労の経歴として履歴書に記載することができます。

 

キャリアアップやチェンジを目指すのに合理的な方法です。収入を得られたり長期滞在ができるなどの魅力があり人気のプログラムです。留学生活などの体験に重きをおいて、就労経験があったりそれに近い学科で学ぶ人もいます。

 

専門学校の場合、英語のテストスコアや高校の卒業証明などが必要になりますが、公立の大学と比較すると入学のハードルはゆるめです。入学条件として英語力は低めに設定されており、入学日が多いなどメリットがあります。TOEICを利用することができ、留学生はプログラム期間中において長期間でアルバイトすることが可能です。

 

専門学校を選ぶ人の多くに、働いて収入を得られるという動機があります。自由な勤務にプラスしてして、コーププログラムはフルタイムでの労働体験を利用することができるので便利です。

『Co-op』プログラムを徹底解剖!働けて学べるカナダ留学!

治安が良くゆったりしています

カナダにおいてビジネスが学べる専門学校への留学にはいろいろなメリットがあり、英語がきれいだったり治安が良いことがあげられます。学費が安めになっており、異なる人種に寛容です。カナダ英語は聞きやすく、比較的なまりが少ないと言われています。他人とのコミュニケーションを交わすのが英会話を上達する一歩になるので、なまりが少ないと聞き取りやすく相手の言っていることが分かりやすいでしょう。

 

社会人が英語を学ぶ場合、留学した後英語をビジネスシーンで使えるようになることが目的です。カナダ英語は英語上達のスピードを押し上げてくれるので、コミュニケーションにはおすすめの英語です。

 

カナダは比較的治安が良い国と言われており、カナダ人はゆったりした国民性で自然と共存しながら生活しています。教育の面では先進国で、たくさんの学生がいます。銃規制がありアメリカとは違って、個人での所持が認められていません。

 

自国ではないため地理や情報などに乏しかったり、言葉が完璧ではないなどの理由から、日本に住んでいた時より不自由を感じることもあります。基本的に穏やかに過ごすことができ、楽しく生活できる環境が整っている国です。

カナダの治安はいいの?主要都市の危険エリア及びトラブル対処法

多種多様な人種がいます

英語の語学留学先としてよくあがるアメリカやイギリスなどと比較すると、カナダへの留学は費用がかなり安いことがメリットです。学費はもちろん付随する生活費なども割安になっており、全体的に留学費用が安くなります。

 

学校内ではいろいろなアクティビティを体験することができ、ハイキングに行ったり天気の良い日は食べ物を持ち寄ってピクニックすることが可能です。それほどお金をかけずに、楽しむことができるでしょう。

 

異なる人種にも寛容な国で、カナダは世界有数の移民大国です。欧米人やアジア人、中東やインドなどいろいろな移民が生活しています。チャイナタウンなどの場所が存在しており、特にバンクーバーやトロントなどは人種の数は多いです。さまざまな国のレストランやカフェ、教会やコミュニティなどが点在しています。

 

自身のルーツを守ってカナダの文化と共存する考え方が通用しているので、日本人にも住みやすい環境です。短期滞在だったとしても、日本人である自分を受け入れてもらう土壌ができており、国際色豊かないろいろな人種と関わりあって生活することができるでしょう。

カナダ留学費用を1ヶ月、半年間、1年間の期間ごとに徹底解説!

世界的に有名な企業があります

カナダはビジネスに成功している国として有名で、さまざまな企業があります。例えばジンジャーエールを生産している有名な企業があり、カナダは世界中の人が集まってビジネスをし成功した国です。コーヒーで有名な企業があったり、大手スマートフォンメーカーも位置しています。

 

ビジネスで成功するため、コミュニケーションスキルなどが必要です。カナダにおいてビジネスが学べる専門学校に通学する上での動機付けになるでしょう。カナダは国際色が豊かで、世界の縮尺図とも言えるような国です。カナダに暮らす民族は200以上あり、毎年20万人以上移民も受け入れています。

 

日本人も肝要な国になっており、カナダの公用語は英語はもちろんフランス語です。他にはドイツ語やイタリア語、中国語などさまざまな言語が使われています。世界で通じるビジネススキルを学びたいなら、国際色豊かなカナダはおすすめの国です。

 

文化や習慣・考え方など多くの国の人からの刺激を受けることができるでしょう。世界中の人が集まっている国ならではのメリットがあり、ビジネスシーンにおいてさまざまなスキルを磨くことができます。

