カナダ留学の相談・ご質問は無料!free0345908030
LINEで相談資料請求無料カウンセリング
LINEで相談資料請求無料カウンセリング

カールトン大学付属語学学校

Carleton University, ESL
  • オンタリオ州オタワにあるカールトン大学付属語学学校
  • 広大なキャンパスと充実した学校設備が自慢
  • 大学の講義にもついていける高度な英語力が身につく!
カナダ東部の都市であり首都オタワにカールトン付属語学学校はあります。カールトン大学は1942年設立の公立大学で、約28,000人の学生が学んでいます。学部はコンピューターサイエンスや経済学、建築学など様々で、このプログラムの豊富さからも高い人気を誇る大学です。付属語学学校では大学進学を目指す学生を主な対象とし、学部の講義にも対応できる高度な英語力を養う場を提供しています。

①カナダの首都オタワにある総合大学の付属語学学校

カールトン大学は、カナダの首都オタワにある総合大学です。1942年にカールトンカレッジとして誕生し、後に州から正式な公立大学として認可されました。学生数はおよそ28,000人で、建築や経済、人文科学などの分野で高い知名度を誇っています。また、大学院も併設されているのでより高度な教育を受けることも出来、世界中から学生が集まっています。

②広々としたキャンパスは緑が豊かで中心街へのアクセスも良好

カールトン大学のキャンパスは、オタワ中心地から南へ4~5kmほどの場所に位置しています。キャンパスの側を流れるリドー川は世界遺産に登録されているリドー運河の支流であり、冬には「世界一長いスケートリンク」として凍結した川の上でスケートをすることも可能です。更にキャンパス自体も広大な敷地を有しており、緑あふれる環境は近隣の住民にとっても憩いの場となっています。

③オタワは他の大都市に比べ治安も良く、初めての留学でも安心

オタワの人口は93万人ほどで、カナダ国内では4番目の規模を誇ります。また、首都であるため国の中枢を担う重要な行政機関が多く集中しているのも大きな特徴です。一方では公園などが街中にも点在しており、また美術館や博物館といった観光スポットが豊富なのも魅力のひとつです。行政都市としての特徴を活かし、トロントなど他の大都市と比べても治安が良く留学が初めての人にもおすすめできる街であるといえます!

④大学内の言語学センターが開講しているESLプログラムで英語を学ぶ

カールトンには「School of Linguistics and Language Studies (SLALS)」という言語学センターが存在し、ESLプログラムの提供を行っています。その他学位取得の可能なプログラムも多く提供しており、言語の構造やより専門的な内容を科学的視点などから学ぶことが可能です。経験豊富な講師陣は担当している言語も様々で、日本語を専攻している学生も在籍しています。豊富な知識に裏打ちされたESLプログラムで学ぶことのできる環境は、カールトン大学ならではのポイントです。

⑤ESLコースでは大学進学に必要な英語力の強化を目指せる

カールトン大学付属語学学校では、大学進学を視野に入れた総合的かつレベルの高い英語力を養うことが出来ます。レベルは3段階に分けられており、読解や文法といった基礎知識から会話、大学の講義でも役立つ専門的ライティングスキルまで、幅広くカバーすることが可能です。期間は12週間で、週あたりの授業は25時間です。カールトン大学の学部進学には高い英語スコアの提出が必要ですが、こちらのESLコースを修了すると、入学条件としての英語条件を満たしたことになります。大学の本科で学びたいけれど、英語力が少し足りない…という人にはピッタリのコースです。入学日は年に3回(1月、5月、9月)設定されているので、自分のスケジュールに合わせて選択できます。

⑥大学のキャンパス内にある施設も利用して、自習や学習サポートもバッチリ!

