ハリファックスの語学学校「全6校」を徹底ランキング!


ハリファックスはカナダ東部に位置するノバスコシア州都になっている港町です。カナダの内陸に比べ冬でもあまり寒くならず夏は湿度の低いさわやかな過ごしやすい気候なのでカナダ留学を考えているけど冬が心配な方におすすめの街です。

 

有名な赤毛のアンの舞台になったプリンスエドワード島まで車で約3時間半ほどで行けたり、ファーマーズマーケットなども盛んなので観光なども楽しめます。

 

街は小さすぎず移動も徒歩で行ける範囲に必要なお店が揃っているので、日本人が少なくて現地の人と交流できる中規模の都市がいい人にはおすすめの留学先です。

 

ハリファックスで日本人が入学する語学学校は主に6校ありますので、それぞれ特徴をご紹介します。

ハリファックス語学学校ランキング

1位 CLLC


2005年にハリファックスに設立されたCLLCはトロント・オタワにもキャンパスを持っているハリファックスでも規模の大きな学校です。

 

生徒数が多いため、各カウンセラーやコーディネーターが揃っていて日本人スタッフも在籍しているため初めての留学でも安心して通うことができます。

 

留学中の滞在先の紹介から毎日行われるアクティビティなど留学生活全体をサポートしてくれる学校です。

特徴①生活リズムに合わせてフレキシブルに通学できる

CLLCでは3つのタイプのタイムスケジュールから選んで通学することができるため、ワーキングホリデーなどで仕事をしながらでも通学しやすい環境になっています。また、選択科目も多く揃っているため一人一人の希望にあった時間割を組むことができます。

特徴②進学にも強い学校

CLLCでは試験対策のコースや、進学準備コースなどが充実しています。初心者からでも受講することができ、最終的に上級のレベルまで完了すればCLLCの提携校である約40のカレッジ・大学に英語試験のスコア免除で進学することができます。

CLLCハリファックスの授業料

一般英語 フルタイムプログラム
期間直接申し込みラララ割引
1~52週間$ 290~355/週$ 290~355/週
12週間$ 4,300$ 4,300

CLLCハリファックス(カナディアン・ランゲージ・ラーニング・カレッジ)

2位 East Coast Language College


通学に便利な場所にあるEast Coast Language Collegeは1998年に設立された私立の語学学校です。23校のカレッジ・大学と提携しているためハリファックスで進学を検討しているにもおすすめの学校です。

 

先生と生徒の距離が近くアットホームな雰囲気が特徴の学校です。

特徴①充実した専門コースが揃っている

East Coast Language Collegeでは一般英語以外にもビジネスや試験対策、大学進学コースなどハリファックスの語学学校の中でも充実したプログラムが揃っています。

 

さらに、ハリファックスの語学学校では唯一、TEYL及びTESOL(子供に英語を教える資格)が習得できるコースがあるので児童英語に興味のある人にはおすすめの学校です。

特徴②アクティビティが盛んで友達が作りやすい環境

ほぼ毎日行われているアクティビティは、港町らしくロブスターを食べたりカナダの自然を楽しめるキャンプやカヤッキングなどバラエティ豊かでカナダの文化を学びながら友達の輪も広がるのでできるだけ参加するのがおすすめです。

 

また、地元のファームやフェスティバルなどにボランティアとして社会経験できるアクティビティも人気です。

ECLCハリファックスの授業料

コース名直接申し込みラララ割引
コミュニケーション英語$ 320/週$ 288/週
ビジネス英語$ 320/週$ 288/週
IELTS準備$ 330/週$ 297/週
インテンシブIELTS$ 365/週$ 328/週
University IELTS$ 400/週$ 360/週

ECLCハリファックス(East Coast Language College)

3位 Saint Mary’s University


創立200年以上の歴史を持つSaint Mary’s University付属の語学学校では1992年から多くの留学生を受け入れている人気と実績のある学校です。

 

上級レベルに上がれば本科に編入することができます。本科では留学生向けにCo-opプログラムが充実しているので将来的にカナダで永住権の申請を考えている人にもおすすめの学校です。

特徴①初心者から上級者までバランスよく英語が学べる

一般英語のクラスはレベルが6段階で分けられておりそれぞれのレベルに合わせた授業が進められます。グループワークやプレゼンテーションなどカナダの文化や決められたトピックに沿って英語の4スキルが学べ、さらに課外授業も定期的に行うため体で英語を学ぶことができます。