内面的な変化を実感します

カナダ留学で身につくのは英語力や専門性はもちろん、他にもいろいろなことを身に付けることが可能です。留学で身に付く力は語学力はもちろんありますが、自身の性格も変わる可能性があります。例えば積極性や行動力を身に付けることができたり、何ごとにおいても挑戦してみようと思うようになったなど肯定的な意見が多いです。

 

異文化に対して理解や発見があったり、自分に向き合うことができたという人もいます。世界中どこにいても生きていける自信を付けることができたなど、内面的なスキルも身についた人も多いでしょう。留学先によっても何が身についたかは、人それぞれです。カナダにあるビジネスが学べる専門学校に留学すると、特にビジネスに関係するようなスキルが自然に見つけるようになってなっています。

 

カナダには専門学校や州立学校があり、短期間で学べるプログラムを利用することが可能です。日本からは留学した後仕事に活かせることを目的にして、専門学校を利用する人が増えています。

 

学校以外にもカナダにはインターンシップ制度があり、興味のある分野を短期間経験することが可能です。希望に合うかなど適性を確認することができ、気軽に利用することができます。

様々な分野を学習できます

カナダには短期間で学べる専門学校が多く、いろいろなプログラムを利用することが可能です。国際会計や貿易、マーケティングやマネージメントなどについて学ぶことができます。ホテル業や観光、ウェブやITなどを学習することができ、メイクアップやマッサージなども習得することが可能です。

 

期間は一般的に16週間~2年間で、学校や分野によって異なります。英語力はTOEICが650以上必要な学校が多く、これも学校や分野で違うので注意が必要です。

 

メリットとして短期間において専門性を身につけることができ、日本の専門学校と同じく多種多様な専門分野を学習できます。バンクーバーには60校以上あり、トロントには120校以上あります。受講期間は短期間から提供されているので、自分に合ったスケジュールを選択することが可能です。

 

カナダの州立大学の場合、地域に必要な人材を育て仕事に就くためいろいろなプログラムが提供されています。仕事に直結しており、4年制大学を卒業するよりポリテクニック大学の方を卒業した方が仕事に就きやすいです。専門学校から4年制大学に入学する人も多いです。

有給インターシップ制度があります

カナダのビジネス留学において身につけるポイントとして、英語力と専門性を高めることがあげられます。これらのスキルを身につけるプログラムとしてインターンシップがあります。インターンシップ制度は将来のキャリアアップのため、企業や公的機関・非営利法人などと協力して研修生で働くものです。

 

興味のある分野を短期間経験することができ、自身の希望に合うか適性を見ることができます。カナダではほとんどの大学生がこの制度を活用しており、学校によって企業と提携しながらインターンシップを紹介する学校も多いです。

 

この制度のメリットはいろいろあり、ビジネス英語やコミュニケーション能力、ビジネスマナーなどをアップすることができます。自身の働きぶりが評価されると、カナダでの就職にも繋がるでしょう。

 

無給のインターンシップもありますが、人気なのは有給インターンシップが確約されているプログラムです。特にカフェやレストランなどサービス業で採用されており、能力次第ではオフィスワークなどが可能なケースも多いです。

英語ができると信頼されます

ビジネスが学べる専門学校の場合、留学時に必要な英語力はTOEICでは650くらいです。専門学校やプログラムなどによって入学時の英語力は異なります。基本的に講師が説明している内容を分かる英語力は必要です。英語力に自信がないなら、プログラムなどを受ける前に英語コースを受けると英語力をアップすることができます。

 

ビジネスで成功するため英語力を上げるのはカギになります。英語ができたらできる分だけ、評価されたり信頼されるでしょう。仕事の幅が広がるようになるので、英語力は特に読み書きの能力を身につけておき、ビジネスでも使えるレベルの英語を習得することを目標にしなければなりません。

 

留学した後カナダで働く方法は2つかあります。カナダの企業に直接雇用してもらうか、日本の企業に就職し駐在員として働く方法です。カナダ滞在中にどちらかの方法で就職するか考えて、事前に就職活動してみましょう。

 

求人情報を探す方法について、現地で採用情報を探す場合インターネットを使ってみたり、現地新聞で探すことが可能です。通学している専門学校の求人情報や人脈をたどる方法もあります。