付属語学学校の留学生は、カールトン大学の施設を利用することも可能です。蔵書の数も豊富な図書館で自習したり、スポーツ施設やコンピューター室を利用したりすることもできます。また、トラブルが発生した場合には個別の相談やカウンセリングを受けられる施設も完備されているので、学習面だけでなく生活面のサポート体制も非常に充実しています。

⑦キャンパス内に別の語学学校があり、こちらで基礎英語力を身につけることも可能

カールトン大学のキャンパスでは、Culture Works Englishという私立の語学学校による大学進学プログラムも提供されています。1998年設立のこちらの学校ではカレッジや大学進学を目指す留学生を対象に「Pathway Program」を提供しており、プログラム修了者は提携先のカレッジや大学へ入学することが可能になります。提携先にはカナダの有名大学も多く、同じオンタリオ州のウェスタン大学やなども含まれています。またクラスのレベル分けも細かく、20年以上の実績と経験に基づいた授業を受けることが出来ます。

⑧大学本科への入学基準となる英語力は高め。スコア保有者は直接入学も可能

入学に必要な英語力の基準を満たせば、ESLでの準備期間なしに学部へ直接入学することも可能です。カールトン大学で使用されている資格としてはTOEFL IBT 86 (ライティングおよびスピーキング22 以上、リーディングおよびリスニング20以上が条件)やIELTS6.5(各バンドスコア6.0以上)などで非常に高度な英語力が要求されています。それ以下の場合には、ESLコースを受講しつつ学部の単位を獲得することになります。

⑨アクティビティや大学のクラブ活動を通じて交友の輪を広げよう

勉強の合間には校外アクティビティやクラブ活動で息抜きすることも大切です。留学生を対象としたアクティビティでは、オタワ市内での観光やカナダならではかスポーツ体験など、季節やニーズに合った経験をすることができます。また、カールトン大学では留学生と大学の現地学生が一緒に参加できるクラブ活動やイベントも多く提供されています。語学学校の中だけでは限定された交友関係になりがちですので、積極的に外へ出て交友の輪を広げてみましょう!

⑩オタワの立地を利用して、週末は小旅行にも出かけやすい

週末や長期休暇の際には、近郊の都市へ小旅行に出かけてみるのも良いでしょう。オタワからは各方面へのアクセスが良く、お隣ケベック州のモントリオールへは車および電車で3時間、南西450kmほどの場所に位置するトロントへは5時間ほどの道のりです。また、アメリカとの国境にも近いので、ニューヨークやボストンといった東部海岸への旅行も可能です。「オタワ以外にも大都市や観光スポットを訪れてみたい!」という人は是非検討してみるといいでしょう!

ラララは公式代理店!特別キャンペーンについてはお問い合わせください!

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

授業料

カールトン大学付属語学学校は4週間のパッケージで通うと、$2,750です。短期では1週間から通うこともできます。授業料の詳細は以下よりご確認ください。
授業料詳細はこちら

スケジュール

曜日授業時間
月~木5時間
3時間

学校概要

学生数30名
国籍割合ヨーロッパ、南米、アジア
日本人比率1%
日本人スタッフ在籍なし
学校内施設図書館,コモンル-ム,Wifi
キャンパスオタワ
入学日1月,5月,7月,9月
入学条件18歳以上、IELTS5.0以上

カールトン大学の動画

この学校に興味をもったら...

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

あなたにおすすめの他の学校

SGICトロント校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

SGICトロント校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

$288/週~

ESLはもとより、ビジネス・インターンシップ、幼児教育、英語教授法、スピーキング強化、進学コース、IELTS対策等様々なコースを開講しており、人に差をつけ、一歩上の留学をすることが出来ます。
エスシージオス・ランゲージプラス バンクーバー校

エスシージオス・ランゲージプラス バンクーバー校

$230/週~

Sprachcaffe(シュプラッハカフェ)の名前の由来は"会話を楽しむカフェ"。30年間以上に渡り世界各国32校で7言語の語学プログラムを提供しており、10代からシニアまであらゆる年齢層の生徒にプログラムを提供し続けています。
SSLC ビクトリア校(スプロット・ショー・ランゲージ・カレッジ)

SSLC ビクトリア校(スプロット・ショー・ランゲージ・カレッジ)

$317/週~

カナダに3キャンパスを展開する語学学校のビクトリア校。専門学校が母体となっていることもあり、進学や就職のためにしっかりと英語を勉強できます。各技能ごとに適したレベルの授業を受けることができます。
SGICバンクーバー校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

SGICバンクーバー校(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

$288/週~

1994年度設立以来、常に質の高いプログラムを提供し続けている学校です。1クラスの平均人数は8から12名で最大でも16名までです。レベルは7つに分かれ、1つ上のレベルに行くためには8週間の受講が必要です。