特徴②より楽しみながら語学とハリファックスの歴史が学べる1カ月集中プログラムがある

Saint Mary’s UniversityではOne Month Immersionと呼ぶ1カ月間で多くのアクティビティや選択科目を組合わせて英語を学ぶプログラムが1年に約5回開校されます。

 

フレンチカナディアンの参加も多く、クルーズツアーやホエールウオッチング、世界的に有名なシアター訪問など経験できます。1カ月と短いので短期留学で観光も語学勉強もしたいという方におすすめのプログラムです。

セントメリー大学付属語学学校の授業料

一般英語 ESLプログラム 1ヵ月
期間直接申し込みラララ割引
1 ヶ月$ 1,600$ 1,600

セントメリー大学付属語学学校

4位 ILI


ハリファックスでも語学学校として歴史の長いILIは生徒からの満足度が高く、優秀な語学学校に送られる賞を受賞したこともある優良な語学学校です。

 

ノバスコシア州では唯一のケンブリッジ大学認定の英語教授資格のプログラムもあり、語学学校に通う生徒は英語教授資格コースの生徒の教育実習として無料で英語を学べる機会が多くあります。

特徴①進学準備、試験対策に力を入れている

ILIではIELTSのコースがフルタイムまたはパートタイムで学ぶことがでます。さらにIELTSは試験会場にもなっているので本番も慣れた教室で試験を受けることができます。

 

また、最短8週間から通える進学準備コースを修了すると国内外にあるILIの提携校に公式試験のスコアを提示せずに入学することができます。

特徴②留学中色々な滞在方法を提案してくれる

ILIでは希望の学生にホームステイ先など留学中の滞在先を紹介してくれます。特徴的なのは他の学校よりも選択肢が多く、ホームステイだけでなく歴史的建造物のホステルにリーズナブルな価格で泊まれたり、家具付き・家具無しの留学期間に合わせて選べるアパートや、さらに夏の間は現地の大学の学生寮に宿泊することができます。

ILIハリファックスの授業料

コース名直接申し込みラララ割引
一般英語(33時間/週)$ 450/週$ 450/週
一般英語(25時間/週)$ 325/週$ 325/週
IELTS試験対策(4週間)$ 1,600$ 1,600

ILIハリファックス(インターナショナル・ランゲージ・インスティチュート)

5位 Halifax Language Institute of Canada


ハリファックスのダウンタウン中心にあるキャンパスは最寄りのバス停からすぐ降りたところにある通学に便利なロケーションにあります。日本人がほとんど通っていない穴場の学校なので留学中しっかり英語漬けしたい方におすすめの学校です。

特徴①専門的な英語のコースが充実している

Halifax Language Institute of Canadaではエンジニアや英語教師、医療英語、ホスピタリティ、旅行業界、銀行系など多くの専門的な英語を教えるコースが充実しています。

 

授業は教室で学ぶだけでなく、実際に学んでいるコースに関係する職場での課外授業もありとても実践的な充実した内容になっています。

特徴②短期間でも効率よくレベルアップできる内容

最大でも12人と少人数のクラスになっていて生徒全員が参加してコミュニケーションを取りながら授業が行われていきます。毎週ある小テストや課外授業など色々なやり方でアプローチしていきます。

 

また、放課後も無料で参加できるアクティビティやボランティアなども充実しているので英語とハリファックスの文化を学ぶことができます。

HLICの授業料

コース直接申し込みラララ割引
一般英語$ 375/週$ 375/週
ビジネス英語$ 375/週$ 375/週

HLIC(ハリファックス・ランゲージ・インスティテュート・オブ・カナダ)

6位 ALCC


2000年から語学学校として始まったALCCは小規模な学校ながらプログラムやアクティビティが豊富な学校です。

 

スタッフと生徒同士の仲がいいアットホームな魅力のある学校です。一般英語以外にも弱点克服のコースやマンツーマンのコースなど選べるプログラムも魅力的です。

特徴①日本人がいない環境で英語が学べる

ALCCは、ほとんど日本人が通っていない学校のため強制的に英語しか話せない環境を作ることができます。また、多くの日本人が苦手意識を持っているスピーキング力をつけるコースもあるためにしっかりと英語を学ぶことができます。

特徴②大学・カレッジ進学に力をいれている

ALCCでは進学希望者向けにUBPやEAPと呼ばれるプログラムを提供しています。どちらもパートタイムで提携校である大学で授業を受けられるようになっています。

 

