専門コース | カナダ無料留学エージェントならラララカナダ
カナダ留学の相談・ご質問は無料!(電話:平日11~18時)free0345908030
LINEで相談資料請求無料カウンセリング
LINEで相談資料請求無料カウンセリング

カナダでチャイルドケアを学ぼう【費用・学校・進路など全て解説】

カナダを含めた海外の幼児教育を英語で『チャイルドケア』といいます。「カナダのチャイルドケアと日本の幼児教育の違いは?」「カナダで保育士になるためにはどんな資格が必要?」などさまざまな疑問が浮かんできますよね。

 

実は、カナダで保育士資格を取得すると永住権申請が有利になったり、日本に帰って来てから大きくキャリアアップできたりとたくさんのメリットがあります。今回はそんなカナダの幼児教育、チャイルドケアについて紹介します。

\チャイルドケア留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

カナダと日本のチャイルドケアの違い


チャイルドケア(Child Care)とは幼児教育を意味します。日本とカナダの幼児教育は制度も保育観も大きく異なるため、理解するためにまずはそれぞれの違いを比較してみましょう。

日本の幼児教育

日本の幼児教育は幼稚園か保育園、または認定こども園などで行われます。0~5歳児までの乳幼児が基本的な生活習慣を身に付け、遊びやさまざまな経験を通して社会性や協調性といった社会の基礎を学びます。

 

日本の幼児教育や子育て支援はそれぞれの市区町村に任されているものもありますが、概要や指導要領など土台となる部分は国からの指示で行われます。幼稚園と保育園の違いは以下の通りです。

幼稚園保育園
管轄文部科学省厚生労働省
必要な資格幼稚園教諭免許保育士資格
対象となる子ども3~5歳児0~5歳児
内容教育的な要素を多く含み、幼児の興味・関心に合わせた教育活動を行う養護や保育といった部分に重点を置き、子どもの心身の健康を育む活動を行う

つまり、幼稚園は「小学校進学前の教育機関」で保育園は「保育が必要な子どもたちのケアをする施設」という違いがあります。

カナダのチャイルドケア

カナダのチャイルドケアは州ごとで様式や指導方針が大きく異なります。カナダの場合、幼児教育や育児制度は各州に任されているため、保育料の負担額やカリキュラムの充実度なども住んでいる州で変わってきます。

 

ちなみに、カナダの義務教育は5、6歳から15、16歳まででとなっています。つまり、5歳以前のチャイルドケアは義務教育ではないため、かかる費用は自己負担になります。

 

もちろん、政府はチャイルドケアに関する資金の援助や子育て支援を行っており、6歳以下の子どもを持つ家庭には一人につき、月100カナダドル(約7,900円)を補償しています。しかし、それだけではとても足りず、現状の厳しさから政府に改善とより手厚いサポートを求める声があがっています。

 

カナダのチャイルドケアには4つの種類がありますので、それぞれ違いを見ていきましょう。

①プリスクール

プリスクールは午前か午後のどちらかで2~4時間という短時間、コミュニティーセンターなどで遊びます。給食やお弁当といったものはなく、各々で済ませます。1つのプリスクールに毎日通う人はほぼおらず、いくつかのプリスクールを掛け持ちしていたり、週の数日だけ通い、残りは自宅で過ごしたりといったやり方が多いです。

②デイケア

デイケアは日本の保育園に近い役割で、朝から夕方まで保護者が仕事に出ている間、保育の必要な子どもを預かります。施設によりますが朝は7:30~8:00から開所し、夕方は5:30~6:00までという所が多いです。カナダのデイケアにかかる費用は週5日通った場合で、月に約1,000~1,500カナダドル(約79,000~118,000円)とかなり高額です。

③キンダーガーデン

カナダのキンダーガーデンの多くは小学校の中にあり、小学校に進学する前の年に通います。日本と違い、キンダーガーデンに通うのは一年間のみ。州や学校によっては二年間通うというところもありますが、基本的なイメージとしては小学校の準備段階となります。そのため、カナダのキンダーガーデンで働くためには小学校の教諭免許が必要です。キンダーガーデンからは義務教育となるので、費用は政府負担となります。

④個人ファミリーデイケア(ファミリーチャイルドケア)

個人ファミリーデイケアまたはファミリーチャイルドケアは、州によって規定は異なりますが少人数の子どもたちを預かり、家庭的な保育を行うものです。保育者が住んでいる家を保育所として利用し、いつも同じ保育者と子どもたちが家族のように過ごします。保育者の住んでいる住居で提供されるチャイルドケアサービスのことを言います。

\チャイルドケア留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

カナダのチャイルドケアで働く際に必要な資格


カナダの保育士資格をECE(Early Childhood Educators)といいます。ECEには種類があり、それによって働ける条件が異なります。ECE資格を取得するためには、認定を受けた専門学校やカレッジなどでECEコースを修了することが必要です。

 

ECE資格を取得したうえで、それぞれの州ごとで管轄されている保育士レジストリーに登録して、実際に働けるようになります。今回はバンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州(BC州)の情報を参考に紹介します。

アシスタント保育士資格 ECEA(Early Childhood Educators Assistant)

アシスタント保育士資格は比較的短期間のコースの受講で取得が可能です。実際に働く際は、ECEの監督のもとで働くことになります。レジストリーに登録するためには、400時間以上の実務経験が必要です。

 

簡単に取得できる資格ではありますが、ECEとは知識の差が大きいとみなされてしまい、良い園ではあまり採用されません。

正規保育士資格 ECE(Early Childhood Educator)

5 year ECE(資格有効期間 五年間)

3歳以上5歳以下の小学校進学前の幼児をデイケアやプレスクールなどで保育できる資格です。500時間以上の実務経験が必要です。

1 year ECE(資格有効期間 一年間)

3歳以上5歳以下の小学校進学前の幼児をデイケアやプレスクールなどで保育できる資格です。実務経験が500時間未満で5年間有効のECE資格にレジストリーできない場合、この一年間有効のECEとしてレジストリーします。

特殊資格

特別ケア保育士 SNE(Social Needs Educator)

特別なケアを必要とする子どもの保育に携われる資格のある保育士です。レジストリーには、認定された学校の指定のコースを修了することと、五年間有効のECE資格を持っている必要があります。

乳幼児保育士 ITE(Infant Toddler Educator)

新生児を含む3歳未満の乳幼児の保育に携われる資格のある保育士です。レジストリーには認定された学校の指定のコースを修了することと、五年間有効のECE資格を持っている必要があります。

カナダでのチャイルドケアワーカーの需要の高まり


チャイルドケアに携わる人を「チャイルドケアワーカー」といいます。チャイルドケアワーカーはプリスクールやデイケアといった施設だけではなく、個人の家庭でも求められています。

 

特に、カナダの都市部のチャイルドケアはサービスが不足しており入所が困難です。また、通う費用も自己負担で高額です。そのため、個人でベビーシッターやナニーといった形の保育を利用する人が増え、チャイルドケアワーカーのニーズが高まっています。

 

ベビーシッターやナニーの場合、特別な資格は義務付けられてはいませんが、ECE資格を持っていると優遇され採用されやすくなります。

 

チャイルドケア以外の職種ですと公立カレッジに行ってPGWPを取得することで永住権に繋げる流れが一般的ですが、チャイルドケアは需要が高いため私立カレッジ卒業でも比較的容易に就労ビザ(LMIA)をサポートしてくれる雇用主を見つけることができます。

 

チャイルドケアのCo-opプログラムも増えてきておりますので、他の職種に比べると費用を抑えて短期間で永住権を取得することが可能です。

チャイルドケアプログラムの内容

概要

チャイルドケアプログラムでは、ECE資格取得後に即戦力となれるようにカナダの保育観を学び、実際に現場で実習を行います。アートや演劇といった表現活動の講習などもあり、現場で役立つ幅広い知識とスキルを養います。

授業内容

それぞれの州で保育士資格を取得するために必修としているカリキュラムやスキルを習得するためのプログラムが提供されます。

 

例えばBC州の場合、必須課程として地域のプリスクールやデイケアでの実習、心肺蘇生法やファーストエイド、食品衛生のサティフィケート取得などが義務付けられています。

 

選択したコースによっては、その他にも新生児や特別なケアを必要とする子どもの保育資格を取得できるプログラムもあります。

受講に必要な英語力

保育士資格を取得するために定められている英語力は特別ありません。しかし、ほとんどのカレッジや専門学校の入学条件としてTOFLE IBT71~88、IELTS6.0以上という高い英語力が定められています。

 

英語力に不安がある人は提携先の語学学校に通って基本的な英語力を身に付けてから本科の入学を目指すという方法があります。

コース期間

受講するコースや学校によってコース期間に差はありますが、基本的なチャイルドケアプログラムの場合、フルタイム受講で約1年間が一般的です。コースには400~500時間の研修が含まれています。

 

これによってECE資格取得に必要な研修時間をカバーし、レジストリーする際に必要な就労時間として含めることができます。

費用

選択するコースや学校によって費用には差がありますが、今回はSprott Shaw College(スプロットショウ・カレッジ)のチャイルドケア(ECE)コースの費用をご紹介します。

Early Childhood Education BasicEarly Childhood Education Diploma
期間45週間(10週間の実習を含む)77週間(18週間の実習を含む)
授業料15,800カナダドル26,840カナダドル
テキスト代2,594カナダドル3,755カナダドル

スプロットショー・カレッジ (SSC)

必要なビザ

チャイルドケアの専門学校やカレッジ、または大学に通うことになるため、学生ビザの取得が必要です。6か月以内の短期間のコースであればワーキングホリデービザでも就学することは可能です。

カナダの学生ビザの取得方法を申請画面の和訳付きで徹底解説!

\チャイルドケア留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

卒業後の進路


ECE資格のためのコースを修了した後は、学校で取得した資格、健康診断書、無犯罪証明書など各州が指定した書類を提出し、レジストリー登録を行います。

 

その後無事に保育士免許(レジストリーナンバー)を取得し、初めてカナダでECE資格のある保育士として現場で働くことができます。

 

しかし、保育士免許は就労ビザではありません。保育士として働くためのビザの別途取得が必要になります。

卒業後の主な就職先

プリスクールやデイケアなどの施設

指導方針は園によって異なりますが、カナダのチャイルドケアは「遊びからの学び」を重視しています。国籍も文化も異なる子どもたちを預かることになるので、多様性を理解し受け止める保育が行われます。

日系のチャイルドケア

カナダに移住した家族や日系企業に勤める駐在家族で日本語での保育を希望する人たちに向けて日系のチャイルドケアもあります。

ファミリーチャイルドケア

個人でチャイルドケアを希望する家庭に、住み込みや通いでベビーシッターやナニーとして働く人もいます。こういった個人チャイルドケアの場合、仕事を依頼する保護者が就労ビザのスポンサーになります。

日本に帰国し、インターナショナル保育園・幼稚園に就職

海外の保育をしっかりと学び、実務レベルの英語力を習得した経歴は日本での大きなキャリアアップにつながります。

 

日本のインターナショナル園では日本人の特性と海外の保育観を熟知している人材を求めています。希少価値の高い人材として、日本の保育業界で活躍する道もあります。

チャイルドケアの資格は永住権に役立つ?

永住権取得までの流れ

ECEプログラム修了→ECE資格取得→ワーホリに切替、LMIA(就労ビザ)をサポートしてくれる園で1年以上勤務→永住権ポイントが到達次第、BCPNP申請

日本と同じようにカナダでも保育現場の人手不足は深刻化しています。そのため、2019年6月にカナダ移民局はチャイルドケア、ケアギバーの永住権申請に関する規定を緩和し、より永住権申請がスムーズになるように改訂しました。

 

これによって永住権申請と就労ビザ申請(家族がいる場合は家族のビザ)を同時に移民局に提出するということが可能になりました。

 

永住権申請のカテゴリーの中にケアギバー(チャイルドケアを含む)クラスというものがあり、カナダのチャイルドケアの人手不足をスキルのある優秀な移民を受け入れることで補おうとしています。

 

永住権申請の中でも、永住権を取得できる可能性の高い方法です。

よくある質問

日本の幼稚園教諭免許や保育士資格を持っていたらカナダでも働ける?

