カナダで働く


★雇用形態

カナダでの労働は日本と同様1日8時間、1週間に40時間がフルタイムの基本です。それ以上は超過勤務となり、手当が支払われます。学生ビザでのパートタイムなら週20時間以下になります。

★仕事ができるビザ
学生ビザ保持者は、キャンパス外就労許可を受けている大学やその他学校の生徒のみ週20時間まで労働が可能です。語学学校はほぼ除外されますので、語学学校に通いながら働きたい方にはワーキングホリデービザがお勧めです。ワーキングホリデービザでは就労に制限はなく、語学学校も半年まで通うことが可能です。ただしワーキングホリデーは1年と決まっており、学校のプログラムに合わせて延長することはできません。

 

仕事を探す
一番情報量が多く探しやすい方法はやはりインターネットです。英語のウェブサイトでは幅広い職種の募集があり、日本人コミュニティのウェブサイトでは日本食レストランなど日本に関係がある仕事の募集があります。その他、新聞や店頭の広告、また英語力によっては人材派遣の会社に登録するという方法も有力です。そして意外にも多いのが、店頭に広告を出している企業に直接出向くというものです。資格や実務経験があれば大きなアピールポイントになります。

★履歴書について
履歴書は日本のように決まったものが売っているわけではなく、自分で作成しなければなりません。細かい形式は決まっておらず、名前と連絡先、学歴や職歴を記入します。カナダでは日本以上に実務経験が重視されますので、アプローチしたいキャリアがあれば積極的に記入しましょう。
弊社でも無料で履歴書作成をお手伝いさせて頂きます。 渡航前または現地にすでにいる方でも履歴書の作成の仕方についてメールにてご相談下さい。

 

★お給料について
アルバイトの時給は、日本よりやや低めが相場になります。ただしカナダではマナーとしてチップが根付いていますので、レストランなどの接客業ではチップも大きな収入源となります。時給だけでは日本食レストランが$8-9、ツアーガイドが$9-12、オフィスワークが$10-15程度が相場になります。もちろん時給があがるにつれ求められる英語力、経験のレベルも高くなります。

★税金について
カナダで働いている期間は、もちろんカナダへの納税が必要です。所得税は年収によって15%から29%と変わります。大抵の場合源泉徴収されるので、特別な手続きは不要です。