さらにUBPプログラムを修了すると提携校に編入できるようになっているので現地の大学に進学したい方にはおすすめです。

ALCCハリファックスの授業料

コース直接申し込みラララ割引
一般英語$ 280/週$ 280/週
進学英語$ 350/週$ 350/週

ALCCハリファックス(アペックス・ランゲージ・アンド・キャリア・カレッジ)

ハリファックス語学学校まとめ

カレッジや大学が多く学生が暮らしやすい街でもあるハリファックスは日本人が少ないため英語漬けの環境が作りやすく、トロントやバンクーバーに比べて語学学校や生活費用がリーズナブルに抑えれる穴場的なおすすめの留学先です。

 

ハリファックス留学の魅力やデメリットは以下の記事をご覧ください。

ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

各学校の詳細や費用についてはぜひお問い合わせください。

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

ハリファックス留学が人気な理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

カナダに留学したい!そんな憧れを抱いている方は多いと思います。でも、カナダの中でもどの都市に留学するのか?決めるのはとても難しいですよね。

 

そんなカナダの都市の中でも穴場的なスポット、ハリファックスという街があります。ハリファックスはなんとなく日本人がほっとする雰囲気を持つ素敵な港街で、あまり大きすぎないこの街は、勉強に非常に集中できる環境です。

 

今回は、そんなカナダの中でもあまり知られていないハリファックス留学についてご紹介していきます。カナダ留学を考えているあなた、ぜひ一読してみて下さいね。

ハリファックスの基本情報

ハリファックスの面積と人口

ハリファックスは、カナダ東海岸のノバスコシア州の州都です。カナダで12番目の面積のノバスコシア州。その中でハリファックスは、人口約41万人の小さな街です。西端のハリファックス港に人口の40%が集中している人口密集型都市でもあります。

ハリファックス地区・エリア情報

ハリファックスは。カナダの大西洋岸で最大の中心都市として発展しており、文化や経済で他の街を牽引しています。ちなみに、1996年にハリファックス及び周辺都市を合併し、ハリファックス地域都市圏(HRM)になり、現在ハリファックスといえば、このHRMのことです。

 

ハリファックスの人口集中地帯はウォーターフロントのハリファックス港。かつて海運業で栄えてきたハリファックスは、カナダ東部の主要都市として重要な役割を担っています。

ハリファックスの物価

ハリファックスの物価は、カナダでは平均的です。日本の物価と比べてもそれほど大差なく過ごせます。大都市のバンクーバーなどに比べると少し安く感じますが、アパートなどの家賃は決して安くはなく、人気の場所は高めです。

 

一方で、ハリファックスには多くの大学があり、学生はシェアルームなどで賢く安く生活しています。

留学生が語る!カナダ留学の生活費と物価の実際と節約方法!

ハリファックスの気候

ハリファックスの気候は、カナダの東海岸にあるので気候は温暖で過ごしやすいです。カナダといえば、冬はとにかく寒い!というイメージがありますが、ハリファックスの冬は少し穏やかです。

 

もちろん、日本よりは雪が多く、一番寒い1月、2月では最低気温がマイナス10度ほどになります。夏は最高気温が25度ほどで湿気を感じることなく非常に快適、朝晩は長袖を用意するといいでしょう。

 

ハリファックスではスノーストームという雪の嵐がたまに見られます。スノーストームが来ると、街全体が本当に真っ白になり、交通機関等は止まります。天気予報などをチェックして学校の休講状況も確認しましょう。

カナダの気候を都市別に比較!カナダ留学に適した都市は?

ハリファックスの公用語

カナダ全体では、フランス語と英語が公用語となっていますが、ハリファックスの公用語は英語です。ハリファックスは近年留学先として人気の場所で、英語を学ぶとてもいい環境が揃っています。

日本からハリファックスへの移動

日本からハリファックスへの直行便はなく、乗り継ぎ便となります。カナダ国内のトロントなどの都市を経由、もしくはアメリカ経由が主です。所要時間は約12時間~14時間。料金は、シーズンによって変わってきますが、約12万円~15万円です。

ハリファックス留学が人気の理由

人気の理由(1)移民が少なくカナダ人と触れ合うことができる

ハリファックスは移民の割合が非常に少なく約10%以下です。移民大国のカナダの中で非常にレアな街。英語を第一言語にしている人の割合も高いので、綺麗な発音を日常的に聞くことができます。

