カナダ留学の相談・ご質問は無料!free0345908030
LINEで相談資料請求無料カウンセリング
LINEで相談資料請求無料カウンセリング

ウィニペグ大学付属語学学校

University of Winnipeg ESL
  • カナダの中央部、マニトバ州に位置するWinnipeg大学の付属語学学校
  • 多彩なコース設定とリーズナブルな学費が魅力
  • 日本人の少ない自然豊かな都市で留学したい人におすすめ
ウィニペグ大学付属語学学校(ESL)は、カナダ中央部のマニトバ州に位置しています。同州最大の都市であるウィニペグにある、1967年に設立された州立Winnipeg大学の付属語学学校です。大学進学希望以外の留学生も多く受け入れています。コースの種類が豊富なので、自分の目的や留学期間に合った授業が受けられます。また、ウィニペグは留学先として日本では認知度がまだ低めなので、国際色豊かな環境で英語力を伸ばすことが出来ます。

①自然豊かでインターナショナル!マニトバ州ウィニペグで学ぶ

マニトバ州はカナダの中央部に位置しており、交通や貿易の要所として、東西を結ぶ役割を担ってきました。人口は約120万人で、その半分以上が州都ウィニペグに集中していると言われています。先住民やフランスおよびフィリピンからの移民者層も多く、非常にインターナショナルな環境でありつつ、8割ほどの人は英語を母語としています。また、周囲を平原に囲まれており、湖や川などの水源も豊かな土地です。

②校舎はダウンタウンに位置しており、校内の設備も充実している!

ウィニペグ大学および付属ESLのキャンパスは、ウィニペグ市の中心部に位置しています。キャンパス内の施設は図書館やジム、本屋なども揃えられており、ELSの生徒でフルタイムの英語コース受講者は施設の利用が可能です。周囲には飲食店やホテル、ショッピングモールなどが多く存在しています。また、キャンパス内でひときわ目を引くお城のような外観の校舎は「Wesley Hall」と呼ばれており、国の歴史的建造物にも指定されています。

③生徒の国籍比率が良く様々なバックグラウンドを持つ友人ができる

留学先の学校選びで、学生の国籍比率を気にする方も多いと思います。ウィニペグ大学付属ESLでは、日本人学生は年間を通じて15%ほど、その他韓国や中南米、ヨーロッパ出身の学生が多い環境です。カナダ国内の他の都市と比べるとまだ知名度が低く、留学先としてインターナショナルな環境を希望している人にはピッタリです!また、大学付属なので現地の学生と同じキャンパス内で学べるのもポイントですね。

④一般英語コースは目的とレベルに合わせて3種類から選択可能

一般英語コースは「Full-Time Programs」と呼ばれており、全14週間のコースです。英語レベルや目的に合わせ「Foundations English Program」「General English Program」「Academic/Pathway English Program」から選択でき、それぞれ更に細かいレベル別クラスに分けられています。授業は週25時間(月~金曜日)で、午前中はGrammarやSpeaking, Reading, Wiringなど英語力を多方面からバランスよく鍛えます。また、上級クラスの「Academic/Pathway English Program」では、習熟度に応じて午後に大学本科の授業を選択することも可能です!

⑤冬期と夏期を中心に開催される短期コースも充実!

短期コース(Short-Term tensive English Program)では、4~5週間という期間で集中的に英語力を高めることが出来ます。会話などのコミュニケーション能力に重点をおきつつ、4技能をバランスよく向上させていきます。午後にはユニークなワークショップが開催されており、異文化体験を取り入れた授業を通じて更に高度な会話力の習得を目指します。週1回の特別なアクティビティでは、ウィニペグの市内を巡りながら貴重な体験をすることも出来ます。開催時期は1月および6、7、8月となっており、申し込みは入学日の2週間前までとなります。

⑥企業でのインターンシップ付き「Canadian Workplace Experience Program」も人気

「現地企業でのインターンシップも経験したい!」という人にピッタリなのがこちらのコースです。学生は4週間のクラス授業を修了後、実際に地元の企業で3週間のインターンシップ経験をすることができます。週当たりの就業時間は企業により異なりますが、平均25~30時間ほどです。企業の種類も豊富で、レストランや博物館、図書館など様々。申し込みには入学条件の英語レベルを満たしている必要があり、TOEFL IBT61、IETLS 5.5、またはTOEIC 800点以上などが主な条件となっています。