日本で保育に携わる資格をすでに取得している人がカナダで働くことは可能です。就職の際に、日本の保育現場で働いた経験があることは有利に働くのも事実です。

 

ただし、日本の幼稚園教諭免許や保育士資格をカナダの有効な免許に書き換える必要があります。(この場合、日本の免許が失効することはありません)

 

免許書き換えには数多くの審査があり、申請から免許書き換え完了までに通常8ケ月から1年程度かかると言われています。

カナダの保育士の給料ってどのぐらい?

日本では保育士の給料が低いことが問題として取り上げられるようになり、各自治体が少しずつ賃金アップを始めています。カナダは保育士資格を持って働くチャイルドケアワーカーに対する賃金は平均時給より高めの設定です。

 

以下は、BC州における目安給料です。BC州の最低賃金は14.60カナダドルとなっています。

資格時給
ECEA(アシスタント保育士)15~16カナダドル
ECE(正規保育士)17~19カナダドル
ITE(乳幼児保育士)20~23カナダドル
SNE(特別ケア保育士)20~23カナダドル

こんな人におすすめ

  • 子どもが好きで、カナダの保育や教育の現場に興味がある人
  • ボランティアや人助けなどに意欲的に取り組める人
  • 現在保育や教育について学んでおり、日本とカナダの保育観の違いを体験してみたい人
  • 日本でもともと保育士や幼稚園教諭として働いていた経験のある人
  • カナダへの移住を真剣に考えている人

\チャイルドケア留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

チャイルドケアを学ぶのにおすすめの学校

Vanwest College(バンウェスト・カレッジ)

バンクーバーにてチャイルドケアのCo-opプログラムを提供している私立カレッジです。

 

実習期間で3つの異なる園で働くことができるのが最大の特徴です。園によってもちろんそれぞれ特徴/雰囲気が異なりますが、勤務開始するまでは実情がわからないことが多いです。

 

Co-op期間に3つの園で勤務することで自分がどの園と相性が良いのか見極めることができます。実習先は学校で手配してもらえます。

 

移民コンサルを持つ日本人カウンセラーが常駐していたり、ECE担当のスタッフから資格取得の申請をサポートしてくれたりと何かとサポートが手厚いカレッジです。

Vanwest College Vancouver(バンウェストカレッジ・バンクーバー)

Pacific Link College(パシフィック・リンク・カレッジ)

2017年に開講した比較的新しい学校で、バンクーバーの隣町であるバーナビー/サリーにキャンパスがございます。

 

1年間のCo-opプログラムを提供しており未経験者にもおすすめです。授業が週2日ですので働きながらや子供の送迎をしながらでも通いやすいカレッジで、移民コンサルが在籍しているので永住権の取得にも向いているカレッジです。

Pacific Link College(パシフィックリンクカレッジ)

SELC(セルク)

カナダで最安値のチャイルドケアプログラムを提供している私立カレッジです。ただし、チャイルドケア未経験者向きではなく、経験者向けのプログラムとなっております。

 

日本人オーナーでサポートは手厚いため、経験者にはおすすめのカレッジです。

SELC Career College(SELC キャリア・カレッジ)

Sprott Shaw College(スプロットショウ・カレッジ)バンクーバー

Sprott Shaw Collegeは、1903年から開講しているブリティッシュコロンビア州(BC州)の中でも最も歴史あるビジネス専門学校です。学校のモットーが実践力を重視し、卒業後のキャリアにつなげることを大切にしています。

 

そのため、学校の授業内で学ぶ知識と実際の現場で学ぶ実習をバランスよく取り入れた実践型のカリキュラムを組み、英語環境の保育現場で通用する保育者育成に力を入れています。ハンディキャップのある子供のチャイルドケアプログラムなど応用科目も開講しております。

 

BC州のデイケアやプリスクールで保育士として働けるECE資格を取得できるコースを提供しており、留学生だけではなくチャイルドケアワーカーを目指す現地のカナダ人も通っている点が特徴的です。

 

Co-opプログラムを提供しており、Co-op先の手配率は100%となっております。

スプロットショー・カレッジ (SSC)

George Brown College(ジョージブラウン・カレッジ)トロント

George Brown Collegeは25,000人もの学生数を誇るオンタリオ州の大規模カレッジのひとつです。「トロントで保育士資格を取るならジョージブラウン・カレッジ」と言わるほどトロントで保育士を目指す人から高い人気を集めています。

 

プログラムにはデイケアでの実習がしっかりと組み込まれています。トロントがあるオンタリオ州の場合、保育士資格にはECEとECA(Early Chilhood Assistant)の二種類があり、この学校ではそのどちらも取得することができます。

 

講師陣は現場での実績経験がある優秀な人たちばかりなので、卒業後の仕事に役立つ知識や技術を習得することができます。

George Brown College(ジョージブラウン・カレッジ)

Centennial College(センテニアルカレッジ)トロント

Centennial Collegeは世界各国から多くの留学生が集まる国際色豊かな公立カレッジです。ここのECEプログラムは二年間のコースとなっており、プログラムの後半にはキンダーガーデンでの教育実習が含まれています。

 

留学生の受講枠が限られているため、早めからプランを立てることをおすすめします。6キャンパスのうち、プログレスとアシュトンビーの2つのキャンパスで受講できます。

 

カレッジの付属のフルタイム語学学校ELL(English Language Learning)があるので、カレッジの本科を受講する前に英語力の基礎を固めることも可能です。

 

公立カレッジですのでPGWPを取得することが可能です。

 

なお、一般的に公立カレッジの方が私立カレッジよりも単位取得は難しいため卒業するには一定の努力が必要です。

Centennial College(センテニアル・カレッジ)

\チャイルドケア留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

まとめ

カナダの保育観は、子どもたちの自主性や多様性を尊重し、遊びの中から学ぶ経験を大切にするというものです。最近では日本の保育観もグローバル化に伴い変化していっていますが、カナダの保育から学べることはたくさんあります。

 

カナダでの永住を目指す人にとっても、カナダで学んだ経験を日本に帰ってきて活かそうと思っている人にとっても、カナダのチャイルドケアを学ぶことは大きなメリットがあります。

カナダのチャイルドケア専門学校一覧

スプロットショー・カレッジ (SSC)

スプロットショー・カレッジ (SSC)

$8,927~

就職率はほぼ100%なので、カナダで就職したい人向きの専門学校です。日本人スタッフがいてカナダでの就職に関して相談できます。受講プログラムが豊富にあるので、自分の希望する職場を見つけやすいです。
カモーソン・カレッジ(CAMOSUN COLLEGE)

カモーソン・カレッジ(CAMOSUN COLLEGE)

$312/週~

大規模な総合カレッジであり、カレッジ進学コースを修了後に進学が可能です。カレッジには地元の学生がいるので、異文化交流や実用的・実践的な英語を学ぶ場として最適です。
Georgian College(ジョージアンカレッジ)

Georgian College(ジョージアンカレッジ)

$353/週~

ジョージアンカレッジ付属語学学校では、経験豊富な教師による少人数制の進学英語プログラムを提供しています。この進学英語プログラムは留学生の為だけに作られています。
ノースアイランドカレッジ・インターナショナル・エデュケーション(NIC)

ノースアイランドカレッジ・インターナショナル・エデュケーション(NIC)

$400/週~

生徒へのきめ細やかなケア、70種類以上のコースに定評を持つカレッジです。実習や職務体験等を盛んに行い、卒業後のサポートも充実しています。カレッジには約3000人の生徒が通い、留学生の割合は5%以下と低め。
Seneca College(セネカカレッジ)

Seneca College(セネカカレッジ)

$283/週~

100か国以上から毎年3500人以上の留学生を積極的に受け入れています。ファッションや幼児教育、ビジネスなどコースの多さは総合カレッジならではの魅力です。

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

カナダでデジタルマーケティングを学ぼう。永住権に繋がりやすい!


近年インターネットやSNSを利用した広告やビジネスが普及してきています。デジタルマーケティングは、その分野に欠かせない今後も伸びつづける需要の高い分野です。カナダにはデジタルマーケティングスキルを習得できるカレッジやCo-poプログラムが豊富にあります。今回は、デジタルマーケティングとは何か、卒業後のキャリア例やスキル習得する複数のメリット、留学方法、学べるプログラムやカレッジなどについてご紹介していきます。

デジタルマーケティングとは

概要

デジタルマーケティングとはその名の通り、インターネットやI T技術を利用したデジタル上の商業手法のことを指します。現代、消費者は店頭で買い物をするだけでなくオンラインのクチコミや広告、宣伝を元に買い物を楽しむ人々が増えてきています。

 

デジタルマーケティングでは、店頭だけでなくインターネット広告やメール、SNSを活用した効果的なマーケティングを展開し、デジタル上で顧客に情報や宣伝をすることが可能となります。デジタル上で消費者のショッピングデータを解析し、顧客の関心や興味を分析することにより、より戦略的なビジネスアプローチを実現できます。

 

対面しなくても消費者との接点を作ることができるデジタルマーケティングは、テクノロジーが発達しつづける現代のビジネスに必要不可欠なスキルの一つだと言えるでしょう。

デジタルマーケティングで学習する科目

デジタルマーケティング学を専攻する場合、基礎的なビジネス学に加えて、オンラインマーケティング手法についても学習します。

 

履修する科目の代表的なものには、マーケティング入門、デジタルマーケティング基礎、ペイドマーケティング、コンテンツマーケティング、ビジネスのための統計学、ウェブデザイン戦略、マーケティング技術とオートメーションなどがあります。

 

入学初期に基礎的なビジネス学、デジタルマーケティング学やメディアマーケティング学を学んだ後は、Google SEOやデータアナリティクス、広告プラットフォーム管理など、デジタルマーケティングの細かい分野を選択科目として履修していくプログラムも多いです。

卒業後のキャリア例

デジタルマーケティングを活用できるキャリアは、オンラインサービスや販売、広告などに関する職業が一般的です。オンライン上で商品を紹介する商品マーケターや、膨大な情報とデータを管理・分析するウェブアナリスト、SEO熟知し企業の宣伝をサポートするSEOプランナーなどが代表的なキャリアとして挙げられます。

 

さらに、InstagramやXなどのSNSによるアプローチのプロフェッショナルであるSNS運用スペシャリスト、オンライン広告作りに携わるデジタル広告プランナーなどの職業もデジタルマーケティングスキルを活かせる職業です。

 

デジタルマーケティング業界のキャリアは流行の流れや情報のアップデートが早いため、最新の情報を元にパフォーマンスをしていくことが重要な業界です。マーケットの動向を注意深く観察し、最新かつ効果的なアプローチが必要とされます。

カナダでデジタルマーケティングを学ぶ3つのメリット

1. 現地就労しやすい

カナダでデジタルマーケティング学を学習するメリットの一つ目は、プログラム修了後、現地就職に繋がりやすいという点です。デジタルマーケティング学は需要が高いため、スキルと経験があればコンサルティング会社や広告代理店、メディア会社、Web制作会社、小売業など幅広い分野で必要とされる人材になれます。

 

その需要の高さから、デジタルマーケティングは他のマイナーな学問と比べて現地就職先を見つけやすい傾向があります。

 