人気の理由(2)冬でも比較的暖かく気候が穏やか

冬はマイナス20度、なんていうのが当たり前なカナダの中で、ハリファックスはカナダの東海岸にあり、冬の気温も最低がマイナス10度ほど。アメリカのニューヨークと同じくらいで、過ごしやすいと感じるでしょう。

 

もちろん、冬に留学する場合は適した服装が必要ですが、室内はセントラルヒーティングの整備が整っているので、暖かいです。

人気の理由(3)アジア人がとにかく少ない

移民が少ないハリファックス、大学がたくさんあるので留学生も多いですが、全体的にアジア人は少ないという穴場的な街です。必然的にカナダ人と触れ合う機会も増えるので、英語力アップが望めますね。

ハリファックス留学のメリット

メリット(1)日本人が少なく英語環境を作りやすい

ハリファックスはアジア人も少ないですが、日本人も少ない!留学先として日本では非常に人気のカナダの中で、これほど日本人が少ない街も珍しいです。日本語を使わず英語に打ち込みたい方にとても大きなメリットです。

メリット(2)英語の訛りが少ない

ハリファックスは生粋のカナダ人が90%以上というカナダでも珍しい街です。その為、学校外の生活では訛りの少ない英語に触れる機会が多くなるでしょう。積極的に外へでて、コミュニケーションをとると英会話力は飛躍的に伸びますよ。

メリット(3)大学やカレッジが多い

ハリファックスでは、セントメアリー大学やダルハウジー大学をはじめ、マウント・セイント・ビンセント大学、ノバスコシア・コミュニティカレッジなど、大学やカレッジが豊富にあります。

 

将来を見据えて語学学校で学ぶこともできる上に、現地の学生や留学生も多い街なので、勉強のモチベーションもあがりますね。

カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!

メリット(4)街の人がとにかくフレンドリー

ハリファックスは田舎ではありませんが、大都会とは違った暖かい雰囲気が街から溢れています。移民は少ないですが、特に違和感なくすべての人に平等にフレンドリーな人が多いので、居心地がいい街です。すれ違った人と気軽に挨拶するなど、良い習慣はぜひ真似をしたいですね。

メリット(5)ウォーターフロントの景色を楽しめる

ハリファックスのウォーターフロントエリアには全長 3,8㎞の遊歩道があり、素晴らしい景色を満喫できます。博物館やビール工場、カジノ、夏には屋台など様々な催しもあり、穏やかで楽しいハリファックスを満喫できます。

 

また、ハリファックスはフェリーでもお出かけができる特別な場所です。ウォーターフロントから対岸の街ダートマスへ。ダートマスには大きなショッピングモールもあるので、天気のいい休日にはお出かけが楽しくなりそうです。

カナダ留学するなら外せない!おすすめ観光スポットを都市別に紹介!

メリット(6)治安がいい

アットホームなハリファックスは治安も自慢です。日本人にとっても危ないと感じることはほとんどなく、快適に過ごせます。留学生にとって、安心して暮らせる場所というのはとても大事、貴重なものです。

カナダの治安はいいの?主要都市の危険エリア及びトラブル対処法

メリット(7)ビーチを楽しめる

ハリファックスは港町。古くから海とはとても縁の深い街で、ハリファックスの近くであの有名なタイタニック号が沈没した、と言われています。そんなハリファックスではレイクビーチやビーチ、マリンスポーツを楽しむ場所がたくさんあります。

 

ハリファックスのダウンタウンから車で30分ほどの距離にあるノバスコシア州の州立公園のローレンスタウンビーチは、サーフィンを楽しむ人も多いですよ。夏にはぜひお気に入りのビーチを見つけてみてくださいね。

メリット(8)留学生が多い

日本人は少ないですが、大学やコミュニティカレッジも多いので留学生は多いです。現地の学生もそうですが、違う国から同じ場所に来た仲間とは素晴らしいものです。世界観が変わるほど、色々な友達ができますよ。

メリット(9)英語ができれば多様な求人

ハリファックスの求人は、とても多いということはないですが、現地の方と同じように留学生にもチャンスがあります。

 

カナダの大都市のバンクーバーなどに比べてレストランやカフェなどのホスピタリティの求人は少なめで、今後のキャリアを積めるようなオフィス勤務の求人に出会えることもあります。英語力を鍛えて、キャリアップを目指しましょう。

カナダのワーキングホリデー事情とメリット・デメリットを徹底解説!