⑦柔軟にカスタマイズできる企業、個人向けプログラムで理想の留学を実現

その他、企業単位のグループや個人の希望に合わせて授業プランを作成してくれる「Customized Programs」もおすすめです。授業もビジネス英語や資格対策、カナダの歴史や文化に特化した内容など、個人の目的や興味に合わせて組み立てられます。更に滞在方法としてホームステイを手配してもらうことも可能なので、生活面での心配もありません。基本的には10人程度のグループとして申し込み、追加で個別レッスンなどの希望を伝える形になります。

⑧留学生にも奨学金のチャンスがあるので学習に力が入る!

ウィニペグ大学付属ESLの学生は、本科の学生と同様に奨学金に申し込むことが出来ます。これは大学全体の12%にあたる学生が留学生であることを考慮したウィニペグ大学独自のサポート体制で、「留学生にも現地学生と同等のチャンスを」という理念のもとで行われている活動です。奨学金は主に、所定の成績を収めた学生や本科への入学が確定している留学生を対象に選考が実施されます。

⑨ボランティアやアクティビティなど、参加型のイベントも豊富

英語コース以外でも、留学生に対するサポート体制が整っています。具体的にはウィニペグ市内で活動しているボランティアに参加し、地元のコミュニティとの交流を通じて英語力を磨くことが出来ます。また、アクティビティは通常金曜日の午後の時間帯を使って実施されます。内容もアイスホッケーやサッカーなどのスポーツ観戦、美術館や博物館巡りなど季節や学生の興味に合わせた企画が盛り沢山です!

⑩ホームステイの手配が可能。事前に細かな希望も伝えられるので安心!

ウィニペグ大学付属ESLでは留学生に向けてホームステイを手配しています。ホストファミリーは定期的な訪問や厳正な審査によって選ばれ、学生には個室やインターネット環境、食事などが与えられます。更に禁煙・喫煙や食事の好みについても事前に情報を提出できるので、ストレスの少ない環境で過ごすことが出来ます。また、学校からの距離も通学に支障がでないよう考慮されているので安心です。

ラララは公式代理店!特別キャンペーンについてはお問い合わせください!

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

授業料

ウィニペグ大学付属語学学校は14週間のパッケージで通うと、$4,200です。短期では3週間から通うこともできます。授業料の詳細は以下よりご確認ください。
授業料詳細はこちら

スケジュール

学校概要

学生数100~200名
国籍割合韓国20%、その他アジア20%、中南米15%、アラブ10%、ヨーロッパ5%
日本人比率15%
日本人スタッフ在籍なし
学校内施設図書館,コモンル-ム,Wifi
キャンパスウィニペグ
入学日年3回
入学条件18歳以上

ウィニペグ大学付属語学学校の動画

この学校に興味をもったら...

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

あなたにおすすめの他の学校

SGICバンクーバー校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

SGICバンクーバー校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

$288/週~

1994年度設立以来、常に質の高いプログラムを提供し続けている学校です。1クラスの平均人数は8から12名で最大でも16名までです。レベルは7つに分かれ、1つ上のレベルに行くためには8週間の受講が必要です。
SSLCバンクーバー校(スプロット・ショウ・ランゲージ・カレッジ)

SSLCバンクーバー校(スプロット・ショウ・ランゲージ・カレッジ)

$290/週~

歴史ある専門学校Sprott Shaw Collegeが運営する語学学校。英語教育に関して独自のノウハウを持ち高い品質の授業を行っています。専門学校が運営しているため、大学進学やテスト対策等しっかり勉強したい方にもオススメです。
SGICトロント校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

SGICトロント校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

$288/週~

ESLはもとより、ビジネス・インターンシップ、幼児教育、英語教授法、スピーキング強化、進学コース、IELTS対策等様々なコースを開講しており、人に差をつけ、一歩上の留学をすることが出来ます。
ウエスタン・タウン・カレッジ(WTC)トロント

ウエスタン・タウン・カレッジ(WTC)トロント

$222/週~

スピーキングを重点的に学ぶことができるトロントの語学学校。レベル1~6の授業は午後、レベル7の授業は午前午後ともにスピーキングに特化。"The"や"s"など細かい間違いも全て訂正される名物授業もあります。