Co-opなどのプログラムやポスグラビザを取得することで、現地で仕事探しがしやすくなります。また、在学中に現地のインターンシップ経験を得ることも可能なので、留学を通すことで卒業後に現地の仕事を見つけやすくなります。

2. 永住権に結びつきやすい

カナダでデジタルマーケティング学を学習する二つ目のメリットは、最終的にカナダの永住権取得できる可能性があるという点です。カナダは就労ビザやカレッジ留学後に取れるポスグラビザ、ワーキングホリデービザなどが英語圏では比較的とりやすい国です。

 

カナダでデジタルマーケティング学のディプロマを取りポスグラビザを利用、またはCo-opビザから他の就労可能なビザに切り替えることで、その後永住権を申請することが可能となります。ポスグラビザは最長で3年間カナダでの就労を許されるので、カナダに長期滞在したい方や永住を希望する方に便利なビザです。また、ワーホリビザや就労ビザを活用して永住権を目指すこともできます。

 

現地で一定の就労経験を得ることが永住権取得に直結します。現地就労前にカナダに留学するのとしないのとでは、仕事の見つけやすさに違いが出てくるため、留学してから就労を目指す方が仕事探しにも有利となります。

カナダ永住が叶う!カナダ永住権の取得方法とメリット・デメリット

3. IT初心者でもデジタルマーケティングは学びやすい

カナダでデジタルマーケティング学を学習するメリットの三つ目は、この分野の学問はIT初心者でも比較的習得しやすいという点です。デジタルマーケティング留学は、高校卒業資格と一定の英語力があれば入学条件を満たせる他、未経験でも基礎から学べば勉強しやすい学問の一つです。マーケティングの知識がない初心者でも、きちんと勉強すれば現地の授業について行くことは大いに可能です。

 

日本での社会人経験やマーケティング知識がなくて心配な方は、留学前に日本語でデジタルマーケティングを勉強しておくと、留学のハードルを下げることができます。デジタルマーケティングはSNSなどと関連しているため、日頃から社会の流行やフォロワーが多いアカウントを自分で分析、調べることなどもデジタルマーケティング学習において役に立ちます。

 

そのため、デジタルマーケティンングは一定の英語力と日頃の勉強習慣があれば、カナダでディプロマを取得することも可能です。

カナダで『IT留学』する魅力とは?専門学校のカリキュラム・卒業後のキャリア。

カナダでデジタルマーケティングを学ぶ2つの方法

1. Co-op(低予算)

カナダでデジタルマーケティングを学ぶ際には、Co-op制度を利用できます。Co-op制度は、就学後、有給インターンシップの権限を得られる留学方法です。基本的に就学期間がインターンシップ期間となり、最短8ヶ月から参加できます。

 

ビジネス分野やI T分野はCo-op留学でも人気な分野であり、カナダにはデジタルマーケティングを学習できるプログラムやカレッジが豊富にあります。Co-op留学では、就学中もアルバイトが可能なので、在学中の費用を抑えることにも繋がります。就学後は、フルタイムで働けるのも金銭面で魅力的な点です。

2. 公立カレッジ(PGWPが取得可能)

カナダでデジタルマーケティングを学ぶもう一つ目の方法は、公立カレッジのプログラムに進学することです。こちらの方法を利用するとポスグラビザが申請できるため、プログラム修了後現地で8ヶ月から最長3年間の就労が可能となります。また、雇用先が限定されないため就職の幅が広がるのもこちらの方法の魅力です。

 

こちらの方法では、カナダの高等教育機関のデジタルマーケティングプログラムに参加する必要があります。8ヶ月以上2年未満の就学で、プログラム期間と同等のポスグラビザが申請でき、2年以上の就学では3年間のポスグラビザが申請可能です。

カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

デジタルマーケティングを学べるCo-opプログラム4選

CICCC


Cornerstone College (CICCC)はバンクーバーのダウンタウンにある専門学校です。こちらには一年でディプロマを取得できるCo-opプログラムがあります。CICCC は、I Tやデジタルマーケティングに強い学校として知られており、高校卒業資格のある18歳以上でTOEFL IBT65以上の英語力を満たす人であればプログラムに参加できます。

 

在学中は、デジタルマーケティングの基礎、S N S運用、S E O対策、コンテンツ作成などを学習でき、現地企業からのゲストを前にプレゼンテーションをする機会もあるという本格的なプログラムを提供しています。

CICCC(コーナーストーンカレッジ)

CCTB


Canadian College of Technology and Business(CCTB)は、バンクーバーと郊外に二つの校舎を持つ学校です。こちらの学校には、学生の就職がゴールという明確なポリシーがあり、現地就労のためのキャリアサービスが充実しています。

 

在学中は、週二日の対面授業とリモート環境で学習が進められるため、フレキシブルなスケジュールも特徴的です。Co-opデジタルマーケティングコースは、24週間の受講と24週間の就労で構成されています。Google Analyticsや企業広告企画、マーケティングリサーチなどを学ぶことができます。

Canada College Technology and Business(CCTB)

TSoM


Toronto School of Management(TSoM)は、トロントのダウンタウンに位置するビジネスとホスピタリティの専門学校です。こちらは夜間コースを展開しており、授業開始日も豊富な学校です。様々な種類のCo-opプログラムを提供しており、デジタルマーケティングディプロマは、在学期間24週間、就労12週間で構成されています。

 

ウェブメディアやS N S、紙媒体を含めた広告知識とスキルを学べるコースとなっており、HTMLやCSSなどのコードからGoogle Analyticsなどのツール活用スキルも習得できます。

TSoM(トロント・スクール・オブ・マネジメント)

Greystone


Greystone Collegeは、バンクーバーとトロントに展開するビジネス、ホスピタリティ、TESOLコースを展開する学校です。こちらの学校は、少人数の授業体制で卒業後に即戦力として働ける人材育成を目標に掲げています。また国際式が豊かなこちらの学校は、多文化な校風も特徴的です。

 

デジタルマーケティングコースは、その分野で活躍し続けている現役の専門家が講師として学生に授業を提供しています。デジタルマーケティングプロフェッショナルとデジタルマーケティングソーシャルメディアプロフェッショナルの二つのCo-opプログラムを提供しています。

Greystone College(バンクーバー)

デジタルマーケティングを学べる公立カレッジ3選

Douglas College


Douglas Collegeは、バンクーバー近郊に二つの校舎がある公立カレッジです。こちらの学校には二年間でポストバカロレアディプロマを取得できるデジタルマーケティングプログラムがあります。在学中は、マーケティングの基礎から書類デザイン。デジタル分析、ビジュアルコミュニケーション、電子商取引、プロモーショナル戦略などを学ぶことができます。

 

こちらの学校のカリキュラムには自習やフィールドワーク、企業見学などが含まれており、卒業後に現地就労するための準備を効果的に進められます。また大学編入の機会もあるため、もっと勉学を深めたい人はブリティッシュコロンビア州にある大学に編入し勉強を続ける道もあります。

ダグラスカレッジ(Douglas College)

Georgian College


Georgian Collegeはトロント郊外の自然豊かな場所にある公立カレッジです。こちらの学校には、二年間でビジネスマーケティングディプロマを取得できるプログラムがあります。こちらのプログラムはCo-opプログラムとなっています。

 

会計学からチームワーク、コミュニケーション、リーダーシップなどの経営学の基礎をまず学んだ後、広告デザインや応用デジタルマーケティング、戦略的マーケティング計画など専門的なことを学ぶことが可能です。こちらは、経営学全体をカバーする基礎知識と従来の基本マーケティング手法を学びながら、デジタルマーケティングやデザインの知識も養えることができるプログラムとなっています。

Georgian College(ジョージアンカレッジ)

Niagara College


Niagara Collegeは、世界遺産にも登録されるナイアガラの滝近郊に位置する公立カレッジです。こちらの学校は自然豊かな環境にあり、学生の満足度が高い教育とサービスが受けることができます。ホスピタリティやワイン醸造プログラムなどが有名ですが、高品質な経営学のプログラムも提供しています。ビジネス管理マーケティングプログラムは、Co-op制度を利用できます。

 

コンピューターアプリケーションやマーケティングリサーチ、国際マーケティング、消費者行動法則など幅広くデジタルマーケティングを含む内容を学ぶことができます。こちらのプログラムも経営学の基礎が軸となるため、入学初期はビジネスの基礎科目から学ぶことになります。

Niagara College Canada(ナイアガラ・カレッジ)

まとめ

未来のある学問、デジタルマーケティングは今後もその市場の成長が期待されています。カナダには、デジタルマーケティングの知識や実践経験を得られるプログラムが豊富にあります。カナダは、現地の就労経験が得られるだけでなく、永住権の道も開ける貴重な留学先です。後悔しない留学を実現させるためにも、Co-op留学とカレッジ留学、コスト面や就学期間などを考慮してどちらが自分に適しているのか考えてみることをお勧めします。

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

カナダで『IT留学』する魅力とは?専門学校のカリキュラム・卒業後のキャリア。


IT業界で働く人の中には、海外転職やフリーランスとして活躍することなどを考えている人も多いのではないでしょうか。また、IT業界への就職を考えている学生で、就職活動に役立つスキルが欲しいという人もいるでしょう。

 

日々成長と進化を続けるこれからのIT業界に求められるのは”ITの最新技術に関する知識”と”英語力”と言えるでしょう。この2つを同時に取得できる方法がカナダIT留学です。

 

今回は、カナダIT留学のメリットや学べる内容などを幅広く紹介していきます。

IT業界の動向と英語力の必要性


これまでITの最先端の国と言えば、アメリカや中国などが王道でした。しかし、ここ数年、スウェーデンやフィンランドといった北欧諸国や、エストニアなどヨーロッパ圏の国が話題にあがるようになってきました。近頃話題のキャッシュレス決済はスウェーデン発祥の技術です。

 

IT業界は日々進化し、変化し続けています。そういった情報は基本英語で発表されており、日本語に訳される頃には、またアップデートされているというケースも多いです。そこで求められるのが、発信される英語の情報をそのまま理解できる英語力。

 

最近では日本でも様々なものがIT化され、ソフトウェア開発者やプログラマーといったITに精通する人材の需要が高まっています。そんなIT業界で今後活躍していくためには、英語力の習得が必要不可欠と言えるでしょう。

カナダでIT留学するメリットとデメリット

3つのメリット

①ITを学ぶのに最適な環境が整っている

カナダにIT留学をする最大のメリットは、ITに関する知識やスキルと英語の両方を学べることです。最近は北欧やヨーロッパ圏の国がIT業界を牽引しているとはいえ、カナダも負けてはいません。

 

西海岸のバンクーバーには、AmazonやMicrosoftといった有名企業がオフィスを構えており、IT業界の中心地として栄えています。また、ビジネスチャットとして最近よく使われる“Slack”(スラック)は、2014年にカナダで開発されたコミュニケーションツールです。

 

カナダのIT留学では、そういった開発のプロセスや仕組みを学ぶことができます。カナダのIT系の学校は様々な企業と連携し、学生がより実践的な学びができるようにカリキュラムを構成しています。

②移民大国で、多言語文化である

カナダは移民の受け入れに積極的で、様々な民族で成り立っている多民族国家です。そのため、カナダには様々な文化や言語、価値観を持つ人が移住してきます。ITは英語圏だけではなく、様々な国の言語で使われています。

 

IT業界は英語がベースにはなりますが、全世界の人に技術を普及させるためにはその国の言語に精通した人材が必要です。そのため、移民国家で多言語の人が集まるカナダは、IT業界で即戦力となる人も集まりやすく、まさにIT業界が発展していくのに最適の環境と言えるでしょう。

 

