銀行の開設

★カナダの大手銀行
口座を開くためには、パスポートと口座に入れる最低金額(500ドル程度)が必要です。 またパスポート以外にクレジットカードや住所確認書類(カナダでの現住所がわかる封筒など)の提出を求められます。 口座開設やその他銀行についてのご質問も、メールにて相談頂ければ無料でお手伝い致します。
以下がカナダ五大銀行と呼ばれる大手銀行です。留学生が口座を作る場合の多くはこのうちいずれかを利用します。

カナダロイヤル銀行(the royal bank of canada, rbc)
トロント・ドミニオン銀行(tront-dominion bank)
ノバスコシア銀行(bank of nova scotia)
モントリオール銀行(bank of montreal)
カナディアン・インペリアル商業銀行(canadian imperial bank of commerce, cibc)

 

★口座の種類
chequing account
日本における普通口座に近いものです。通常留学して口座を作る際は、こちらが一般的です。カナダでは大きな額のやりとりを行う際は小切手がよく利用されており、このchequing accountdeは小切手の発行も可能です。常に一定の金額を預けている必要があり、一日の引き落とし上限額が定められています。具体的な金額はプランや銀行によって異なります。

saving account
日本における定期預金口座になります。日本と同様に、高額のお金を長期にわたって預ける予定がある時に利用します。

 

★口座の開設に必要なもの
・身分証明書(パスポートがあれば大丈夫です)
・その他学生証など、自分の身分を証明できるもの
・social insurance number(sin)  雇用保険番号のことで、就労の際必要になります。最寄りのhuman resource centreで無料で申請できます。
・住所を証明するもの(滞在先と契約した際の書類など)
・口座開設時に預け入れるお金

★カナダと日本の銀行の主な違い
1:通帳がないため、届け出ている住所に毎月明細書(bank statement)が届きます 。
2:口座開設時に最低金額を預ける必要があり、開設後も一定の額が口座になければいけません。
3:atmでの一日の引き落とし限度額が、日本より低めに設定されています。