カナダ留学で最近流行りのサマースクールを徹底解説!


サマースクールは最近人気ですが、渡航先としてカナダを選ばれる方が多くなっています。近年は日本でも英語を使う環境も増えており海外での進学や就職を目指すことも一般的になってきました。

 

サマースクールを通じて海外での生活や英語、海外の文化に触れることで様々な気づきをお子様に与えてくれることでしょう。

 

こちらの記事ではカナダでのサマースクールについて詳しく解説をさせて頂きます。

カナダのサマースクールとは?


小学生~高校生を対象にした短期留学プログラムになります。主に語学学校が開催をしておりますが、カナダの大学や教育委員会が開催を行うプログラムもございます。

 

英語を学ぶだけでなく、現地の文化やアクティビティを通じて異国の友人を作ったり生涯忘れることのない大きな経験をする事ができます。

 

カナダならではのアクティビティや文化に触れた経験から、将来的なカナダでの進学や移住に憧れる方も多くなってきています。

カナダでサマースクールが人気の5つの理由

①カナダで様々な経験ができる

カナダは自然と都会が融合した穏やかな国です。移民の国でもあるカナダは異文化の受け入れに積極的です。カナダの文化や歴史を学ぶだけでなく数多くの国の文化に触れる事ができますのでお子様に良い影響を与える事でしょう。

 

また、自然が豊かな国でもあり国立公園や湖などといった場所でできるアクティビティもたくさん用意されています。英語を学ぶだけでなく数多くの経験ができ感性を磨く事にも繋がります。

②英語力を若いうちから伸ばす事ができる

最近では日本でもグローバル化が進み英語を使う環境が非常に多くなってきています。カナダの英語はとても綺麗と言われています。

 

カナダのサマースクールでは異文化やアクティビティの体験だけでなく、学校での英語学習やホームステイを通じて英語力を伸ばします。

③カナダは治安が良い

治安に関してはお子様だけでなく、保護者様もかなり気にされる部分かと思います。。カナダの治安に関しては平和度指数ランキングでも上位に名前があり、ジュニア世代だけでなくシニア世代の方までもカナダを留学先として検討されます。

 

安心してお子様を留学に送り出す為に現地の治安は非常に大切です。

カナダの治安はいいの?主要都市の危険エリア及びトラブル対処法

④カナダ現地高校や大学進学の準備段階として海外生活を経験

最近ではカナダでの高校進学や大学進学を検討される方も増えてきております。しかし、いきなり進学をするとなると少しハードルが高くなります。

 

まずはサマースクールでカナダがどの様な感じなのか、海外での生活は問題がないのか、お試し留学という形でサマースクールを利用されるのも良いでしょう。

カナダの大学制度と入学要件。ランキング上位10校もご紹介!

⑤質の高い教育を費用を抑えて実現できる

カナダは英語圏の中で比較的物価が安く、学費や滞在費についても米国やイギリスに比べてリーズナブルです。教育水準も高いカナダのサマースクールは費用対効果も非常に高くなりますのでとてもおすすめです。

カナダのサマースクールのプログラムについて

プログラム内容

カナダのサマースクールでは基本的に午前中に英語学習、お昼を食べて午後は校外でのアクティビティとなっております。

 

開催される学校や都市によっても内容は異なりますが、勉強だけでなく校外での学習もありますのでお子様が飽きることなく就学できるカリキュラ構成となっております。プログラムの詳細については学校により異なりますのでお問合せください。

期間

サマースクールのカリキュラムは名前の通り夏休み期間に開催されます。6月~8月末までの期間が多く、受講期間は1週間から可能となっております。

 

語学学校によっては通年か開講している英語コースもありますので渡航時期によってはサマースクールでなく英語コースでの受講も可能となっております。

 

カナダのサマースクールは非常に人気を集めており、満員になってしまう可能性もあるためサマースクールをご検討の方はお早めにご相談頂く事をおすすめいたします。

受講年齢・国籍バランス

受講年齢は7歳~17歳が一般的ですが学校、プログラム内容によって異なり、小学生向けのプログラム、中高生向けのプログラムと別れている所もございます。

 

また国籍に関してはヨーロッパ、南米、日本・韓国・中国・台湾などの学生が集まります。時期によっても国籍のバランスは異なりますので気になる方は事前にお問合せ頂ければと思います。

カナダでのアクティビティについて

サマースクールでは午後の時間に様々なアクティビティを用意しています。都市によってもアクティビティは変わりますが観光名所を周ったりハイキングやカヤック等、カナダならではのアクティビティも数多く用意されています。

 

自然豊かな国でしかできない貴重な体験は子供達に非常に人気となっています。

アクティビティ一例

  • 観光系:市内観光、遊園地、科学館、週末の小旅行
  • スポーツ系:ハイキング、カヤック、ロッククライミング、サイクリング

滞在先について

サマースクールでの滞在先はホームステイと学生寮の2種類になります。

 

学生寮に関しては年齢の条件や空きの状況次第によっては手配ができなくなる為、ご希望の方はお早めにご相談ください。

 

ホームステイではカナダの文化を知ることもでき学生寮とはまた違う経験ができます。滞在先のプランについてはカナダで何をしたいのか、留学の目的をしっかり考え滞在先のプランを検討されると良いでしょう。

カナダ留学にはホームステイがおすすめ?メリットやデメリットを解説!