また、様々な国から集まった人たちの中で生活することで、国際的な視野で物事を判断する力や、コミュニケーション能力といったものを養うことができます。

③現地採用や永住権取得も目指せる

IT業界やWEB業界は、カナダの成長産業のひとつで、IT系職種は専門ごとに細かく分かれています。日本で一般的なSE(システムエンジニア)という職種は、カナダでは”ネットワークスペシャリスト”や”WEB開発者”など、より専門性を掘り下げた職種で呼ばれます。

 

ちなみに、Immigration.caの調査によると『2023年にカナダで最も需要のある職種』の第1位は、ディベロッパー(開発者)と言われています。このランキングからIT系の職種が成長産業で、需要が高いことが分かります。

 

また、カナダにIT留学をした場合、ポスグラ(PGWP)を使って企業で働きながら経験を積むことができます。その経験で培った知識や人脈を活かせば、現地採用も確実に狙えますし、カナダへの永住を考えている人にとってもこれは大きなチャンスと言えるでしょう。

カナダのポスグラ(PGWP)の全貌を徹底解説!ビザ申請もこれで安心

2つのデメリット

①留学費用が高い

IT系コースに共通しているのが、留学費用が高いことです。最新の技術を学ぶためには、やはりそれなりの費用がかかります。また、コースの期間が長いことも留学費用が高くなる要因のひとつです。最新の技術を学ぶには時間がかかりますし、Co-opプログラムを利用すると1年、2年という長期留学が必要になります。

 

ただし、政府認定の公立カレッジに進学すれば、学生ビザでも週20時間以内の就労が認められています。学校のない長期休暇の期間であれば、フルタイムで働くことも可能です。学費を稼ぐほどの収入は厳しいですが、少なくとも収入を得ることができます。

働けて学べるカナダ留学!Co-opプログラムを徹底解剖

②求められる英語力が高く、専門用語も多い

他のコースと比較するとIT系コースで求められる英語力は高いです。耳馴染んでいないITに関わる全てを英語で学ぶというのは、決して簡単ではありませんよね。また、ITやプログラミングの最新技術の中には日本語に訳されていないものも多く、ゼロから英語で学ぶことになります。

 

そういった技術を学ぶのにも時間がかかる上に、英語を理解するのも一苦労。そうならないために、本科のコースを受講する前に、語学学校で英語力の基礎を固めておくというのもひとつの方法です。

【全139校】カナダの語学学校一覧。選び方の8つのポイントを解説!

プログラムの内容

概要

カナダのIT系コースは専門分野ごとに細分化されており、選択した専門プログラムごとで学ぶ内容は異なります。どのコースにも共通しているのは、学んだ知識を応用して活用する実践的な学習が行われているということです。

 

また、インターンシップやCo-opプログラムのあるコースが多く、学んだことを実践できる環境が整っています。学校によっては、授業の一環として企業と連携プロジェクトに取り組んでいるところもあり、卒業後は即戦力となる人材として活躍が期待できます。

カナダでのインターンシップでより充実した留学を実現!

授業内容

IT系コースと一口に言っても、その中には様々な分野があり、授業内容は専門分野によって多種多様です。IT系の初心者から学習できる内容から、ITの最新技術を学べるコースまで幅広い選択肢があり、自分の興味や目的に合わせて選ぶことができます。

 

今回紹介する授業内容はあくまでも代表的なもので、この他にも専門性の高い授業があります。

主な授業内容

  • ITの最新技術について
  • 基本的なプログラミング言語の習得
  • アプリ開発の知識
  • HTMLやPHP、Java、C言語など
  • アルゴリズム設計
  • ネットワーク基礎
  • オンラインビジネス関連の法律
  • 開発工程の管理の仕方 など

コース期間

IT系コースでは、キャリアトレーニング(インターンシップやCo-opプログラムなど)をメインにしているところが多く、ただ講義を受講するだけではない、実践的な内容となっています。そのため、コースの期間は約8か月から2年間という長期間であることが多いです。

 

卒業後はポスグラを使って、受講した期間と同じ期間カナダで就労することができます。さらに、2年以上のコースを修了した場合は3年間の就労ビザを取得できるため、永住権取得を考えている人には大きなアドバンテージになります。

カナダ永住が叶う!カナダ永住権の取得方法とメリット・デメリット

費用

カナダIT留学にかかる費用は、他のコースと比べると高めの設定です。理由としては、最新技術を学ぶための学校設備にかかる費用や、受講期間が長いことなどが挙げられます。

 

受講するコースや期間によって費用は変わりますが、日本人に人気の高いコンピュータープログラミングやWEBデザインのコースだと、1セメスター(日本で言う1学期)で約7,000~10,000カナダドル前後です。

 

コースによっては2年間のディプロマ取得コースもあるので、費用がかかることは覚悟しておく必要があるでしょう。

留学生が語る!カナダ留学の生活費と物価の実際と節約方法!

受講に必要な英語力

IT系コースに入学するためには、英語力を証明できるスコアを提出する必要があります。日本ではTOEICで英語力を証明するのが一般的ですが、海外での英語力の証明にはIELTSかTOEFLが一般的です。

 

学校によって入学条件に設定されている英語レベルは異なりますが、大体IELTS5.5~6.5以上、TOEFL iBT82~86のところが多いです。

必要なビザ

IT系コースのほとんどが8ケ月以上の場合が多いので、学生ビザを申請する必要があります。Co-opプログラム付きのコースの場合は、学生ビザを申請し、それに付随する就労ビザを取得する形になります。ちなみに、ワーキングホリデービザの場合6か月以上の就学ができないため、IT系コースの受講は難しいでしょう。

おすすめの学校10選

Humber College(ハンバーカレッジ)

Humber College(ハンバーカレッジ)はトロント近郊に3つのキャンパスを構える州立カレッジです。トロントにあるカレッジの中でも特にIT系や技術系コースの評価が高く、丁寧な就職サポートがあることや高い就職率などから、現地就職を目指す人に人気です。

 

ITやメディアに関連したコースが20以上という充実度を誇り、専門性の高い知識やスキルを学び、それを実践で活かせるプログラムがあります。

 

IT系コースの学生用にラボ(研究室)が用意されており、教室での受け身の授業だけではなく、それを応用した研究ができることもこの学校の魅力です。その中でも特にWEBデザインや3Dコンピューターサイエンスコースがおすすめです。

Humber College(ハンバー・カレッジ)

BCIT(British Columbia Institute of Technology)

BCITはBC州に5つのキャンパスを構える州立カレッジです。BCITはITや製造、航空宇宙学など、テクノロジーの分野に特化している学校で、高い就職率を誇ります。

 

この学校は、企業と提携して様々な研究や開発を行っている機関でもあるため、学生はより実践的な授業を受けることができます。かなりレベルの高いカレッジで、大学を卒業した人や社会人経験者など、様々なキャリアを持っている人が集まっています。

 

IT関連のコースが充実しており、WEBデザインやWEBサイトの作成などを学べるコースや、ソフトウェア開発コースから、グラフィックデザインなど、幅広いジャンルの知識やスキルを習得することが可能です。

 

レベルが高いカレッジのため入学要件も高いですが、その分、卒業生の就職率は非常に高いです。

BCIT(British Columbia Institute of Technology)

ITD Canada(Institute of Technology Development of Canada)

ITD CanadaはIT系プログラムに特に力を入れている専門学校です。ITの初心者向けの入門コースから専門性の高い最新技術を学べるコースまで幅広く展開しています。この学校は、ネットワークやプログラミング、ウェブデザインといった9つのコースに分かれており、IT系の就職に有利な実践的なカリキュラムが用意されています。

 

中でも”オープンソース・ウェブ開発”と”グラフィック・ウェブ開発”のコースが人気です。Co-op付きのプログラムもあるので、現地企業で働ける機会もあります。

 

また、学生のほとんどを留学生が占めているという背景から、留学生サポートが充実していることもポイントです。授業料の支払いを分割払いすることが可能だったり、就職支援が手厚かったりなど、心強いサポートがあります。

ITD Canada(Institute of Technology Development of Canada)

Canadian College

バンクーバーにある私立の語学学校で、高級ブティックやレストランがあるストリートにキャンパスがあります。学生寮が完備されており、食事付プランもあるので初めての留学でも安心して学校生活を送ることができます。

 

「Information Technology」とうプログラムがあり、1年の座学と1年のインターンシップで構成されています。卒業する頃にはITスキルだけではなく、コンピューターアプリケーション、マーケティング分野等、幅広い知識と理解力を習得することができます。

カナディアン・カレッジ(バンクーバー)

CICCC

バンクーバー市内にある40年以上の歴史を持つ、老舗の専門学校です。日本人スタッフが在中しており、現地でのサポートも手厚いです。

 

Web・モバイルのアプリ開発や、ITサポートエンジニアのコース開講があり2年間(座学1年、インターンシップ1年)で選択したコース内容を習得します。コース修了後はDiplomaの資格がもらえるので、現地就職や帰国後のキャリアアップでしっかりアピールすることができます。

CICCC(コーナーストーンカレッジ)

CCTB

バンクーバーにある大手教育グループのGUSに属する学校です。学校の周辺は観光地として賑わっていることもあり、安全なロケーションです。日本人マーケターが在籍していないことあり、学生の日本字比率はとても少ないです。

 

ITコースは全てPracticum(無給)のインターンシップですが、有給インターンシップ生より濃厚な実習を経験できることも魅力の一つです。CCTBのコースはIT業界での就労経験や学習経験のある方にお勧めではありますが、新しいことにチャレンジをしたい方でも系列のTLGにて語学を学び進学していくことも可能です。

Canada College Technology and Business(CCTB)

Tamwood

バンクーバー・トロント・ウィスラーにキャンパスを持つ学校です。CertificateかDiplomaの資格レベルを選択することができるので、長期留学ができない方にもお勧めです。

 

ITプログラムは、webデザイナー(UI/UX)とweb developmentに分かれており、過去にウェブ関係の業界で活躍をされていた方のキャリアアップとして非常に人気です。またIT業界から永住権を狙いたい方であれば、移民コンサルの定期的セミナーや起業希望者向けコースの開講もあるので、カナダ移住をトータルでサポートしてくれます。

Tamwood Careers(タムウッド・キャリア)

TSoM

トロントにある大手教育グループのGUSに属する学校です。費用が比較的安価で、オフキャンパス期間も多くあります。費用を抑えて専門学校へ通いたい方には大変お勧めです。

 

ITプログラムは「Diploma in Cybersecurity co-op」一つのみのコース開講で、コンピューターシステムやネットワークの調査、セキュリティやプロトコルの改善方法を身に付けていきます。期間は51週(オフキャンパス期間含)と約1年で、授業は月~木となります。

TSoM(トロント・スクール・オブ・マネジメント)

College Canada

モントリオールにある私立の専門学校で、語学学校が併設されています。唯一モントリオールで日本人スタッフが在籍しているので、安心して学校生活を送ることが可能です。

 

コースはデータベース管理、デジタルコンテンツクリエーション、ビジネスインテリジェンスアナリストとかなり深堀されているカリキュラムとなっています。全て約2年の就学期間なので、卒業後はPGWPの申請をすることが可能です。IT分野から永住権を狙う方には最適な学校です。

College Canada(カレッジ・カナダ)

Trebas

モントリオールにある大手教育グループのGUSに属する学校です。Youtuberになりたい人も通学するなど、現地ローカルの学生や留学生からも人気のある学校です。

 

キャリアサービスが充実していて、パートナー企業は70社以上あります。最新の情報を専任スタッフが管理をしているので、サポートが非常に手厚いです。ITの中でも動画編集や作成、音響などについて学ぶことができるので、就職先はIT業界にとどまらず幅広い選択肢をもつことができます。

トレバス・インスティチュート

卒業後のキャリア


ITコースを修了後は、カナダでも日本でも世界中をフィールドにしてどこででも活躍することができます。今、IT業界は知識とスキルのある人材を求めており、求人数もとても多いです。

 

やりたいことや目的に合わせて企業に就職することができますし、フリーランスやノマドワーカーとして個人での活躍も期待できます。

主なキャリア

  • WEBデザイナー/ディレクター
  • ITコンサルタント
  • プログラマー
  • ソフトウェア開発者/WEB開発者
  • ネットワークエンジニアなど

カナダのコミュニティカレッジ卒業後の進路は?就職はどうすればいい?