様々な仕事に就くことができます

ビジネスが学べる専門学校で習得したスキルは、日本での就職にも役立ちます。学んだ分野をいかしたいなら、その分野の企業を探して応募するなど就職活動をしてみましょう。すぐに就きたい分野の仕事がないなら、分野以外の仕事に就ける可能性もあります。

 

日本に帰国して日本での生活に戻ってしまうと、なかなか英語を使うチャンスがありません。せっかくカナダで英語力を身に付けたのに、それを使わないのは勿体無いです。近年年急速に国際化が進んでおり今後5年や10年先の日本は今の状態を変わっているかもしれません。日本は更に国際化が進んでいることが予想されるので、英語力を利用するシーンは増えます。

 

日本企業のグローバル化などを考慮すると、同時通訳や逐次通訳など仕事はますます需要があるでしょう。特に観光業界や広告・メディア業界、英会話教室などの需要が増えることが予想されます。興味のある分野の仕事をしてみたり、もっと視野を広げればカナダで身に付いたスキルがいかせる仕事は日本でも多いです。

 

カナダのビジネスが学べる専門学校で経験したものは、一生の財産になり仕事にいかすことができます。

寒さには注意が必要です

カナダ留学は人気がありますが、いくつか注意が必要です。カナダは西海岸か東海岸など、滞在する地域によって気候がかなり異なります。

 

東海岸の場合、冬に行くと寒さに注意しなければなりません。人気都市であるトロントやモントリオールは、1月〜3月上旬にかけて極寒や大雪などに見舞われることが多いです。一年の中で春と秋は非常に短く夏は日本と同じで、冬は少し肌寒いと感じる時期を含めると半年あります。寒くてもさまざまなアクティビティを楽しむことができますが、防寒対策が必要です。

 

留学する都市によりますが、ニューヨークやロンドンなど大都市と比較すると、イベントが基本的に多くありません。各都市にいろいろな美術館や博物館、イベントなどがありますが、バンクーバーやトロント以外はそれほど数が多くないです。

 

カナダ国内では、しっかりと英語環境を作りたい場合はカルガリーやオタワなど日本人が少ないエリアもおすすめです。カナダは英語の勉強を優先している人におすすめの国ですが、遊びをメインとして楽しみたい人には向いていないかもしれません。勉強に集中したい人には良い環境です。

カナダ留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

ビジネスを学べる専門学校一覧

アシュトンカレッジ

アシュトンカレッジ

$197/週~

ビジネス系コースを幅広く展開するアシュトンカレッジは現地学生からも評判がよく、質の高い授業を提供しています。コースはマーケティングや、セールス、ブックキーピング、国際貿易など多彩です。
ダグラスカレッジ(Douglas College)

ダグラスカレッジ(Douglas College)

$353/週~

バンクーバーに位置する公立カレッジです。比較的日本人が多いとされるバンクーバーのカレッジの中でも日本人率は低く、英語に溢れた環境の中で学習することが可能です。co-opプログラムにも力を入れています。
アルゴンキン・カレッジ(Algonquin College)

アルゴンキン・カレッジ(Algonquin College)

$312/週~

カナダの首都オタワに位置するAlgonquin Collegeは、卒業後の就職率の高さ、特にIT系に強い公立カレッジとして知られています。また、編入実績が高いため他の大学に編入したい方にも向いている学校です。
Arbutus College(アビュータスカレッジ)

Arbutus College(アビュータスカレッジ)

$224/週~

バンクーバーにあるビジネスの学習に特化した学校で、コース内容や学習期間など、選択肢が豊富にあります。また、大学編入プログラムやco-opプログラムなどのプログラムも充実しています。
カナディアン・ツーリズム・カレッジ サレー校(CTC)

カナディアン・ツーリズム・カレッジ サレー校(CTC)

$438/週~

観光・ホスピタリティに特化した専門学校です。CTCのほとんどのプログラムの授業は週3日なので、仕事やプライベートと両立する事が出来ます。オンラインシステムを導入した英語学習プログラムも充実しています。

まとめ

カナダにはいろいろなビジネスが学べる専門学校があり、コーププログラムを活用すると生活費をある程度稼ぐことが可能です。全体的にお安く留学することができ、生活費を抑えることができます。多種多様な人種が集まっているので、日本人に対してもフレンドリーです。入学条件は比較的高いなど専門学校にはいろいろなメリットがあります。