サポート体制

サマースクールでは現地でのサポート体制が徹底されており、お子様が安心して学習できる様な環境を提供しています。

 

学校によっては日本人スタッフが在籍しており万が一の事があっても日本語で対応ができる様になっています。

 

また学校からエージェントへの連絡もありますので保護者様に安心してお子様を送り出せる様サポートをさせて頂いております。

サマースクールのプログラム費用について

サマースクールの費用はパッケージになっている事が多く、実際には学校が提供しているプログラム内容や滞在先のプランにより大きく異なってしまいます。

 

こちらの記事では参考費用として平均的な費用(学費、滞在費、食費)の記載をさせて頂きます。

期間プログラム費用
1週間10万円~30万円
2週間15万円~50万円
3週間20万円~60万円
1か月30万円~80万円

※上記費用とは別に海外保険料や航空券代金、おこづかいがかかります。

 

カナダまでの航空券は往復10万円~15万円程になります。

 

航空券に関してはカナダのサマースクールが開催している時期は高騰する可能性もございますので留学をご検討されている場合はお早めに準備する事をおすすめします。

カナダ留学費用を1ヶ月、半年間、1年間の期間ごとに徹底解説!

カナダのサマースクールで注意すべき3つのこと

①渡航前の準備をしっかりしておく

カナダのサマースクールではプログラムが決まっており、勉強の時間や実際に行くところがわかる為、事前に調べてお子様とお話しておく事をおすすめ致します。

 

また緊急時の連絡方法やご家族への連絡についてもルールを決めておく事でお子様も安心して渡航ができることでしょう。

 

また弊社からは詳しくプログラムのご案内や渡航時、留学中の注意点についても事前にご案内させて頂きますので安心して留学準備が進めることが可能です。

②日本人比率が高い学校もある

近年ではカナダのサマースクールは非常に人気を集めており日本の学生も多く参加されています。

 

アジアやヨーロッパといった多国籍の学生も在籍しておりますが、時期やプログラムの内容によっては偏りがでてしまう可能性もございます。

 

国籍のバランスを気にされる方は学校の選定の際にしっかり確認が必要になりますのでご相談ください。

③お子様との間でしっかりルールを決めておく

カナダのサマースクールは楽しい事もたくさんありますが、一人での海外生活となると不安な事もたくさんでてきます。

 

何が良くて、何が悪いか、ご家族の中でもしっかり話し合いをしてルールを決めておく事で現地でのトラブルを避ける事ができます。

カナダのサマースクールでおすすめの都市3選

①バンクーバー

カナダの主要都市の一つであるバンクーバーは学校も多く日本人スタッフの在籍も多くなります。初めての留学の場合や現地でのサポートを重視される方におすすめの都市になります。

バンクーバー留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

②トロント

トロントは教育に力をいれている都市で、有名な大学や質の高い語学学校が揃っています。冬はとても寒い都市になりますが、夏休みの時期であれば快適に過ごすこともでき、サマースクールでは人気の高い都市になります。

トロント留学のおすすめ『語学学校』【人気の15校】

③ビクトリア

カナダの中でも治安の良い都市として知られています。小さな都市ではありますがアクティビティではマリンスポーツを楽しむ事ができサマースクールを行う環境としては絶好の都市と言えるでしょう。

ビクトリア留学が人気の理由。基本情報とメリット・デメリット完全ガイド

サマースクールでおすすめの学校3選

①Tamwood Vancouver


小学生から参加できるサマープログラムが用意されています。カナダのサマースクールの中でも人気のある学校になります。また日本人スタッフも在籍している為、安心して渡航もできる事も人気の理由としてあげられます。

タムウッド・ランゲージセンター バンクーバー校

②ILAC


カナダで最大規模の語学学校になります。実績も豊富で進学校としても有名な学校であることから将来進学検討している学生が多く集まります。規模も大きく学生数も増えるため友人も増えて楽しい留学生活を送ることができるでしょう。

ILAC日本語ホームページ

③SSLC


他国からの学生が多く国籍のバランスが良い学校です。UBCの学生寮に滞在するプログラムは非常に人気です。カリキュラム内容が充実しており幅広い対応ができるのも魅力的です。

SSLC ビクトリア校(スプロット・ショー・ランゲージ・カレッジ)

佐野まさみ

語学学校では一般英語コースを受講。バリスタとして働きながら、バンクーバーで1年間ワーキングホリデーをしました。オーストラリアのTAFEへの交換留学も経験していますので、カナダとオーストラリアの違いもご紹介できます。

カウンセラーに質問