よくある質問

①カナダで習得した知識はどこで活かせる?

カナダで習得したITの知識とスキルと英語力があれば、様々な業界で活用することができます。

IT業界/WEB業界

  • ネットワーク構築
  • インターネット広告作成
  • WEBライターやWEBデザイナー

ハードウェア業界/ソフトウェア業界

  • AIやOS、アプリなどの開発や管理
  • パソコン、スマホ、IoT家電などの開発

IT系フリーランス

  • SNSを活用したインフルエンサー
  • ショッピングサイトの運営

通信技術業界

  • Wi-Fiやインターネット回線、5Gといった通信技術関連
  • 企業の情報システムを導入する際にサービスを提供する

②IT業界が全くの初心者でも大丈夫?

日本では全く別の仕事をしていた人や未経験の人でも、カナダでIT留学をすることはできます。ITに関する知識がゼロで未経験。という人でもコースを選べばIT業界で活躍できる知識やスキルをしっかりと身に付けることができます。

 

初心者におすすめのコースは、「フロントエンド」と呼ばれるユーザーの目に触れるWEBデザインやWEBの構築などを学べるコースです。

 

いきなり難易度の高いCGグラフィックやプログラミング言語を学ぶのはハードルが高すぎて、勉強するモチベーションを保つのが大変になります。まずは、身近な部分から学び、時間をかけて発展的な学びを深めていくのも方法です。

こんな人におすすめ

  • 英語力だけではなく、パソコンやコンピューターのスキルを伸ばしたい人
  • 実践的な技術を学びたい人
  • エンジニアとしての職務経験がある人
  • IT(情報技術)のスキルアップをしたい人
  • 現在IT業界で働いており、国際的な企業で活躍したい人
  • 北米企業で働いてみたい人

まとめ

カナダのIT留学では、実践的にITの最新技術を学ぶことができます。インターンシップやCo-opプログラムを利用すれば、現地企業での就労のチャンスもあり、より多角的にIT業界を知れます。

 

近年、カナダにはアメリカからITやテクノロジー関連の有名企業が進出してきており、IT業界の求人数は増え続けています。カナダへの永住を考えている人、北米のIT業界でチャレンジしたい人を後押しする条件が揃っています。

カナダでITを学べる学校一覧

カモーソン・カレッジ(CAMOSUN COLLEGE)

カモーソン・カレッジ(CAMOSUN COLLEGE)

$312/週~

大規模な総合カレッジであり、カレッジ進学コースを修了後に進学が可能です。カレッジには地元の学生がいるので、異文化交流や実用的・実践的な英語を学ぶ場として最適です。
Niagara College Canada(ナイアガラ・カレッジ)

Niagara College Canada(ナイアガラ・カレッジ)

$262/週~

州催行の満足度調査で堂々の第一位を5年連続で獲得した語学学校です。また日本国籍率は通年低く5%程です。高い学習意識を持つ生徒が多く集まるので、互いに刺激し合いより良い環境を築きあげられるでしょう。
Seneca College(セネカカレッジ)

Seneca College(セネカカレッジ)

$283/週~

100か国以上から毎年3500人以上の留学生を積極的に受け入れています。ファッションや幼児教育、ビジネスなどコースの多さは総合カレッジならではの魅力です。
George Brown College(ジョージブラウン・カレッジ)

George Brown College(ジョージブラウン・カレッジ)

$275/週~

立地の良さとトロントの産業界とのつながりの深さで有名な専門学校です。学生の30%近くが留学生で、国際色豊かな環境で学習したい方にはぴったりな学校です。
ダグラスカレッジ(Douglas College)

ダグラスカレッジ(Douglas College)

$353/週~

バンクーバーに位置する公立カレッジです。比較的日本人が多いとされるバンクーバーのカレッジの中でも日本人率は低く、英語に溢れた環境の中で学習することが可能です。co-opプログラムにも力を入れています。

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

カナダで憧れのCAを目指すフライドアテンダント留学

日本ではキャビンアテンダント(CA)または客室乗務員と呼ばれ、北米ではフライトアテンダント(Flight Attendant)の名称で知られる空の上の接客業。特に国際線のフライトアテンダントに憧れる人は多いのではないでしょうか。そんなフライトアテンダントに求められるのが高い英語力や国際的な感覚です。今回はカナダで憧れのフライトアテンダントを目指す「フライトアテンダント留学」について紹介します。これを読めばカナダでフライトアテンダント留学をするメリットや方法が分かります。

\CA留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

フライトアテンダント留学とは


まず、フライトアテンダント留学には大きく2つの目的があります。

  • フライトアテンダントに求められる英語力を身に付ける
  • フライトアテンダントに必要なスキルや実務を学ぶ

ちなみに、フライトアテンダント留学をすれば「フライドアテンダントになることが保障される」というわけではありません。あくまでフライトアテンダント留学をすることで、周囲に差を付けられる可能性があるということです。

 

そもそも、一般的な日本の客室乗務員の採用試験応募に必要な条件は英語力だけで、学歴や特別な資格の取得などは問われません。(※航空会社によって条件は異なります)

 

つまり、英語力があれば新卒でも既卒でも誰でもフライトアテンダントを目指すことができます。しかし、日本の航空会社全体での客室乗務員の倍率は約20倍以上とかなりの狭き門です。

 

さらに、国際線での勤務を希望する人にとっては海外のフライトアテンダントのスタンダードを学ぶことで、世界に通用するサービスを実践することができます。

 

将来の選択肢を広げるためにも、フライトアテンダント留学は今注目されています。

カナダでフライトアテンダント留学をする3つのメリット

①航空業界への就職に特化した学校がある

カナダには航空業界への就職に特化した学校があり、カナダでの就職を目指す人にとっては心強いサポートを受けられるメリットがあります。カナダにはフライトアテンダントコース限らず、ツーリズム(観光業)やホスピタリティーなどを学べるカレッジや専門学校が多くあります。

 

世界各国から集まる留学生、現地で暮らすカナダ人にとっても人気の高いコースです。そのため、それぞれの学校が航空業界との間にコネクションを持っており、インターンシップや実習など学生が現場で働ける機会を設けています。

②航空関連のサービスについて実践的に学べる環境がある

フライトアテンダントコースを教える講師陣には現役または元フライトアテンダントといった経験豊富な講師がおり、自信の経験も交えながら授業を進めます。そのため、生徒たちは知識だけではない、よりリアルなサービスの現場をイメージすることができます。

 

現場で求められる人材になるためのノウハウが知れるのは大きな魅力です。また。採用につながるための英文履歴書の書き方や面接のコツなどを実際に就職した先輩たちから教わることができるのもポイントです。

③現地の学生と学ぶことで、英語力とグローバルな視点を手に入れられる!

カナダのフライトアテンダントコースを持つ学校には、留学生と同じようにフライトアテンダントを目指す現地のカナダ人も多く在籍しています。フライトアテンダントコースの国籍比は現地のカナダ人が6~8割、留学生が2~4割というところが多く、カナダ人と過ごすことで自然とカナディアンイングリッシュを身に付けることができます。

 

また、就職活動の際、英語力の高さはアピールポイントになりますが、他にも英語力のある人は大勢います。実は、英語力の高さだけで周りと差をつけることは難しいのです。そこでポイントになるのが、日本では出会えないさまざまな国の人たちと学ぶ中で培われるグローバルな視点です。

 

それぞれの文化背景や宗教観・地域性など、留学しなければ分からないことを体験できるのが多民族国家カナダでフライトアテンダント留学をする大きなメリットです。

\CA留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

フライトアテンダントを目指すのにおすすめの学校4選

Eton College(イートンカレッジ) バンクーバー


Eton College(イートンカレッジ)はホスピタリティーやツーリズム、そしてフライトアテンダントといった専門性に特化したプログラムを行っている専門学校です。接客の現場で即戦力となれるプロフェッショナルを育成するために実習を多く取り入れています。

 

エアライン客室業務を実践するために飛行機の内部を模倣した実習教室があることもこの学校の大きな魅力です。また、卒業後の進路をサポートしてくれる専任のスタッフがおり、就職活動に必要なアドバイスやサポートを受けられます。

 

イートンカレッジはフライトアテンダントなどの航空業界に強いコネクションを持っており、卒業生の就職先にはキャセイパシフィック、アジア航空、日本航空など世界各国の航空会社があります。

イートンカレッジ(バンクーバー)

Fanshawe College(ファンショーカレッジ) トロント郊外


30週間の「FLIGHT SERVICES」が開講されています。定員が35名程度ですが、留学生枠は年間10名程度と狭き門となっております。そのため、入学日の1年前あたりで出願が締め切られますので早めの出願が必要です。

 

フライトアテンダントになるための、航空機への乗り降りの案内、緊急時の案内などのシミュレーションが授業に取り入れられております。

 

英語力はIELTS6.0が必要です。

Fanshawe College(ファンショーカレッジ)

Seneca College(セネカカレッジ) トロント


Seneca College(セネカカレッジ)はトロントエリアに10のキャンパスを持ち、留学生から高い人気を誇る総合カレッジです。フライトサービス・キャビンアテンダント養成コースでは、セネカ特注のフライトアテンダントの制服を着用したり飛行機の内部のような教室で学んだりと、より現場に近い環境がつくられています。

 

また、このコースは4セメスター(2年)というかなり長期間のコースで、じっくりと学びを深めることができます。また、最終学期には150時間の実務経験が必須で、学んだ知識やスキルを実際に現場で活かすことが可能です。

 

セネカカレッジ付属ESL(English Language Institute)があるので、英語力が足りない場合、英語の基礎をしっかりと学んでからカレッジ本科進学を効率よく目指すことができます。

セネカカレッジ

IBT College トロント


IBT Collegeはトロントにある私立カレッジです。オンタリオ州の省庁が認可した初めてのフライトアテンダントプログラムを提供しています。Canadian Institute of Travel Counselorsに認可されたディプロマプログラムを提供しています。

 

フライトアテンダントのディプロマプログラムは8週間のコースで費用は$1,895です。

IBT College

フライトアテンダント留学のプログラム内容

概要

フライトアテンダントプログラムでは、机上での講義や実習などを通して航空業界で通用する知識や技術を習得します。カナダの多くのフライトアテンダントコースが実際の航空会社での就労体験やインターンシップなどを重要視しています。

 

実習できる時間に差はありますが、カナダの航空会社で業務を行うことが可能です。学校によっては研修の一環として、実際に航空機に搭乗し現役のフライトアテンダントのサービスを学ぶ経験ができるところもあります。

授業内容

フライトアテンダントプログラムでは、理論や知識などを学ぶ授業から、実際に現場に出て実習を行うなどなどさまざまなスタイルで学びを深めます。コースの内容は学校によって多少の差はありますが、下記に挙げる実践に近いカリキュラムが提供されます。

  • 航空業界の基礎知識や専門用語
  • 機種別の機体の構造や航空機システムについて
  • 避難訓練や応急処置など緊急時の対応
  • 火災時の消火/防火訓練
  • 機内におけるカスタマーサービス
  • 障害を持つ旅行者へのサポートの仕方
  • 食の安全
  • フライトアテンダントとしての基本的なマナーやロールプレイング
  • 人間心理の理解
  • 就職活動における英文の履歴書作成の仕方や面接のテクニックなど