メリット(10)ダウンタウンを歩いて回れる便利な街

綺麗に舗装された道路など、田舎ではないハリファックスですが、街自体は小さいのでダウンタウン内は歩いて散策できる便利な街です。近い範囲で用事が済むので、便利で勉強に集中できる環境です。

 

ちなみにハリファックスの主な交通手段はバスとフェリー。バスとフェリーは1回90分で乗り換えができ、2,5ドル。10回券や定期券などもあるので経済的です。

ハリファックス留学のデメリット

デメリット(1)娯楽が少ない

ハリファックスは大都会ではないので、エンターテイメントの面では少な目です。でも、天気のいい夏にはパレードやアトラクション、お祭りなども開催されるので、地域密着型のイベントをたくさん楽しみましょう。

デメリット(2)語学学校は少なめ

ハリファックスには大学、カレッジは多いのですが語学学校は少ないです。選択肢が少ないのがデメリットと言えるでしょう。

 

その分、アットホームで小さい学校が多いので細かいケアは行き届いているので、しっかり学びたい方にはいい語学学校が揃っています。

ハリファックスの語学学校「全6校」を徹底ランキング!

デメリット(3)日本のものは手に入りづらい

ハリファックスに日本人は非常に少ないのは前述の通り。その分、日本のものは手に入りにくい、というデメリットもあります。日本のレストランや中華系のお店はあるので、食料などは工夫すれば日本の味が作れます。

 

また、どうしても日本の必需品は留学に来る際に、多めに持参しましょう。その分、現地調達できるものは減らしておくといいでしょう。

カナダ留学に必要な持ち物40選と荷物を少なくする方法

デメリット(4)仕事を得るには一定の英語力が必要

前にもありますが、ハリファックスでの求人は、留学生でも現地の方と同等のチャンスがあります。外国人向け、日本人向けの求人ではないので、高い英語力は必要です。

 

将来現地で仕事をしてみたいと思っている方は、英語力と専門スキルをしっかりと身につけておくといいでしょう。

ハリファックス留学はこんな方におすすめ


さて、ここまでハリファックス留学の人気の理由やメリット・デメリットをご紹介してきました。なんとなくイメージを掴んで頂けたかと思います。それでは、ハリファックス留学に向いているのはどんな方か再度まとめてみていきましょう。

 

  • 治安の良い場所で英語に集中したい
  • 移民が少なく生粋のカナダ人が多いところで学びたい
  • 気候がいいところに留学したい
  • 大学の選択肢が多いところで学びたい

 

日本人が少ないというカナダの穴場的な街のハリファックスは、本当に集中して勉強したい!という方にぜひ選んで頂きたい街です。

ハリファックスでの滞在方法


最後にハリファックスでの滞在方法もご紹介していきましょう。滞在方法には、主に「ホームステイ」「ルームシェア」「一人暮らし」の3つとなります。

ホームステイ

はじめての留学ならホームステイ!が鉄板ですね。ホストファミリーと過ごす時間は、現地に溶け込む方法や文化を知る大変貴重な経験となるでしょう。食事付きなど、暮らしに便利なので、特に留学初心者の方向けです。

 

一方、慣れてくるとホームステイ料金は割高に感じたり、食事も友人達ととる機会が増えてくるでしょう。留学生活も少し長くなってくると、もっと自由な生活がしたい!と別の滞在方法に変える方が増えてきます。

カナダ留学にはホームステイがおすすめ?メリットやデメリットを解説!

ルームシェア

ハリファックスでは、現地の学生にも留学生にも最もポピュラーな滞在方法がルームシェアと言えます。比較的家賃の高いハリファックスでは、ルームシェアをするのが一般的です。

 

シェアメイトに現地の学生も多いので、英語力のブラッシュアップに繋がりますよ。友人関係が広がる一方で、ルームシェアはプライバシーが少なくなるのが少し難点です。人によっては一人暮らしの方を選ぶ方もいます。

カナダ留学にはシェアハウス?メリットやデメリットを解説!

一人暮らし

一人暮らしは何より自由!が最大のメリットです。また共同生活では、掃除や料理、シャワーなどの順番など、小さなストレスも多いものです。一人暮らしならそんなストレスもなく、勉強したり仕事をしたりと自分のペースで生活できますね。

 

家賃が高くなるので、食費などに気を付けて生活しましょう。

 

このように、滞在方法にもいい点、悪い点があります。自分の性格や費用や立地などを十分に検討して選んでみて下さいね。

永井将馬

ワーキングホリデービザで渡航し、ユニクロでアルバイトを経験。アメリカでの語学留学の経験もありますので、アメリカとの違いもお話できます。

カウンセラーに質問