受講に必要な英語力

フライトアテンダントになるためには高い英語力が欠かせません。特に、カナダでのフライトアテンダント留学の場合「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」ことになるため、授業を理解できる英語力が必要です。

 

多くのカレッジや専門学校で入学条件としてIELTS6.0以上、TOEFL IBT60~80という高いスコアを提示しています。さらに学校によっては、学校独自の入学試験を行っているところもあるので確認が必要です。

 

英語力に不安がある人は提携先の語学学校や付属の語学コースを受講するという方法もあります。

コース期間

フライトアテンダントコースには8週間という短期間から受講できるものから、2年間かけてじっくり学べるものまで幅広い選択肢があります。短期間の場合は現場での実習がない場合もありますが、フライトアテンダントに必要な知識をしっかりと学ぶことができます。

 

一方で2年といった長期間の場合、学ぶ分野は多岐にわたり、実際に現地の航空会社で実習をしながらスキルや能力を吸収することが可能です。また、フライトアテンダントに関する授業だけではなく、チームビルディングやプレゼンテーションなども行います。

費用

期間費用目安
12週間7,000ドル
2年間34,000ドル

フライトアテンダントコースの費用は、通う学校や通学期間などによって異なります。12週~13週(2~3ケ月)のコースの場合、授業料や教材など含めた費用は約6,900~7,600カナダドル(約54~60万円)のところが多いです。

 

Seneca College(セネカカレッジ)の場合、フライトサービス・キャビンアテンダント養成コースの修了には2年かかります。その場合の費用は、1年間で16,996カナダドル(約134万円)とかなり高額になります。

 

当たり前ですが通う期間が長ければ長いほど留学にかかる費用は高くなります。学校費用以外の生活費については以下をご覧ください。

留学生が語る!カナダ留学の生活費と物価の実際と節約方法!

必要なビザ

カナダは6か月以内の渡航の場合はビザが免除されているので、2、3ケ月のコースの場合学生ビザは必要ありません。ただし、その場合オンラインで「eTA=電子渡航認証システム」を取得しなければなりません。申請には7カナダドル(約550円)かかります。下記サイトではeTAの申請方法についてご紹介しています。

よく分かる!観光ビザでカナダ留学する方法とeTA申請マニュアル

または、ワーキングホリデービザも6か月以内の就学が認められているので、ワーキングホリデービザを取得して卒業した後に仕事を見つけて働くという方法も可能です。6か月以上のコースの場合は学生ビザの申請が必要です。

カナダ留学にはどのビザが最適?ビザの違いと取得方法【比較表付】

\CA留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

卒業後の進路

ANAやJALなど日系航空会社

カナダのフライトアテンダントコースで学んだ経験を活かし、ANAやJALといった大手の日系航空会社のフライトアテンダントになる人もいます。

 

また、フライトアテンダントだけではなく、英語力や学んだホスピタリティーの知識を活かしてグランドスタッフやカウンタースタッフといった日系航空会社の別の職種に就職する人も多いです。

外資系企業

カナダで学んだツーリズムやホスピタリティーの知識やスキルを日本の外資系企業で活かす人もいます。フライトアテンダントコースの中には、実習やインターンシップなどを通して、リアルなカナダの職場体験をすることができます。そういった経験があることで、外資系企業で働く際にスムーズに職場に適応することが可能になります。

現地の航空会社でインターンシップ後、正規採用へ

フライトアテンダントコースを持つ学校の多くが、バンクーバー国際空港やトロント・ピアソン国際空港など、近くに空港があるロケーションにキャンパスを構えていることが多いです。

 

そのため、ポスグラ(指定のカレッジを卒業後取得できる就労ビザ)を利用して、現地の航空会社でインターンシップやアルバイトのような形で仕事を行い、そのまま正社員として採用されるという人もいます。

 

ただし、この場合はグランドスタッフや空港内の案内といった仕事が多く、フライトアテンダントとして現地採用されるためにはさまざまな条件があり難しいといわれています。

よくある質問

カナダのフライトアテンダント専門学校やカレッジを修了したら、カナダの航空会社で働ける?

カナダの代表的な航空会社と言えばエアカナダですが、エアカナダのフライトアテンダント業務に関しての募集は、カナダ国籍を持つ人のみが採用対象です。また、それ以外の航空会社でもカナダの公用語である英語とフランス語両方を話せる人材を募集しています。

 

フライトアテンダント以外でもグランドスタッフや空港内の別の職種で働けるチャンスはあるので、どうしてもカナダの航空会社で働いてみたいという人は、フライトアテンダント以外の職種にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

日本で役立つ資格は取得できる?

そもそもカレッジや専門学校の入学条件である英語力を証明できるIELTSやTOEFLのスコアは、日本でも十分通用する資格です。日本ではTOEICが英語力を判断するテストとされていますが、最近ではグローバル化の影響でIELTSやTOEFLでも英語力を証明することが可能です。

 

また、ファーストエイドの証明書は応急処置に関する資格になり、日本で役立つ可能性があります。ただ、日本とカナダでは応急処置の基準が異なったり、やり方が違ったりという場合もあるので100%通用するわけではありません。

 

目に見える資格よりも、ホスピタリティーの知識や緊急時の対応の仕方など、カナダで学んだスキルは生きる能力として十分アピールする価値があります。

\CA留学の相談をしてみる!/

無料カウンセリング予約

まとめ

カナダでフライトアテンダント留学をするメリットや特徴が見えたのではないでしょうか。グローバル化が進む今求められる能力は、英語力はもちろん、世界的なスタンダードで仕事ができる人材です。

 

カナダでのフライトアテンダント留学では、英語力からフライトアテンダントに必要なスキルや知識を世界中から集まった留学生や現地のカナダ人と一緒に学べます。この経験は、同じ目標を目指す仲間として、お互いの価値観や考えを共有しながら成長できるきっかけになります。

 

ぜひ、カナダで一歩進んだフライトアテンダント留学にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カナダでフライトアテンダントが学べる専門学校一覧

Fanshawe College(ファンショーカレッジ)

Fanshawe College(ファンショーカレッジ)

$15,000/年~

100か国以上から毎年3500人以上の留学生を積極的に受け入れています。ファッションや幼児教育、ビジネスなどコースの多さは総合カレッジならではの魅力です。
イートンカレッジ(バンクーバー)

イートンカレッジ(バンクーバー)

$311/週~

ホスピタリティーを学びの軸としたカリキュラムが用意されています。ツーリズムや航空業界に関する知識を深めたい方には最適な学校です。
Seneca College(セネカカレッジ)

Seneca College(セネカカレッジ)

$283/週~

100か国以上から毎年3500人以上の留学生を積極的に受け入れています。ファッションや幼児教育、ビジネスなどコースの多さは総合カレッジならではの魅力です。
IBT College

IBT College

$1,895~

ビジネスや旅行、医療、ITなどさまざまな専門プログラムを提供しており、オンタリオ州の省庁が認可した初めてのフライトアテンダントプログラムを提供しています。

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

幼児教育(チャイルドケア)が学べる専門カレッジ/大学一覧

幼児教育(チャイルドケア)コースについて

幼児教育コースでは、乳幼児期の子どもの発達、教育、およびケアに関連する学問を学びます。主にカリキュラムの作成、幼児の健康管理、言語とコミュニケーション、栄養学、特別支援教育などを学びます。また一般的に保育実習をするケースが多く、保育実習を通して実践的なスキルを学べる機会があります。

 

カナダの保育施設は慢性的な人材不足をかかえており、保育士・幼稚園教諭の職はニーズが高く仕事も比較的探しやすい傾向があります。またベビーシッターやケアギバーなどの仕事をする要件もカバーされる為、子どもに関わる様々な職種で幅広く活かすことができます。

幼児教育(チャイルドケア)コースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回は幼児教育コースで人気のあるGeorge Brown Collegeのコース内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目
Foundations of ECE
幼児教育の基礎
Health, Safety and Nutrition
健康、安全、栄養
Interpersonal Communication
対人コミュニケーション
Observation, Planning and Evaluation
観察、計画、評価
Applied Curriculum
実践カリキュラム
Infant and Child Development
乳幼児と児童の発達
Field Practice
実地実習
Integrated Seminar
統合セミナー
Communicating Across Contexts**
文脈を超えたコミュニケーション**
Introduction to Sociology
社会学の導入
Anti-racism in the Early Years
幼少期のアンチレイシズム
Policy, Advocacy and Legislation
政策、提唱、立法
Inclusion In Early Childhood
幼少期の包括
Working with Families
家族との協働
Professional Development Workshop
専門職のスキル向上ワークショップ
Curriculum Theory
カリキュラム理論
Creative Curriculum
クリエイティブなカリキュラム
Social Policy in the Early Years
幼少期の社会政策
General Education Elective
一般教育選択科目
Current Issues
現在の課題

必要な英語力

幼児教育コースでは専門知識やスキルを学ぶため、入学条件として英語力の証明(IELTS6.0程度)が必要になります。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

 

スコア提出ができない場合や英語力に自信がない場合は専門学校が提携している語学学校からパスウェイ制度を利用しての進学が可能です。パスウェイ制度を利用することで、IELTSやケンブリッジ検定などのスコア提出が免除されます。弊社では語学学校と専門学校をセットにしたプランのご提案もしておりますので、是非ご相談くださいませ。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate/td>

10ヶ月~2.5年237~527万円
Diploma10ヶ月〜2年186~664万円

おすすめのプラン

カナダの保育士資格であるECE(Early Childhood Education)を取得できるコースがおすすめです。ECEを取得すれば、子どもに関する幅広い職種につくことができる為、カナダでの就職に有利です。ECEには資格有効期間が5年と1年の2種類があり、ECE資格を取得するためには、認定を受けた専門学校やカレッジでECEコースを修了することが必要です。

コースの組み合わせ期間
Early Childhood Education Program2年

卒業頃のキャリアについて

幼児教育コースで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。修了したプログラムにより、対象年齢や活躍できる場が異なります。

就職先一例

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 児童養護施設
  • ベビーシッター
  • 学童保育

幼児教育(チャイルドケア)コースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
ビクトリアCamosun CollegeEarly Learning and Care, Diploma2年(16ヶ月)$31,780
コキットラムDouglas CollegeEarly Childhood Education, Diploma2年$38,205
バンクーバーLangara CollegeEarly Childhood Education, Certificate2年$26,792
バンクーバーSprott Shaw CollegeEarly Childhood Education Basic, Certificate45週$21,646
ノースバンクーバーCapilano UniversityEarly Childhood Care and Education Diploma2年$41,041
バンクーバーUniversity of British ColumbiaBC ECE Basic Certificate (part time course)2.5年$48,249
ナナイモVancouver Island UniversityEarly Childhood Education and Care, Diploma2年$60.728
トロントSeneca CollegeEarly Childhood Education, Diploma2年$30,420
トロントGeorge Brown CollegeEarly Childhood Education, Diploma(Fast track)10ヶ月$17,033
バリーGeorgian CollegeEarly Childhood Education, Diploma2年$28,300
スカボロCentennial CollegeEarly Childhood Education, Diploma2年$34,706

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

看護学(Nursing)コースが学べる専門カレッジ/大学一覧

看護学(Nursing)コースについて

看護学コースでは、医療の現場で必要な様々な知識やスキルを総合的に学びます。看護学のカリキュラムには、生物学、解剖学、生理学、薬理学、臨床スキル、倫理学、コミュニケーションスキルなどが含まれます。また、臨床実習も重要な要素であり、実際に医療現場を経験することで、患者のケアに関する実践的なスキルを磨くことができます。

 

カナダでは看護師は職業不足リストに挙げられており、コロナウイルスの影響もあり、非常に需要が高い職業です。看護師になるためには高い英語力が必要ですが、カナダでの就職や移民に繋がる可能性が高い職業です。

看護学(Nursing)コースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回は看護学コースで日本人に人気のあるConestoga Collegeのコース内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目
College Reading & Writing Skills
大学の読解力と執筆スキル
Safety in the Workplace
職場の安全
Nursing Concepts : Assessment
看護概念: 評価
Introduction to Pharmacotherapeutics
薬物治療学の導入
Professional Nursing
プロフェッショナル看護
Adult Development and Aging
成人の発達と老化
Information and Communication Technologies
情報と通信技術
Nursing Lab and Practice
看護実習と実践
Human Physiology
人体生理学
Field Placement (Practical Nursing)
フィールドプレースメント(実務看護)
Indigenous Ways of Knowing
先住民の知識の方法
Campus Clinical
キャンパス臨床
Nursing Lab
看護実習室
Nursing Concepts
看護概念
Pathophysiology and Pharmacotherapeutics
病態生理学と薬物治療学
Gentle Persuasive Approaches (GPA)
穏やかな説得的アプローチ(GPA)
Nursing Concepts : Acute Care
看護概念: 急性ケア
Nursing Concepts for Family
看護概念: 家族向け
Professional Nursing : Foundations for Community Practice
プロフェッショナル看護: コミュニティ実践の基盤
Professional Nursing : Leadership
プロフェッショナル看護: リーダーシップ
Advanced Gerontology
高度な老年学
Campus Clinical: Consolidation
キャンパス臨床: 統合

必要な英語力

看護学コースでは専門知識やスキルを学ぶため、入学条件として英語力の証明(IELTS7.0程度)が必要になります。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

 

スコア提出ができない場合や英語力に自信がない場合は専門学校が提携している語学学校からパスウェイ制度を利用しての進学が可能です。パスウェイ制度を利用することで、IELTSやケンブリッジ検定などのスコア提出が免除されます。弊社では語学学校と専門学校をセットにしたプランのご提案もしておりますので、是非ご相談くださいませ。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate8ヶ月~2年178~407万円
Diploma1年5ヶ月~2年6ヶ月329~461万円
Bachelor2~4年1000~2000万円

おすすめのプラン

カナダで一から看護師になりたいと考えるなら、4年制大学の看護学部へ進学し、正看護師(Registered Nurse)の資格をとることがおすすめです。また学費をおさえたい方は、2年間カレッジに通って准看護士(Lisenced Practice Nurse)の資格をとるのもおすすめです。

 

日本で看護師資格を持っている場合は、その資格を活用してカナダで看護師になることができますが、看護師になるための条件を満たした上で資格テストに合格する必要があります。州によって看護師になるための申請条件が異なるため、看護師をやりたい州の看護協会が認定する看護プログラムを選ぶ必要があります。

カナダの看護師制度は?学校選びから資格取得まで徹底解説!

コースの組み合わせ期間
Diploma in Practical Nursing2年

卒業頃のキャリアについて

看護学コースで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。

就職先一例

  • 診療所
  • 病院
  • 介護施設
  • コミュニティヘルスセンター

看護学(Nursing)コースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
ビクトリアCamosun CollegePractical Nursing, Diploma20ヶ月$38,850
バンクーバーLangara CollegeNursing Practice in Canada, Post-Degree Diploma2年$30,090
バンクーバーSprott Shaw CollegePractical Nursing, Diploma75週$42,157
バンクーバーUniversity of British ColumbiaBachelor of Science in Nursing20ヶ月$180,112
ノースバンクーバーCapilano UniversityHealth Care Assistant Certificate8ヶ月$19,320
トロントSeneca CollegeNursing Leadership & Management, Graduate Certificate8ヶ月$16,297
バリーGeorgian CollegePractical Nursing, Diploma2.5年$35,375
スカボロCentennial CollegePractical Nursing, Diploma2年$34,826
キッチナーConestoga CollegeEnhanced Practice for Internationally Educated Nurses, Graduate Certificate2年$37,271
トロントYork UniversityBachelor of Science in Nursing4年$135,164
トロントUniversity of TorontoBachelor of Science in Nursing2年$94,940

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

ツーリズム(Tourism)が学べる専門カレッジ/大学一覧

ツーリズム(Tourism)コースについて

ツーリズムコースでは、旅行業、ホテル、航空会社などの経営や観光・リゾート開発、ホスピタリティー、観光サービスに関することを学びます。コースには、観光プランの計画、観光客の行動分析、観光地の開発といった観光の専門分野はもちろん、顧客対応、コミュニケーション/問題解決、グローバルホスピタリティなども含まれます。

 

また、インターンシップを通じて実際の企業や組織などで経験を積む実践的なコースもあります。ツーリズムコースで学んだスキルや知識は、将来様々な分野で幅広く活かすことができる為、帰国後も学んだスキルを活かせるでしょう。

ツーリズム(Tourism)コースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回はツーリズムコースで人気のあるCentennial Collegeのコース内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目
College Communication
大学のコミュニケーション
General Education Elective
一般教育選択科目
Technology Skills
テクノロジースキル
Health & Safety Certifications for Hospitality
ホスピタリティの健康と安全の認証
Restaurant and Bar Service
レストランとバーサービス
Introduction to Tourism and Hospitality
観光とホスピタリティの導入
Presenting and Communicating Effectively for Tourism
観光のための効果的なプレゼンテーションとコミュニケーション
Principles of Management for Tourism and Hospitality
観光とホスピタリティの経営原則
Hospitality Accounting Concepts
ホスピタリティの会計の概念
Tourism Geography and Destinations
観光地理と目的地
Transportation: Air, Flights and Fares
交通: 航空、フライト、運賃
Travel Costing, Demand and Distribution
旅行のコスト、需要、配布
Introduction to Hospitality Sales and Marketing for Tourism
観光のホスピタリティセールスとマーケティングの導入
Transportation: Ground and Cruises
交通: 陸上とクルーズ
Tourism Career Preparation
観光キャリアの準備
General Education Elective
一般教育選択科目
Global Citizenship: From Social Analysis to Social Action
グローバル市民権: 社会分析から社会行動へ
Meetings and Events Management
会議とイベントの管理
Canadian Tourism in the Global Perspective
グローバル視点でのカナダの観光
Service Excellence and Professionalism
サービスの卓越性とプロフェッショナリズム
Ethics and Regulation in Tourism
観光の倫理と規制
Tourism Applications
観光の応用
Speciality Tourism, Research and Trends
専門観光、研究とトレンド
Social Media Marketing for Events
イベントのためのソーシャルメディアマーケティング
Work Integrated Learning: Tourism
統合型学習: 観光
Tourism and Leadership Development
観光とリーダーシップの発展

必要な英語力

ツーリズムースで求められる英語力は他と比べると比較的低く設定されています。ただし、カナダのカレッジや専門学校で“英語でツーリズムを学ぶのであれば、ある程度の英語力がないと授業を理解することができません。

 

一般的なカナダのキャリアカレッジや専門学校の入学条件はIELTS4.5~6.0、TOEFL IBT35~60といわれています。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate8ヶ月180万円
Diploma8ヶ月~3年176~594万円

おすすめのプラン

ツーリズムは、専門学校や大学で勉強することができます。コースは、Certificate、Diploma、Advanced Diploma、Bachelorなどから選択できます。専門学校は、実践的なカリキュラムになっており、学校卒業後に即戦力となる人材を育成することに力を入れています。

 

一方、大学ではツーリズム(観光学)を理論的に学んでいきます。大学によっては、実践的なカリキュラムも組み込まれていて、分析力、アイディア力、企画運営力、グローバルな視野を身に付けられるプログラムになっています。自分の受けたいコースや目指すキャリアによって、コースを選ぶと良いでしょう。

コースの組み合わせ期間
Tourism diploma program2年

卒業頃のキャリアについて

ツーリズムで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。また、長期の留学で得たグローバルな視点や新たな価値観は、さまざまな分野で求められるでしょう。

就職先一例

  • 旅行業界
  • ホテル・旅館業界
  • 航空業界
  • 観光業界
  • レストラン業界
  • テーマパーク業界など

ツーリズム(Tourism)コースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
ビクトリアCamosun CollegeApplied Tourism & Hospitality Management, Post Degree Diploma16ヶ月$24,355
コキットラムDouglas CollegeHospitality Management Diploma2年$38,205
バンクーバーSprott Shaw CollegeTourism and Hospitality Management Program, Diploma37週$16,115
ノースバンクーバーCapilano UniversityDiploma in Tourism Management International2年$37,240
ナナイモVancouver Island UniversityTourism Studies, Diploma2年$54,363
トロントSeneca CollegeTourism – Travel Operations, Certificate8ヶ月$16,477
トロントGeorge Brown CollegeTourism and Hospitality Management, Diploma2年$37,094
バリーGeorgian CollegeTourism, Diploma (Co-op program)2年$28,300
スカボロCentennial CollegeHospitality and Tourism Administration Advanced Diploma3年$53,146

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

調理師(Culinary)が学べる専門カレッジ/大学一覧

調理師(Culinary)コースについて

Culinary(カリナリー)は、料理や調理に関連することを指す英語の言葉です。カリナリーコースでは、調理の基礎・盛りつけ方、食品の衛生管理、調理の基本概念などシェフとして働くために必要なスキルを実践的に学ぶことができます。

 

シェフとしての基礎スキルを学べるだけでなく、飲食業界におけるマーケティングや人事などのビジネススキルも学べるのが魅力の一つです。また、ほとんどのコースでインターンシップやカレッジ内の施設での実習が含まれており、実践的な経験を積むことができます。

 

カリナリーコースは人気が高く、カナダでは永住権へ繋がる職種にも追加されている為、将来的な可能性があるコースです。

調理師(Culinary)コースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回はカリナリーコースで非常に評判が高いGeorge Brown Collegeのコース内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目

必修科目
Sanitation
衛生
Smart Serve
スマートサーブ
Café Production
カフェ生産
Fundamentals of Butchery
肉屋の基本
Nutrition Fundamentals from a Culinary Perspective
料理の観点からの栄養の基本
Beverage and Service Fundamentals
飲料とサービスの基本
Culinary Foundations
料理の基礎
Culinary Essentials
料理の必需品
Theory of Food
食品の理論
Emergency First Aid/Heartsaver CPR
緊急応急手当/ハートセイバーCPR
Communicating Across Contexts
文脈を超えてコミュニケーション
Culinary Math Essentials
料理の数学の基本
Science of Sustainability
持続可能性の科学
WHMIS
WHMIS(危険物情報提供規制)
Baking and Pastry for Cooks
コックのためのベーキングとペイストリー
Foods of the World
世界の食品
The Sustainable Chef
持続可能なシェフ
Culinary Principles
料理の原則
Culinary Concepts
料理のコンセプト
Food, Beverage and Labour Cost Control
食品、飲料、労働コストの管理
Career Preparation
キャリアの準備
Human Resources
人材
Marketing
マーケティング
Industry Mentor/Externship
業界のメンター/外部研修
General Education Elective
一般教育選択科目
Food for Special Events and Catering
特別なイベントとケータリングのための食品
Marriage of Food and Wine
食品とワインの結婚
Essential Flavors of the Modern Kitchen
モダンキッチンの必須フレーバー
Hospitality Leadership and Communication
ホスピタリティのリーダーシップとコミュニケーション
Business Entrepreneurship/Menu Management
ビジネスの起業/メニュー管理
General Education Elective
一般教育選択科目

必要な英語力

カリナリーコースでは専門知識やスキルを学ぶため、入学条件として英語力の証明(IELTS5.5程度)が必要になります。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

 

スコア提出ができない場合や英語力に自信がない場合は専門学校が提携している語学学校からパスウェイ制度を利用しての進学が可能です。パスウェイ制度を利用することで、IELTSやケンブリッジ検定などのスコア提出が免除されます。弊社では語学学校と専門学校をセットにしたプランのご提案もしておりますので、是非ご相談くださいませ。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate1年155~346万円
Diploma2年406~476万円
Bachelor4年2000万円

おすすめのプラン

公立カレッジのシェフ系プログラムの代表は“Culinary Managemet”という2年間のDiplomaプログラムです。実用的なスキルを身につけられるので、将来シェフとしてのキャリアをスタートしたい方におすすめのコースです。1年間でシェフのスキルだけ学びたい、という方は、シェフとしてのスキルだけを学べるCertificateプログラムもあります。

コースの組み合わせ期間
Diploma of Culinary Management Program2年

卒業頃のキャリアについて

カリナリーコースで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。

就職先一例

  • ホテル
  • レストラン
  • カフェ
  • ケータリング会社
  • 料理教室
  • クルーズ船など

調理師(Culinary)コースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
バンクーバーLangara CollegeNutrition & Food Service Management, Diploma2年$38,274
バーナビーBCITFood Technology Diploma2年$43,517
バンクーバーUniversity of British ColumbiaBachelor of Science in Food, Nutrition, and Health4年$197,528
ナナイモVancouver Island UniversityCulinary Arts, Certificate1年$31,635
トロントGeorge Brown CollegeCulinary Management, Diploma2年$42,560
バリーGeorgian CollegeCulinary Skills, Certificate1年$14,150
スカボロCentennial CollegeCulinary Management, Diploma2年$37,105

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

ITコースが学べる専門カレッジ/大学一覧。永住権にも人気!

ITコースについて

ITコースは情報技術(Information Technology)に関する学問で、デザインやアプリ開発、AI(人工知能)などITコースで学べる分野は多岐にわたります。プログラムの例として、コンピューターサイエンス、ソフトウェアエンジニアリング、ゲーム開発、ウェブ開発、サイバーセキュリティなどがあります。

 

カナダはIT産業が発展している国で、ITに強い人材が求められています。また、ビザや永住権の申請についても有利に働く技術とされています。将来的にカナダで働きたい方や、帰国後にIT関連の仕事がしたい方はITコースに挑戦してみるのもよいでしょう。

ITコースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回は95%を超える高い就職率で有名なBCITのITコースの内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目

必修科目
Business Communications 1
ビジネスコミュニケーション 1
Web Development
ウェブ開発
Introduction to Software Development
ソフトウェア開発入門
Introduction to Operating Systems Administration
オペレーティングシステム管理入門
Mathematics for Computing
コンピューティングの数学
Design 1
デザイン 1
Photoshop
フォトショップ
UX/UI Development
UX/UI 開発
Communications for Business and Web
ビジネスとウェブのコミュニケーション
Agile Software Development
アジャイルソフトウェア開発
Collaboration Tools
協業ツール
Web Database Technologies
ウェブデータベース技術
Object Oriented Programming 1
オブジェクト指向プログラミング 1
Web Projects 1
ウェブプロジェクト 1
Internet and IT Law
インターネットとIT法
Web Administration
ウェブ管理
JavaScript Frameworks and Server
JavaScriptフレームワークとサーバー
Web C# Application Development
ウェブ C# アプリケーション開発
Digital Marketing
デジタルマーケティング
Legal and Ethical Issues in IT
ITの法的および倫理的問題
ASP.NET Core MVC for Web Apps
ウェブアプリのためのASP.NET Core MVC
Server-Side Web Scripting with PHP
PHPによるサーバーサイドウェブスクリプト
Course Outline
コース概要
Digital Portfolio Development
デジタルポートフォリオ開発
Entrepreneurship
起業

必要な英語力

ITコースでは専門知識やスキルを学ぶため、入学条件として英語力の証明(IELTS6.0程度)が必要になります。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

 

スコア提出ができない場合や英語力に自信がない場合は専門学校が提携している語学学校からパスウェイ制度を利用しての進学が可能です。パスウェイ制度を利用することで、IELTSやケンブリッジ検定などのスコア提出が免除されます。弊社では語学学校と専門学校をセットにしたプランのご提案もしておりますので、是非ご相談くださいませ。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate8ヶ月~1年190~202万円
Diploma67週~2年303~642万円
Bachelor4年1300~2000万円

おすすめのプラン

初心者レベルの方はベーシックなコースを受講するのがおすすめです。HTMLやCSS、Photoshopなどを基本的な知識を一通り学べるので、ITの知識がない初心者でも安心して授業を受けられます。既に中級~上級レベルの知識がある方は、WebデザインコースやWebディベロップコースで新たな言語を学んでみるのもおすすめです。

 

Webシステムの開発に興味がある方は、アプリ開発コースやWebサービス開発コースで開発業務を一通り経験できます。また、就学と就労(インターン)がセットになっているコースも人気で、現地でお給料をもらいながら実用的な業務を学ぶことができます。

コースの組み合わせ期間
Computer Systems Technology (CST) Diploma program2年

卒業頃のキャリアについて

ITコースで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。ITコースのスキルと知識はIT産業やビジネスに幅広く適用でき、就職先は多岐にわたります。

就職先一例

  • インターネット業界・Web業界
  • 情報処理サービス業界
  • ソフトウェア・ハードウェア業界
  • デザイン・広告業界など

ITコースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
ビクトリアCamosun CollegeCybersecurity & Network Support Technician, Certificate8~12ヶ月$17,390
ニューウェストミンスターDouglas CollegeComputing Science, Diploma2年$38,205
バンクーバーLangara CollegeData Analytics, Post-Degree Diploma2年$27,683
バンクーバーSprott Shaw CollegeCybersecurity Program, Diploma67週$34,857
バンクーバーBCITFull-Stack Web Development, Diploma2年$58,725
バンクーバーUniversity of British ColumbiaComputer Science, Bachelor4年$185,184
ナナイモVancouver Island UniversityComputer Science, Diploma2年$48,891
バーナビーSimon Fraser UniversityComputing Science, Bachelor4年$133,560
トロントSeneca CollegeComputer Programming, Diploma2年$31,948
トロントGeorge Brown CollegeComputer Systems Technician, Diploma2年$35,760
バリーGeorgian CollegeComputer Programming Diploma, Co-op program2年$28,300
スカボロCentennial CollegeTechnology Foundations, Certificate1年$18,452
トロントYork UniversityComputer Science, Bachelor4年$129,588
トロントUniversity of TorontoMaster of Science in Applied Computing16ヶ月$73,500

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問

会計学(Accounting)が学べる専門カレッジ/大学一覧

会計学(Accounting)コースについて

会計学コースは、会計および経理といった職務に関連する専攻です。コースでは、簿記、会計システム、カナダビジネス法、財務会計、管理会計、データ分析、所得税などを学びます。カナダでは、学生が将来的に公認会計士の資格(CPA)を取得できるように、Co-op有給インターンシップを提供している学校が多くあります。

 

インターンシップを通じて、実際の業務プロセスやソフトウェアの使い方など、現場で役立つ知識を取得できます。会計学コースで学んだスキルや知識、論理的思考や分析力は、あらゆる産業や組織で需要がある為、将来様々な分野で幅広く活かすことができます。

会計学(Accounting)コースの内容

学校や学位によって授業内容が異なる為、今回は2年間で会計学のDiplomaを修得できるBCITのコース内容を参考事例として紹介させていただきます。

Diploma

履修科目

必修科目
Business Information Systems
ビジネス情報システム
Business Communication
ビジネスコミュニケーション
Microeconomics
ミクロ経済学
Essentials of Marketing
マーケティングの基本
Business Mathematics
ビジネス数学
Applied Data Analytics in Excel
Excelにおけるデータ分析の応用
Introduction to Organizational Development
組織開発入門
Macroeconomics
マクロ経済学
Accounting for Financial Management
財務管理のための会計
Management Information Systems*
情報システム管理
Business Statistics
ビジネス統計学
Business Law
商法
Cost/Managerial Accounting
原価計算/管理会計
Advanced Computer Applications
高度なコンピューターアプリケーション
Financial Accounting
財務会計
Taxation
課税
Finance
ファイナンス
Career Preparation
キャリア準備
Capstone Integrative Case
キャップストーン総合ケース
Payroll Essentials
給与計算の基本

必要な英語力

会計学コースでは専門知識やスキルを学ぶため、入学条件として英語力の証明(IELTS6.0程度)が必要になります。学校により英語力の条件や認められるスコアの種類も異なりますので詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

 

スコア提出ができない場合や英語力に自信がない場合は専門学校が提携している語学学校からパスウェイ制度を利用しての進学が可能です。パスウェイ制度を利用することで、IELTSやケンブリッジ検定などのスコア提出が免除されます。弊社では語学学校と専門学校をセットにしたプランのご提案もしておりますので、是非ご相談くださいませ。

コースの期間と費用について

コース期間費用
Certificate8ヶ月~2年166~261万円
Diploma7ヶ月~2年133~455万円
Bachelor4年1000~2500万円

おすすめのプラン

会計学コースでは、Certificateでは会計学の基礎知識を学び、Diplomaではさらなる専門知識や実践的なスキルを学びます。会計学の専門スキルを学びたい方はDiploma以上の修得がおすすめです。学校での勉強と有給での就労期間を組み合わせたCo-op(コープ)プログラムも人気で、現地でお給料をもらいながら実用的な業務を学ぶことができます。

卒業頃のキャリアについて

会計学コースで得た知識やスキルは、以下の就職先などで活かすことができます。会計学のスキルと知識は幅広い産業やビジネスに適用できるため、選択肢は多岐にわたります。

就職先一例

  • 公認会計士(CPA)
  • 会計士
  • 財務アナリスト
  • 監査人
  • ブックキーパー
  • 経理

会計学(Accounting)コースを学べる専門カレッジ/大学一覧

都市学校コース期間学費
ビクトリアCamosun CollegeAccounting and Finance, Advanced Certificate2年$23,835
ニューウェストミンスターDouglas CollegeAccounting, Diploma2年$38,205
バンクーバーLangara CollegeAdvanced Accounting in Canada, Diploma2年$22,610
バンクーバーSprott Shaw CollegeBusiness Administration Bookkeeping, Diploma33週$14,317
バーナビーBCITAccounting, Diploma2年$41,614
バンクーバーUniversity of British ColumbiaDiploma in Accounting Program16-24ヶ月$12,150
ノースバンクーバーCapilano UniversityAccounting Assistant Diploma2年$38,640
ナナイモVancouver Island UniversityAccounting (BBA), Bachelor Degree4年$96,983
バーナビーSimon Fraser UniversityBachelor of Business Administration (Accounting)4年$253,280
トロントSeneca CollegeAccounting, Diploma2年$30,420
トロントGeorge Brown CollegeBusiness – Accounting, Diploma2年$34,910
バリーGeorgian CollegeBusiness – Accounting, Diploma2年$28,300
スカボロCentennial CollegeBusiness Accounting, Diploma2年$34,802
トロントYork UniversityPost-Graduate Certificate in Accounting8ヶ月$15,199
トロントUniversity of TorontoMaster of Accounting and Finance16ヶ月$62,325

小杉雅

世界中の人と繋がることのできる「英語」に魅力を感じ、高校2年の時にカナダに1年間留学しました。また、大学時には、カナダのILACという語学学校にも通いました。私自身、留学を通して語学力を身に付けただけでなく、母国を離れ、異文化に触れることで視野が広がり、価値観が大きく変わりました。その為、カウンセリングを通して、人生のターニングポイントとなる留学を志す方の背中を少しでも押せたらと思っています。

カウンセラーに質問